1/27/2012

肖像&Java

MOREは写真ギャラリーに。
最近、モデルのスカウトされた友人から写真を頼まれた。左の写真は、そのセッションの結果の一つ。僕は肖像の経験に乏しくてけっこう緊張しながら撮ったのだが、この一枚はとくに気に入っている。

プログラミング言語であるJavaの授業は想像以上にも楽しんでいる。授業で自分の書いたコードをコンパイルして、プログラムを実行することで、凄い達成感を得る。本当に役に立つスキルを身につけている!と思える。

5 comments

Anonymous said...

、この一枚はとくに気に入っている

→問い

1)モデルがよかった。
2)ジョンさんが巧かった。
3)両方
4)どちらでもない。

因みに、変換のときに気づいたけど、「うまい」という語は面白いですね。

巧い(skillful)
旨い(yummy)
上手い(good at)
などなど。



Javaの授業は想像以上にも楽しんでいる。

→パソコンも苦手だけど、プログラミングとか全然駄目。

羨ましいなあ。




友人が僕に写真を頼まれた


友人が僕に写真を頼んだ。
友人から写真を頼まれた。


緊張をしながら

緊張しながら

bikenglish said...

プログラミング言語である~(略)~コードをコンパイルして、プログラムを実行することで~(略)~スキルを身につけている~。

カタカナ言葉がいっぱい出てきていますね。今の日本の言語状況では全く問題なく、むしろ20代、30代にはこちらの方が意味が通りやすいのですが、70代以上の人からは「変なカタカナ使いやがって、ちゃんと日本語を書きやがれ!」と言われそうです。

それにしても、美人の友人がいますね。

ジョン said...

【Anonymousさんへ】

やはり1ではないでしょうか。いいポーズをとってくれたり面白いアイディアを考えたりしたからです。

「巧い」はめったに見ませんね。思い出させてくれて、そして、日本語のエラーも直してくれてありがとうございました。

【Bikenglishさんへ】

日本語のパソコン用語って確かにカタカナが多くて難しいですね。そう言われれば高齢者の方にこのブログをご覧になっていただいていれば嬉しいことですね。

美人なので助かりましたよ。(笑)

Anonymous said...

やはり1ではないでしょうか

相変わらず、謙虚ですね。

ジョンさんの写真がすばらしいことは他の写真を見ている人たちみんなわかています。
解答は、3)でしょうね。


*会話だと、一方が謙虚の態度に出た場合、
「そんなご謙遜を」
ということがある。

因みに、私の場合、相手が「いえいえ、そんなご謙遜を」とか、「いえいえ、そんなことはないですよ」と否定してくれることを期待して、謙遜して言うと、相手がしばしば否定せず、時には大きくうなずくことがありますーーーそんなときちょっと悲しい (>_<)

ジョン said...

ありがとうございます。ありがたい言葉です。

大きくうなずかれたら・・・それはちょっと悲しくなりますよね。