6/25/2013

面接

この前、初めての日本語の面接をSkypeで経験したよ。緊張していたが、かなりうまくいったので少し自信がついた。



どうでもいいが、こういう映像が好きなんだ。

Hyper Drive YURIKAMOME from darwinfish105 on Vimeo.

6/15/2013

Oishiiで、"Can you read Japanese?"

帰りに、Oishiiに寄っていつものように漫画と日本の音楽を一人で嗜みながら寿司を食べたり日本酒を飲んだ。今週も頑張ったな、自分。

そうしていたら隣席の20代に見えたアジア系の女性が、僕のほうへ顔を向けているのが視野の脇に入る。僕が日本語を本を読んでいるのに気づいて面白がっているかと思っていたら、英語で話しかけられる。

"Can you read Japanese?!" (日本語を読めますか?!)と、不思議そうな顔をして問われる。

"Well, yeah, I am." (ま、そうですけど)と、答える僕。

"Wow! And you're reading it, right? Not just looking at the pictures?" (すごいですね!絵を見ているだけでなく、本当に読んでいますよね?)と彼女が(明らかに)冗談半分に聞く。

"Indeed I am." (そうですよ。)

ふざけるな。(笑)

会話が続くと、自分が日本語をよくわからないで日本へ行って、日本語を勉強したこと&就職の意向を話すと、「すご~いね!」と関心する彼女がいた。ずいぶんと珍しがっているみたいだ。ま、ヒューストンでは確かに珍しい光景だと思うのだが。

お話によると彼女は台湾人で、5年もアメリカで学生生活をしているのだが、もうすぐフランスに勉強に行くらしい。いいね、それ。

けっこう陽気な人で、数分の談話を交わした。これって一期一会ということだろう。

で、彼女が帰ろうと立ち上がったら、お互いの「がんばってね」を言ってから、彼女がOishiiから姿を消していった。

6/09/2013

ガルベストン

今日、友達と一緒に数ヶ月ぶりに、海の町・ガルベストンに行ってきた。

ビーチでそよ風に吹かれて広い海を眺めたり、大量のシーフッドを食べたり、ダウンタウンへ繰り出したりして、とても楽しかった。


これで、僕の最後のガルベストン日帰りなのかな。

来週、僕の代わりの者が入ってくるので、仕事がそのトレーニングで忙しくなりそう・・・。

6/05/2013

自転車生活

最近、車の調子が少し不良で、修理は数百ドルもかかりそうだ。

いい車だが、こういうのってまったくめんどうくさい。

思うに、車を持つ必要性がより低いというのが日本生活のいいところの一つだ。もちろんド田舎と思われる地域は別かもしれないのだが、岡崎に住んでいた頃、ほとんど自転車と徒歩で行き回っていたものだ。今の僕にとって、そのようなシンプルな生活が望ましい。健康的でもあるし。

とはいえ、車なき生活に不便な面もけっこうあるということは断じて否定できないのだが、今度の自転車&徒歩生活を楽しみにしている。(日本の交通機関もかなり便利で好きだがね。)