6/05/2013

自転車生活

最近、車の調子が少し不良で、修理は数百ドルもかかりそうだ。

いい車だが、こういうのってまったくめんどうくさい。

思うに、車を持つ必要性がより低いというのが日本生活のいいところの一つだ。もちろんド田舎と思われる地域は別かもしれないのだが、岡崎に住んでいた頃、ほとんど自転車と徒歩で行き回っていたものだ。今の僕にとって、そのようなシンプルな生活が望ましい。健康的でもあるし。

とはいえ、車なき生活に不便な面もけっこうあるということは断じて否定できないのだが、今度の自転車&徒歩生活を楽しみにしている。(日本の交通機関もかなり便利で好きだがね。)

3 comments

Mitchell said...

Houstonians aren't really accustomed to or comfortable with seeing bicyclers on the road and many people I have met seemed to think bikes are for sidewalks. If, I lived in Houston I don't think I could ever function without a car. However, in the north Japan where I live there are specific lanes for bicyclers and some business even pay their employees to cycle to work. Of, course the city where I live is much much much smaller than Houston.

bikenglish said...

自慢するわけではありませんが、(ド田舎や離島を除いて)日本のように全国に公共交通機関が広がっている国は、そんなにないですよね。ヨーロッパの主要国ぐらいかな。

それなのに、日本は車の普及率も高い。「豊か」とも言えますが、「贅沢すぎる」のかも。

自分の場合、自転車だったら、10分位で行けるスーパーがあるのですが、つい車を使ってしまうことが度々あります。

最近運動不足で、おなかが出てきたので、なるべく自転車か、歩いて行こうかな、と最近思っているところです。

ジョン said...

Mitchellさん> Yeah, like you say, Houstons aren't accustomed to cyclists. I'll see a few here and there, some on the road and some on the sidewalks, but it's uncommon. And I didn't realize that some companies pay their employees to cycle to work. That's a pretty neat idea!

Bikenglishさん> 車は便利ですから、つい乗ってしまいますよね。僕もおなかが出ようとしているので、日本の自転車&徒歩生活でおさめられる〈笑〉と嬉しいです。運動もしたいと思っています。