6/06/2011

送別会のバーベキューパーティー

昨日の夜、日本人の友達が催すバーベキューパーティーに行った。これはヒューストンを出て日本に帰国する友達のための送別会。

一昨日、長引きやがる鼻風邪と激しい戦いをしていたから、僕は参加できるかどうか危うかったが、昨日はけっこう体調が良くなったので、いい気分で参加させていただけた。

パーティーの場所は、友達の主催者が住んでいるアパートの室外の、グリルやテーブルのあるスポットだ。開始時間は午後7時だから、そんなに暑くはないわけだ。

知っている方は半分で、初対面の方も、もちろん半分いる。みんな優しくて、すぐに仲良くできる人ばかり。うまいバーベキューを食べたり、アルコールも飲みながら、いろいろなことを話して、一晩中、楽しい会話を堪能した。広島のお好み焼きの抜群の美味を知らされたり、いまいちな英会話先生になったり、面白い日本語(たとえば山ガール)などを教えてもらったりして、本当に楽しかった。

だが、わいわいしているうちに向こうの闇から突然、警察官二人が現れて「誰かから苦情の電話がありました。静かにしてください」とその中の一人が言い出す。あれ?気が付かないうちに、もう0時になってしまったんだ。そりゃ確かに僕らが悪いな。警察を呼んだ眠れないお前らの気持ちがわからんでもないぞ。

さてと、そろそろ解散だな。

・・・と思いきや、みんなが主催者の部屋に移動して、パーティーの続きをする。これは感心したなー。よーし、楽しい集いを続行!

というわけで、パーティーは朝4時まで続いた。(帰りはけっこう眠くなったなぁ。)昨日はかけがえのない思い出になった。皆さん、どうもありがとう。

(そして、Eちゃん、日本でがんばってね!)

6 comments

bikenglish said...

バーベキュー、楽しくて良かったですね。そう言えば、最近、そういう多人数でするバーベキューパーティーとか行ってないなぁ、今度、自分で企画しようなかぁ。

ジョン said...

楽しいものですね。気持ちよく話し合う人がいればなおさらです。

Anonymous said...

「感心した」なんて言葉がでてきて感心しました。

それに「山ガール」という言葉は私もしらなかった。

アメリカでも騒音で迷惑がられるんですね。

昔アメリカに居たとき、学生がラジオのスピーカーを窓の外に向けて、音をガンガンならしていたのにびっくりしたことがあります。もっとも、そこは学生街でしたから、特殊なのかもしれませんけど。

ジョン said...

スピーカーを窓の外に向けるとは、ね。そう、学生街だったからでしょうね。そういうのを僕は見たことないですね・・・

Emiko said...

ありがとーー!
日本で会えるのを楽しみにしてるよ♪

ジョン said...

コメントありがとう!
僕も楽しみにしているよ。
Have a safe trip back.