12/31/2012

Nippon: Talking About Japan

古本屋のHalf Price Booksで日本語の本を探すのが好きだ。探してみると少ないけど数冊ぐらいがお店の本棚に置かれているのが意外と珍しくないことだけれど、あまり売れないせいか、置かれているのはいつも同じ本ということも事実である。

ヒューストンで日本語の本に出くわすときは嬉しい。言うまでもないけれど、岡崎滞在の間、いつでもBook Offでもに行って日本語の辞書や囲碁入門や漫画など、どんな書籍が欲しくても簡単に手に入れたのだが、ヒューストンでは日本の書籍が珍宝だ。冷静に考えてみれば、たぶん読まないだろうという本もつい買ってしまうのもある。(自分の情けなさに反省している。)

今回、読み始めたのは『Nippon: Talking About Japan』というの単行本。簡潔なあらすじを書くと、歴史・地理・文化など、日本の一番知っておきたい、知っておいたほうがいい基礎を教えてくれる本である。

今日、レストランのChipotleで昼食をとりながら読んでいたら、初めて日本の縄文時代と弥生時代の説明を読んだ。博物館で見たことがある名のような気がするけれど、「なるほど」と思える説明だった。一万年ぐらい前に日本がアジア大陸とまだつながっていたとか、文字が4世紀に日本で使われ始めたようだとか、日本がいつ建国されたかはっきりしていないというのに2月11日が建国記念の日である理由はそれが4世紀に神武天皇が即位した日みたいだとか、面白いことをいろいろ知った。

しかも、本のほとんどが2ヶ国語で書かれていて、左のページは日本語、右のページは英語というふうになっているのも面白い。難しい日本語に困ったとき、気楽にその英語を見て日本語に戻ったらいい勉強になる。

日本に住んでいこうと思っているから、日本のことをもっと詳しく知りたい。日本語を通じてできるものならなおさらだ。

ただ、本書は1986年に出版されたので、古い情報も載っているかもしれない。ちょっと注意しながら読んでいこうと思っている。

12/29/2012

The Capital Grilleでお祝いを

一つ目の大きな取引が何とかまとまり、二つ目も奇跡的に月曜日にまとまりそうだから、上司がある高級なレストランでお祝いしたがっている。それでさ、今夜はThe Capital Grilleで夕食をとることになった!そこのステーキは最高と言っているから、期待しているぞ。

【感想短文】 ステーキもうまくて、レストランの内装も綺麗で、めったにしない高級ディナーはいい経験だった。

Sorting in Japanese

(Oh wow, English!)

Sorting in Japanese has always been an interesting topic to me because ... well, it just can't be done totally automatically.

This crosses my mind whenever I'm using my iPod and want to find a Japanese artist name that's written in (or at least begins with) kanji. My iPod sorts them, but I can't figure out how in the world it's organized them. Thus, finding Japanese artist names and album names can be a frustrating affair. (I don't often do it, though, so at least it's a rare nuisance.)

Anyway, while searching for information about this issue online, I found a nice blog post entitled "Sorting in Japanese—An Unsolved Problem." It explains why sorting in Japanese is such a difficult problem and looks at some of the ways the problem has been tackled in the past. Check it out if you're interested.

12/22/2012

あと2科目

今学期の成績を先ほどチェックしたら、科目を全部パスして単位を取得した、という事が分かった。これで、卒業まであと2科目だけだ!

12/20/2012

Oishiiの休業&年明け

さっき思い出した!日曜日からOishiiが3週間も休業するってことを。つまり、今週が今年の最後なんだ!よーし、帰りに寄っちゃおうか。最後まで学業をやり遂げた自分への褒美でさ。



席がたまたま店長さんの隣になって、店長が休みの間、大阪や神戸を旅行することを聞いて、うらやましくなった僕。

できるものなら年明けを日本で過ごしたかったんだけど、5月に卒業したら日本に戻りたいという渇望を抱いている以上、もう少し辛抱して旅行に使うお金を貯めておいたほうが良案だと思う。(しかしさ、今年も温泉に入れないってことが心残りだなー。)

12/19/2012

少し多忙な仕事

ようやく学業を終えて、今、仕事に集中できている。上司と一緒に、二つの大きな取引を必死にまとめようとしているという少し多忙な時期だが、来週、クリスマスで4連休を満喫できそうだ。予定は特になくて、ただゆっくりしていたいと思っている。(父とガルベストンに行くかもしれない。最近、行けていなかったからね。)

12/18/2012

JASHのYoung Professionalsの会

誘われて、今晩、ヒューストン日米協会のYoung Professionalの会に参加してみたが、ヒューストンで参加した会の中で一番いい経験となった。十分に日本語を話すこともできたし、就職活動についてのいいアドバイスを頂いたし、とてもいい人とも知り合った。ある知り合いが、日米協会に登録するように誘ってくれているのだが、これを経験して本当にするかもしれない。人脈を広げるいいチャンスでもある。

翻訳家にならないほうがいい」と二人にも言われたのが印象的だった。「その時代はもう終わった。バイリンガルの仕事に就いたほうがいい。同じスキルを活かしながらより給料のいい仕事ができるはずだし、比較的に就職しやすい」とか。非常に参考になった。自分の前途を改めて考え直された。

12/16/2012

終わった・・・

たった今、朝12時半に、二つ目のプロジェクトを終わらせた。
火曜日の午後までに提出しなければならないのだが、
それで、僕の最後の秋学期が終わったとみなす。

心の中では喜んでいるが、頭がボーっとしている。

危うい時もあったのだが、最後まで頑張れて本当によかった。

12/11/2012

提出した①

ストレスの源であった一番大きなプロジェクトを今日の午後、提出した。完成させたのはあたかも奇跡のようなことだが、疲れた自分は先週から調子が不思議に少しよくなっている。

I seem to have gotten a second wind.

