6/29/2012

8 Days

The Flower
あと8日間で夏の短期コースが終わる。そして、1ヶ月ぐらい学業をほとんど休んで(秋の予習をするつもりだけど)、8月下旬に秋の授業が始まる。そろそろ最後の学期になるといいね。とにかく、これから一週間は勉強に没頭しなければいけないんだ。

6/28/2012

Oishiiで言語交換会

今晩、Oishiiで日本人の友達に会って、3人のランゲージエクスチェンジ(言語交換)をした。熱気のあるグループだからすごく楽しくて、そしてとてもいい勉強にもなった。(4人目のメンバーが行けなくて残念だったけど。お大事に、ね。)

2人に、日本の就職活動のアドバイスを少ししてもらった。僕は昔から「日本に戻りたいっ!!」とは言っているものの、そろそろ具体的な案を練らなければならないと思う。どうやって日本に戻れるかを考えないと、ね。

もう一つ。家に帰ってメールをチェックしたら、日本に住んでいるYAMASAの頃の友達からも日本について刺激的なメールが届いていた。僕はそもそも日本に戻れるかそして戻るべきか、について不安感を抱いている僕には丁度いいタイミングの薬だった。

だから、今晩は友達のありがたみをよく思い知らされる夜だった。いつも支えてもらっているなぁ、僕は。今の生活に不満なところが少し多めだけど、ココにも日本にもいい友達がいてくれて、困ったときは元気付けられて、僕は助けられてばかりいる。

本当にありがとう!これからもよろしく!

6/25/2012

また、JLPT

日本語能力試験は今年、ヒューストンで行われるらしい!これはこれは吉報だぞ。

2007年に能力試験の2級を日本語で受けて合格したのだが、試験の段階が変更され、1~4級が無くなり、現在はN1~N5という段階になっている。Wikipediaによると、今のN2は2級に同じで、N1は1級より少し難しいらしい。つまり、僕は今、N2に合格しており、N1だけが残っている。

日本に住んでいた当時の僕は、友達と先生方に「お父様なら1級ができるのに!」と言われていたのだが、2級を受けることにしたのは、僕に自信が足りなくて1級に失敗するのを少し恐れていたし、それに試験なんかのために勉強したくなかったからだと、思う。4年も以上、日本を離れているから今の自分も同じだが、不思議なことに・・・受かりそうな気がする。何の根拠もなく、ぎりぎり合格できるかもしれないと思う。

断じて日本語が上手な訳ではないが、小説ぐらいは読めるし、片言しか話せなくても一応日本人の友達と日本語の会話もできるし。へたくそでも、少しは日本語ができるつもりだ。

だから、N1に挑戦したいと思っている。もし合格したら日本での就職活動にきっと役に立つだろう。いつも2級のままではダメだ。

たった今、N1の模擬試験を受けてみた。試験はこんな感じ:


これは面白い!(言っておくが、正解をゲットしたよ。)それに、面白いだけではなく、ものすごくなつかしい。YAMASAで勉強していた頃を思い出すね。よくこんな問題を解いたりしたものだ。毎日、日本語の勉強に専念できた当時の僕は本当に幸せ者だった・・・。(2級の受けた日(注:英文です)を今でも覚えているなぁ。)

もう寝る時間だが、これは面白い展開だから感想が載せたかった。

6/19/2012

”勉強の一休みに、日の入りを撮った”をストーリー風に書いてみた

例の空。撮るのが少し遅くなったけど、綺麗でしょ
ジョンは部屋で、3日後の試験のための勉強をしていた。しかし、モチベーションを欠いていたせいで、勉強のペースが遅くて、なかなか進まない状態だ。

見上げて退屈そうなため息をつく。数分毎につく、いつものため息だ。そして、ふと窓へ視線を投げる。脱獄を企んでいる囚人のような眼差しだ。

日の入りの直前で、空がオレンジとブルーの2色に鮮やかに染められている。自然好きな写真家を魅惑させるような空だ。

「じゃあ一休みしよっかぁ」と独り言の呟きを漏らしてから、ジョンは立ち上がって、デジカメをリュックサックから取って、そして外に出る。

空のよく見える近い場所まで歩いて、そこで変わりゆく空の写真を数枚、撮る。気が済むまで撮ったら、動かないまま空を静かに見つける。何かを捜しているように、暗くなっていく大空を見つけ続ける。

後ろの道路の騒音も耳障りにはならなかった。

-----

おいおい、ちょっと待って・・・僕がショートストーリーなんか書いてる場合じゃないぞ。先週の試験の成績が予想以上にうまくいったといったって今度のは難しいよ。

でもさ、こんな投稿もときどき悪くないと思うね。こんな文章をしたためるのが難しくてけっこう勉強になるから。そして、正直いって、書くのが楽しいってのもあるんだ。己を主人公とするのも面白いさ。うん、いい日本語の勉強だった。(書いた文章がいいとは限らんが!)

