11/26/2011

中国の英語学習者

先ほど、The Open Universityの『The Expansion of English in China』というドキュメンタリーをYouTubeで見終わったところだ。かなり面白かったので、おすすめします。

自分の将来のために英語をまじめに勉強している中国人が大勢いるらしく、インタビューされた方の話によれば中国でお金持ちになるには、まず英語を身につけなくてはならないのだ。英語力がそれほど重要だそうだ。それを聞いたら僕は、言語的な視点からみると、アメリカで生まれ育って良かったね、と改めて感心した。現代はやはり世界の共通語が英語なのだから。世の中の重要な鍵の一つといっても過言ではないように思えてくる。

それに、ドキュメンタリーに出てきた「ランゲージコーナー」の話も面白かった。ランゲージコーナーとは、公共の場所に英語学習者が多く集まり、一緒に英会話を練習するというのだ。これは名案で、気に入った。自分のYAMASAの頃を思い出すとともに、中国のその学習者の熱心に感嘆する僕がいる。

英語を勉強している皆さん、頑張ってください。

11/24/2011

漢字の勉強の得策

今晩、暗くした部屋で、大きなモニターの明かりに照らされた机を前にして、まじめな漢字の勉強に没頭した。その勉強の中で、下記の5つの漢字も勉強した。

丘 岡 陸 壟 崗

すべてに「おか」という読みがあるので、5つもを同時に勉強することにした。国語辞典を使うと使い分けもだいたい判るわけだ。ご覧の通り、習得したって使う場面の無さそうな字も混入しているものだが、それにもかかわらず、敢えて覚えておこう、と妙な強迫観念に駆られる僕がいる。

壌 譲 醸 嬢

この4つの漢字も練習した。構成が非常に似ているので、この字をも同時に勉強して身につけた。そのほうが覚えやすくて得策のように思うのだ。

【翌朝のupdate:】 英語を勉強していらっしゃる、マキさんの主婦英語日記の「里、野、画は、田んぼに関係する」も面白い。

11/20/2011

ガレージセール

今朝のテニスの後、僕は参加した3人を連れて、(僕にとって何年ぶりの)ガレージセールめぐりをした。僕に似合いそうな白いシャツを50セントで、そして90ドルからする(らしい)Bostonianの靴をなんと2ドル(!)で購入できた。

たまにガレージセールっていいもんだな。つまらない物もいっぱいあれば、時々面白い物もあるからね。

11/17/2011

授業中


ある授業の教授の説明がかなりくどいので、
授業中、こんなのを描くのが多くなっている。
(そうしないと自分の顔が右下のような顔になるんだ。)

One of my professor's lectures can be a bit long-winded,
so I've resorted to doodling to keep myself sane.

11/16/2011

ホアキンの新ブログ!

皆様にお伝えしたいニュースがある。

YAMASAのクラスメートだった、ホアキンが日本語のブログを書き始めた、ということだ。

僕は5年も前、日本語学校のYAMASAに入ったら一番下のレベルのクラスに入れられた。Mクラスの皆さんは日本語の勉強をするためにいろいろな国から来ていて、スペインのホアキン(別称:ネオ・The One)はその中の一人だった。ホアキンは本当に優しくて頭が良くて、そして日本語を熱心に勉強してくれるクラスメートだった。すぐに友達になった僕ら。

僕がYAMASAで勉強している間、多くの友達がYAMASAを出たり、新しい友達になった人も入ってきたりしていたのだが、共に戦い続けた仲間は、このホアキンだけだ。7学期にわたって、山の裾野のMクラスから頂点のAクラスまで一緒にいてくれた友だ。本当になつかしい頃だね。

このホアキンに、最近勉強していないので、また日本語の勉強を真面目にしようと思っている、と言われた僕は本当に嬉しい。さすがThe Oneだ。〈笑〉衰えていく日本語力をとかく嘆きがちな僕も、日本語の勉強をけっして諦めないっ!と改めて心の中で決心した。(きっと将来に繋ぐように思っているのだが、本当はどうかな。)

これからもよろしく、ネオ!

皆様、もし宜しければご覧になってはいかが?

