9/14/2014

花のお婆さん

東京の木です
今朝のことである。

僕が駅の改札口を通ったところ、花束を落として困っていそうなお婆さんがすぐ目の前にいらした。

「大丈夫ですか」と訪ねて、すぐに手伝おうとそばに行って、床に落ちた花束を取ろうとした。

となりで、お婆さんは「ありがとう」と嬉しそうにお礼を言ってくださる。

花束を取って渡したら、お婆さんは「ありがとうございます、ご親切に」と、満面の笑顔でまたお礼を。

「いいえ、とんでもないです」と軽いお辞儀して、ホームへ向かう僕。

こういういい事もあるもんだな。

6 comments

bikenglish said...

お久しぶりです、忙しいようですね。

他人に何かしてあげて、それに対して感謝されると気持ちいいものですよね。

敬語、丁寧語の勉強をされていますか?日本人でも、結構難しいものです。

今回のジョンさんの文章は、問題があるとまでは言いませんが、「にいらした」「言ってくださる」の部分で、少し違和感があります。

これまでもよく知っている人や、天皇などの高貴な人に敬意を払う場合には、こういう言い方も、「あり」ですが、「初めて会った、見知らぬおばあさん」には、こういう言い方は、あまりしません。「いた」「言ってくれた」でいいのでは、と思います。(余計なお世話のようにも思いましたが、ジョンさんの日本語能力向上のために助言しました)

それと、「なんで、このお婆さん、自分で拾わないんだろう」と思いました。何か理由(腰がすごく曲がっていて、下に落ちているものを拾うのも大変とか)があって、それも書いてくれたら、良かったと思います。

ジョン said...

コメントありがとうございました。そして、日本語のご指摘も参考になりました。確かに、下に落ちたものを拾うのが大変みたいでした。

忙しくて、かなり疲れていますね。頑張ってます。

Anonymous said...

ほのぼのしていい話だね。

無理しないで、体に気をつけてね。



「チンする」は9割超使用 「タクる」「ディスる」は1割未満 国語世論調査
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140924/edc14092421080006-n1.htm

ジョン said...

ありがとうございます。言語って変わってゆく生き物ですね。

harum-scarum said...

わたしはアメリカに行くと、こういうちょっとした親切に沢山出会うので、逆に日本はギスギスしているなぁと思うときが多々あります。
これからも自分らしい親切心を保ち続けて下さいね。

ジョン said...

コメントありがとうございました。すみません、なぜかスパムフィルターにかかっていたので、返事が遅くなりました。

アメリカをそんなふうに思ってもらえて嬉しいです。