っていうことで、そろそろ財務管理の勉強に戻ろうとするか。

6/15/2012

明日があるさ

伊勢 2006
昨日(木曜)、非常に辛い数時間を過ごしちゃった・・・
 だから、夜は体力と元気を取り戻そうと一人でゆっくりすることにした。
『ブラックジャック』読んだり、お風呂に入ったり。
おかげで、ムードがだいぶよくなってきた。
明日はきっと、いい日にするぞ。

写真は2006年に伊勢で撮ったよ。
ほかにもあるので、次の数日間、
アップしていこうと思ってる。

6/13/2012

ファースト・テストが終わった

Good news! 今日の試験はうまくいったみたいだ。確信はしてないし、そして成績が出るまではもちろんわからないけど、たぶん大丈夫。

朝5時に起きて最後の勉強した甲斐があった。一安心。

いつもより少し早く家に帰って、昼寝しようとベッドに入り込んだ僕だけど、『ブラックジャック』を読みながら少しして、「なかなか眠れないなぁ」とちょっと不機嫌に思ってるうちに、ふと爆睡した。深い眠りになったよ、それ。

今晩は友達に会う予定だから、ストレス解消にもなると思うけど、、、来週も試験があるらしいよ。僕、それを初めて耳にしたら「マジかよ!」と思った。夏の短期コースってこんな感じだったんだ、と思い知らされる僕。すごい、これ。だけど、まあ、ちょっとだけ自信がついてよかった。かかってこい、試験め。

6/11/2012

テニスで、初ド疲れ

昨日、1ヶ月ぶりのテニスをした。

グループのリーダーと2人でやって、リーダーを相手にした僕は相変わらず歯が立たないんだけど、それだからこそいい練習になった。

だけど、運動を最近まったくしてないせいか、ストレスで体が弱まってるせいか、前の夜からあまり食べてなかったせいか、僕はものすごく疲れてしまった。テニスして、身体をろくに動かせないほどに疲れ果てるってのは、昨日が初めて。おかしいなぁ、そんなに長い間やってたわけじゃないし。いやに蒸し暑かったけどな。

などなどと、弱音そうなことを吐いてるけど、けっこういい疲れだった。運動した実感がするような。

とにかく、その後の風呂はすんごく気持ちよくて、それでだいぶ癒された僕は今日、勉強に専念してる。いや、してたって言ったほうがいいか。午後からちょっと、ね。

川柳疲れ身を 動かしたいが 従わん

6/09/2012

6月上旬のダイジェスト

最近のことをまとめて短めに載せさせていただく。
  • 今週、友達の誕生日を祝いに、数ヶ月ぶりに和食レストランのNipponを訪れた。食事は予想以上に楽しくて料理も美味しかった。友達にとっては初めてのNipponで、とても気に入ったように言っていた。それはよかった。その友達と、一緒に誕生日を祝うのはおそらく今年が最後かもしれないから。(余談だが、ちっちゃな駐車場で、車の中にいた日本人の知り合いを見かけた。お互い、車の中なので、手を振って挨拶を交わした。)
  • 授業は面白かったり面白くなかったりしているのだが、(たぶん)うまくいっている。宿題の提出日の日曜日と、試験を受ける火曜日が終わったら、うまくいっているかどうかははっきりわかるが、もっと勉強しなければいけないということは事実だと思う。とりあえず、今週末はできるかぎり勉強に費やすつもりだ。
  •  猛暑の日々の続いている。今週末、雨が降ったらありがたい。(明日の朝はテニスをする予定なのだが・・・。)
  • 手塚治虫の名作『ブラックジャック』を読み始めた。(ありがとう、むっちゃん!)まだ第1巻だが、やはりすばらしい漫画だ。そして、読んでいると不思議にすごく絵が描きたくなってくる。

6/05/2012

夏の授業・開始

今日、夏の授業が始まった。Principles of Financial Management(財務管理の基礎)というクラスで、僕にとっては面白い科目ではないのだが、身につける(はずの)財務的な知識はいずれ役に立つかもしれない。そして、言わずともおわかりだろうと思うのだが、この授業を受けなければ僕は卒業することが不可能。

5週間の、ペースの速い短期コースで、平日に毎日授業がある。こりゃ大変!ジョンは果たして、毎日働きながらもクリアすることができるだろうか。

6/01/2012

チーム・バチスタの栄光

先ほど、小説『チーム・バチスタの栄光』を読み終わったところだ。前にも申し上げたかもしれないのだが、上と下に分かれた、2冊の文庫本を購入したのは、4月の日本祭りの古本ブースで、だった。描かれた設定は鮮やかに描写されているし、ストーリーの展開もスムーズだし、そして田口や白鳥などキャラクターはみんなよくできていて面白くて、とても気に入ったメディカル・ミステリーで、お勧め作品だ。(映画化もされたようで、いつか観てみたい。)