2/13/2011

2011 World Almanac

今、近所の本屋にいる。

宿題をしているべきだが、2011 World Almanacという本を読んでいて目が離せないんだ。World Almanacというのは、いわば「去年の一覧」兼「世界の紹介」のような本のシリーズであり、1868年から毎年、新版が出版されている。

前半はアメリカを中心にする。昨年のニュース・経済統計・雇用統計・犯罪率・科学的進歩・宇宙の情報・芸能界のニュースなどの、さまざまな情報が要約して書かれている。それに対して、後半は世界の各国の紹介や世界歴史をはじめ、全世界の情報も入っていて、とても面白い。(最後にはスポーツの記録や選手などの情報もあるが、僕には全く興味なし。)

1000ページにわたるこの本を、僕は購入しようと思っている。久しぶりのWorld Almanacの購入で、読むのが楽しみ。世界の知識を深めたいと思うからには、この本が不可欠かもしれない。

僕らの住むこの世界は素晴らしいなぁ。

2 comments

bikenglish said...

World Almanacは、日本ではあまり馴染みがないですね。ギネスブックは、よく知られていますが、ちょっと違いますよね。

あと、他に、連想されるのは「現代用語の基礎知識」や「イミダス」ですが、これも、だいぶ違いますね。

Jonathan said...

そうですね、かなり違うようです。「現代用語の基礎知識」も「イミダス」も面白そうな本ですが!