4/24/2011

Houstonで旅行?さ、電車に乗ろう!

先週の快晴の日曜日の朝だ。風もあって気持ち良さそう。

なぜか電車に乗ってどこかへ行きたくなるなぁ。

という訳で、僕はヒューストンのMETRORailという路面電車に乗ってダウンタウンまで行くことになった。(駅までは車で行って、その点でちょっと違和感を感じたが。)METRORailに乗って2回目。前回の乗車は5年以上前で、METRORailが完成したばかりの頃だ。(当時は車との事故が多かったものだが、もう大丈夫みたい。)

ヒューストンにこんな路面電車が存在するといっても、まだ未完成な状態で、電車が走る路線は『赤線』というたった一本しか存在しない。残りの数本の路線は数年後に完成するらしい。

もういいんだ、そんな話は。さっさと電車に乗ろう。

カメラを持って乗車する僕は、まるでヒューストンを飛び抜け、どこかの遠い地域で旅行でもしている観光客のような気持ちで行くことにした。見慣れている街なのに、初めて見るような新たな目で見直そう、と。


METRORailは5年以上もヒューストンで運行し続けてきたというのに、電車自体が予想したより綺麗。他に乗客者があまりいないので、静かな運行・・・のはずだが、電車の音がかなりうるさくて、それに滑らかな乗り心地でもない。

とはいえ、なんだか楽しい。窓から眺めているのは普通のヒューストンの町並みだが、なんだか楽しい。めったに行かない地区だし。

終点であるUHダウンタウン駅で電車から下車し、しばらくぶらぶらと歩き回る。目的地はないが、小さな公園を見つけたので、ベンチに腰を下ろす。ポッドキャストを聴いたり本を読んでいるうちに、うとうとし始める。

いつの間にか、ついにまどろんでいた。

気が付けばそろそろ帰宅する頃だ。最寄りの駅で次の電車に乗車するとびっくり!前の電車にはあまり誰もいなかったのに、今回は人がいっぱいいる。何故だろう。

そのまま出発の駅に戻り、車に乗って帰宅した。本当に旅行したかのように疲れた!

たまには自分の住んでいる街を観光客の気持ちで旅行するのはいいことだね。

2 comments

Anonymous said...

赤線
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E7%B7%9A


という意味があります。


そういえば隅田川に屋形船があるんですよね。

http://www.t-yakata.com/tyh_yakata.htm

まだ、乗ったことないのですが、見慣れた風景が違うようにみえるかもしれませんね。

bikenglish said...

ヒューストンには、こんな路面電車があるんですね、全然想像もしなかったので、意外です。もし、ヒューストンに行ったら挑戦してみようと思います。

オバマ政権の方針では、このような公共交通機関を増やすことを進めていくんだったような気がしますが、どうだったでしょうか?確か、スペシャルイングリッシュで勉強したような?

ちょっとだけ、日本の話し。

「違和感を感じる」はあまり正しくない表現で、「違和感がする」が良いです。

しかし、自分も割と最近までそういう表現を使っていたし、間違った使い方に気づいていない日本人も多いので、そんなに気にすることはありません。

あと「乗って2回目」は「乗るのは2回目」のほうがいいです。