11/30/2014

久々の帰省・バスツアー


岡崎の国際交流サークルの知り合いに誘ってもらったから、今日、岡崎のバスツアーに参加してきた。参加者は半分外国人、半分日本人という組み合わせだった。◆ まず、田舎の蕎麦屋で蕎麦打ちを体験した。教えてもらいながら打ったのだが、僕は料理が得意ではないので、蕎麦の伸ばし方を間違えて「それ、どこの地図?」と言われるほどに異形にしたり、「棊子麺に見える」と言われるほどに太く切り過ぎたりしてぷちハプニングが多発。だが、なんとか美味しく出来上がった。◆ そのあと、初めて岡崎の天恩寺を訪れた。神秘的な雰囲気に包まれたそのお寺の存在すら知らなかった僕はまた岡崎を新たな角度から見ることができて、嬉しかった。日本の田舎は綺麗で、やはり落ち着くものだね。

3 comments

Anonymous said...

「それ、どこの地図?」と言われるほど
---ウケる!!www

ただ、「異形」という言葉は、英語で言うとたぶん、freak で、
http://dic.pixiv.net/a/%E7%95%B0%E5%BD%A2

ちょっとこの文脈ではどうかな、とも。

「それ、どこの地図?」と言われるほどになってしまったり、

「それ、どこの地図?」と言われるほど、変な形になってしまったり

ではどうかな?


棊子麺ーーーーほおお、きしめんって、漢字ではこう書くんだーーー勉強になりました。


日本人との交流も含めてとても楽しそうな旅ができてよかったですね。


因みに、私は蕎麦だーーーーい好き!

bikenglish said...

手打ちうどん、そば打ちは私の得意分野です。麺を均一に切るのは難しいですね、そこで「私は製麺機を使っています。「きしめん」の漢字、自分も初めて知りました。

ジョン said...

Anonymousさん:「異形」のご指摘ありがとうございました。直します。

バスツアーは楽しかったですよ。いつか一緒に蕎麦を食べましょう!

Bikenglishさん:製麺機って便利そうですね。均一に切るのは僕にとって無理に近いかもしれません。(笑)