10/29/2014

雨と風

雨の日と、風が強い日が好きな人が少ないらしい。僕は好きだが、今日みたいな、綺麗に晴れ渡った日が、正に日帰り日和だ。徐々に寒くなってくる。

6 comments

bikenglish said...

「~日和」はよく使いますね。仕事で、一般の市民の家を訪問することがたまにあるのですが、天気が良くて、過ごしやすい日は「今日は訪問日和だ。」と言ってます。

「日帰り」は、「泊まらない旅行」という意味で、「1泊しなかった」ということをやや強調したい時につかう気がします。「日帰り日和」は、ちょっと違和感がするので、「日帰り旅行日和」もしくは「遠足日和」と言ったほうがしっくりします。(すごくおかしいという意味ではありません。)

ジョン said...

これは驚きましたね。「日帰り旅行日和」でいいわけですね。まさか「日帰りに日和」が不自然とは!ご指摘ありがとうございました。勉強になりました。

Anonymous said...

おっ!
更新しているんだね。
また、ときどき読みに来るからね! (^_-)-☆

ジョン said...

よろしくお願いします!

bikenglish said...

ジョンさんに正確な日本語を学んでもらいたいのですこし補足説明します。

日帰りの例文)
①「先輩、先日の出張、どうでした?」
「日帰りだったんで、きつかったよ。」
②「温泉では、一泊したんですか」
「いえ、日帰りしました。」

①の文脈では、「日帰り出張」で、②では「日帰り旅行」の意味で使われています。つまり、「日帰り」自体は、すべて「旅行」の意味ではなく、「泊まらずに往復する、帰ってくる」という意味で、「形容詞的」と言えます。よく職場で使われているのは、「日帰り人間ドック」で、これは、「一泊の人間ドック」との違いを表すために、使われています。

一般的に「日帰り」は「日帰り旅行」の意味で使われるので、「日帰り日和」も「あり」ですが、上記のことから、「少し違和感がある」ということです。

ジョン said...

なるほど!よくわかりました。ご親切に教えてくれてありがとうございました!やはりこういう細かいところは難しいですね。