11/13/2011

なつかしいノート+漢字

日本語の単語練習

昔、日本で書いたなつかしいノートだ。
復習すべきヤツも記されているなー。

最近、勉強している漢字の中で面白いのが多い。
酵」「畜」「濫」「酸」「爵」など、
たとえ読むことができるとしても書けはしない字を習得中。

どうでもよくて書けなくてもいい字も入っているとは思うのだが、
僕は一応、徹底的な日本語の勉強がしたい。

11/08/2011

竹島

蒲郡市の竹島


この間、Flickrにアップロードしたこの写真はけっこう好評されているので、ここにも載せようと思います。

写真に写ったのは愛知県蒲郡市の竹島という小島で、今年3月の日本旅行で撮ったものです。

旅行の前に「また竹島に行きたいなぁ」とよく想いながらヒューストン生活をしていたから、ようやく行けてとても嬉しかったです。

竹島には八百富(やおとみ)神社という神社しか何もなくて、海を眺めるのにいい場所なんですよ。海から吹いてくるそよ風にそっと吹かれながら海をみていると、こころの整理がつくんですから。

しまった・・・また行きたくなっちまった。

11/07/2011

ザッキーへ

ザッキーよ、さようなら。
また会いましょうね!
Be well, my friend!

葬式

最近、親友のお母さんが病気で亡くなった。
重病とわかって一ヵ月後の、かなり急な逝去である。
あんなに若くて元気だったのに。

親友の家族はもちろん大きなショックを受けたが、
みんな協力して立ち直ろうとしている。

僕は今、繁忙な時期の真っ最中で、
親友の傍にもっといてあげたいものだが、
できるだけ力になってあげようとしている。
ほかにできることはあまりないみたいだから。

葬式は昨日。
僕はvideographerという重役を務めさせてもらった。
少し大変な撮影だったが、僕なりに頑張ってビデオを撮った。
(葬式の途中で、電池が切れそうになったときはマジ怖かった・・・)

亡くした妻の死を悼むご主人の涙も
亡くしたお母さんの死を悼むお子さんの涙も
僕は見ていると感動せずにはいられなかった。

葬式の後、家族のお宅で、
疲れ果てたご主人は僕に礼を言って
家族水入らずのはずだった夕食に参加させてくれた。
この光栄に対して僕はほんの少し泣きそうに。

亡くなった、奥さん・・・
僕にいつも優しくしてくれて心から、謝謝。

11/02/2011

AiPodがない!!の巻

場所は大学のキャンパスの駐車場。
天気は晴れですがすがしい午後である。

僕は最後の授業が終わって帰ろうとしているが、
自分の車に辿りつくと気付いてしまう。

あれ・・・?
AiPodがないっ!
ベルトから落ちたみたい!
(AiPodとは僕のiPod Classic(5世)の愛称である。)

まずい。非常にまずいのだ。緊急状態だ。

僕がせっかく苦労して集めた厳選の歌集が
赤の他人の手に入ってしまうかもしれない。
嫌だね。
僕にとってその音楽がどれほど貴重なものか。
バックアップが3つもあるとはいえ、
魂たるもの(?!)を盗られてたまるか!
盗られるぐらいなら、AiPodが道路で落ちて
通る車にひかれて壊されたほうがマシだ!
(新しいヤツを買うお金がどこにもないのだがっ。)

などと、マニアックなことを心の中で叫びながら、
さっきまでいたオーディトリアム(講堂)へ走る僕。
地面を確認しながら走っていく。
どこにもなくて焦ってる心境だ。

おぉ、久しぶりのジョギングだね。
ちょっと気持ちいいね。

Wait . . . それどころではないんだ。

オーディトリアムに着く。
再び、まずい。

次の授業が始まっているのだ。

授業が終わるまで待つわけに行かないし、
一刻も早くAiPodのありかを確認したいので、
オーディトリアムに静かに入り込んでしまう僕。
少し遅れた学生が何気なく良い席を探す
ようなそぶりをして、あまり目立たないわけ。
うまいよ、ジョン助!  (なんのこっちゃ・・・)

通路をゆっくり歩きながら、僕が座っていた席の下を除いてみる。
途中で見つからなかったというのは、ここにもなければ・・・

と思っていたら・・・

・・・あったーー!!ありましたよ!
椅子の真下に置かれて僕が戻るのを待ってくれている!
おーーーーぉ!

後ろから、その椅子に座っている女性に近づいて、
しゃがんで、「すいません、忘れ物しましたんで」と
静かに(英語で)言ってAiPodを取り戻した。

マイAiPod再ゲット(・・・か)。
マジで安心した。


それが今日のパニックの話であった。
もっと気をつけないといけないね。

親切な人がAiPodをそこに置いてくれたかもしれない。
ならば、 thank you very muchです。本当に助かりました。

11/01/2011

やっと涼しい日々がヒューストンを訪れてくれている。
よしっ、これからはちゃんとブログを書くような毎日に戻りたい。