【解説】文字通りに訳せば”二つ目の風を得たようだ”となり、「元気を少し回復させた」「無くなっている力をある程度、取り戻した」という意味です。完全に回復しなくても、ラストスパートをするだけの力か元気を取り戻した場合にもよく使われるのです。

【用例】
Just give me a second to get my second wind. Then we'll go.
力を少しでも取り戻すために一休みさせてくれ。それから行く。

次は締め切りが18日の、もう一つの大きなプロジェクトに集中する。これが終わったら休める。

12/10/2012

一安心 part 2

起きてから頭が頭痛で割れそうだけど、プロジェクトのもっとも複雑で大変なところをなんとか突破できた。明日の提出日に間に合った。

ちなみに、情報管理のプロジェクトとはどんなものなのか、まだ具体的な話をしていないので、コードを少し載せよう。
        strDeleteStmt = "DELETE FROM glmaster " + " WHERE major = " + E.Item.Cells[1].Text + " AND minor = " + E.Item.Cells[2].Text + " AND sub1 = " + E.Item.Cells[3].Text + " AND sub2 = " + E.Item.Cells[4].Text;
        try {
            myConnection = new SqlConnection("database=gl11XX;uid=gl11XX;pwd=XXXXXX;");
            myCommand = new SqlCommand(strDeleteStmt, myConnection);
            myConnection.Open();
            myCommand.ExecuteNonQuery();

            glmasterInfo.EditItemIndex = -1;
            BindData();
        } catch (Exception exc) {
            outError.InnerHtml = "* Error while deleting data.
" + exc.Message + "
" + exc.Source;
        } finally {
            myConnection.Close();
        }
    } else {
        Balance_output = balance_test.ToString("C");
        string Error_string = null;

こんなのを数百行ぐらい作って提出するんだ。

12/06/2012

一安心

今晩、プロジェクトを意外なほどに進行させることができた!
これじゃ、月曜日の締め切りに間に合いそう。
最近、調子があまりよくない僕だから、
これで少し安心できた。

12/05/2012

日本語能力試験N1

やー、お待たせしました。

日本語能力試験(JLPT)N1の話を短めにさせてもらうよ。

試 験は始めは「この4つの単語の中から適切な言葉を選びなさい」や「漢字の書き方を書きなさい」など、僕にとってかなり面白い問題があったが、それから硬い 文章を読まされてわざと紛らわしくされた質問に答えさせられてから、頭がよく回らなくなりかけて集中力が見事に崩れた。それは、最近、仕事やら大学の期末 活動やらによるストレスの影響だと思うんだけど、とにかく、早い話が、試験の前半は無事に、そして気楽にやり遂げたのにひきかえ、後半の聴解セクションは 本当に微妙。いいところもあったんだけど、一回しか流れない問題を聞き逃したりもしてしまったんだからね。

結果はどうなるか本当にわからない。

試験が本当に、この4年半のもっとも都合が悪くて大変な時期にやってきやがったな。〈苦笑〉学生の期末試験期間中に行うのはなぜだろうか。(日本はこの時期が期末じゃないからかもしれないね。)それに、今までヒューストンで行われなかったのはどうしてだろうかな。(去年、本調子で受けられたらきっと楽勝なはずだったのに・・・。ちぇ。)

とにかく、2月に結果が出たら報告するよ。だけど、結果はどうであれ、久しぶりに日本語の試験が受けられてよかったと思う。難しい問題も、わからない問題もあって、「知りたい日本語がまだまだあるんだな!」 と改めて気づかせてくれたんだ。(余談だけど、日本に戻る決意がまた固くなった。いろいろな意味で、そろそろヒューストンとお別れしなければならない気が してやまない。)

少なくとも、ああなった原因が能力不足じゃないことを確信している。それだけで安堵できる。

って、安堵なんかするどころか、今は能力試験よりも、来週月曜日までの数日間がとても肝心なところだ。大事なプロジェクトを提出しなければならないからだ。超大変だから、これからそれに没頭しなければならない。

12/02/2012

試験前のくそ勉強

明日の日本語能力試験N1に受からんがため、
前日の試験対策の猛勉強を行った。
せめて少しは勉強しておくにこしたことはない。
(勉強した奴を使ってみようと思ってさ。)

資料は5年前にYAMASAで購入した、この本。

(完全マスター 日本能力試験文法問題対策)

載っている文法と単語はほとんどわかっているのが、
知らないのもあり、特に後ろのほうに入ると
見慣れない文法がいくつかあった。



日本語の奥深さに感動しながら
意味と例文を読んでいた僕である。

たぶん、大丈夫だろう。

くそ勉強終了。もう就寝する。

応援のメッセージありがとう!
 朝10時半に出発する。
終わって帰ったら感想を書くよ。