6/19/2012

”勉強の一休みに、日の入りを撮った”をストーリー風に書いてみた

例の空。撮るのが少し遅くなったけど、綺麗でしょ
ジョンは部屋で、3日後の試験のための勉強をしていた。しかし、モチベーションを欠いていたせいで、勉強のペースが遅くて、なかなか進まない状態だ。

見上げて退屈そうなため息をつく。数分毎につく、いつものため息だ。そして、ふと窓へ視線を投げる。脱獄を企んでいる囚人のような眼差しだ。

日の入りの直前で、空がオレンジとブルーの2色に鮮やかに染められている。自然好きな写真家を魅惑させるような空だ。

「じゃあ一休みしよっかぁ」と独り言の呟きを漏らしてから、ジョンは立ち上がって、デジカメをリュックサックから取って、そして外に出る。

空のよく見える近い場所まで歩いて、そこで変わりゆく空の写真を数枚、撮る。気が済むまで撮ったら、動かないまま空を静かに見つける。何かを捜しているように、暗くなっていく大空を見つけ続ける。

後ろの道路の騒音も耳障りにはならなかった。

-----

おいおい、ちょっと待って・・・僕がショートストーリーなんか書いてる場合じゃないぞ。先週の試験の成績が予想以上にうまくいったといったって今度のは難しいよ。

でもさ、こんな投稿もときどき悪くないと思うね。こんな文章をしたためるのが難しくてけっこう勉強になるから。そして、正直いって、書くのが楽しいってのもあるんだ。己を主人公とするのも面白いさ。うん、いい日本語の勉強だった。(書いた文章がいいとは限らんが!)

っていうことで、そろそろ財務管理の勉強に戻ろうとするか。

5 comments

Anonymous said...

すばらしい写真。
文章も文学的になってきました。
試験前、退屈しのぎに書いている、というのも面白いですね。


そろそろ・・・勉強に戻ろうとするか。

そろそろ・・・勉強に戻るとするか。

渡辺鮎子 said...

すてきな写真ですね。

私も以前名古屋に住んでいましたよ。
行ったことのない場所の写真がたくさん載っていて、面白いです。

ジョン said...

Anonymousさん、サンキューです。なかなか面白かったです。自分を主人公にしてこんな投稿ばかりを載せるようなブログを書いてみたらきっといい練習になると思います。

渡辺鮎子さん、コメントありがとうございましす。名古屋っていい街だと思いますが、数回しか行ったことがなくてちょっと残念です。

bikenglish said...

自分も、仕事帰りに、日没前の空を眺めて「綺麗だな」と思うことがよくあります。

ジョン said...

いいですね。ときどき、そうするのが大事だと僕は思います。