12/29/2011

鍋会

昨夜、6人の鍋会に参加した。友達と、おいしい鍋料理やお酒を賞味しながらお喋りをして楽しい夜だった。そして、ニューヨークで活躍していらっしゃる二人の芸術プロもいらして、すごく優しいおしゃれな日本人の女性だ。もう10年も以上海外で活躍をされている方で、お二人の話を聞いているとつい感心する僕が居た。(しかも、一人は写真のプロでさらに感銘を受けるわけだ。)僕も海外で活躍するような生活を目指してこれから全力を尽くそうと決意した。本当にありがたい出会いで感謝している。料理と高級なお酒も非常に美味しかった。皆さん、楽しい夜をありがとうございました。

12/27/2011

Hayaku: A Time Lapse Journey Through Japan


速く』というビデオを先ほど観終わったところだ。日本のさまざまな風景を美しく映し出すビデオで、落ち着いた雰囲気をつくるBGMもぴったりだ。おすすめです。

12/26/2011

歌詞

先週、ある歌の歌詞をネットで検索していたら、面白いネット上の掲示板に辿り着いた。話題は『なんで女の歌手は「彼氏と別れた」って歌詞ばっかなんだよ もっと死や戦争について書け』である。

そのタイトルを目にすると「そうだよな」と共感した僕がいた。しかし、この事象が女性歌手と日本の歌手に限るとは言い切れないと思う。

とにかく、話題に興味がわいて、ページのコメントの殆どに目を通した。文句はもちろん山ほどあったが、秀逸な歌詞の歌の紹介もあったし、見たことのないネット上のスラングも面白かった。(別に知る必要がなくとも。)

で、こんなコメントも書かれていた。
昔の和歌とか花が何とか山が何とか自然に感動したみたいない内容多いじゃん でも現代音楽の歌詞ってそういうの少ないよね何でだろ
そう言われてみれば、アメリカは昔も、そういった”自然に感動する”ような歌が少ない気がする。今の僕には一曲も思い浮かばないのだ。(無いわけではないように思うが。)日本のいいところの一つだと思える。

正に、現代には”I LOVE YOU”や”会いたくて会えない”や”私を好きにして”って歌詞の歌は多いね。でも、多いといっても、その中に素晴らしい歌もあるように思う。

(どうでもいいのだが、僕が前に紹介した(?)JPOPジェネレータを思い出すね。)

Chartさんの凄さ

同じYAMASAで勉強したDavid Chartさんは今でも毎日、日本語のブログを更新している。これは凄い。凄すぎる!頭が下がる。だからそれほど日本語を使いこなせるわけだ。素晴らしい。

12/16/2011

日本の若年層が田舎生活に挑戦したがっている?


この間、BBC Newsの”Japan's youth turn to rural areas seeking a slower life”という英語の記事を読んだ。都会でなかなか就職に成功しないとか、都会の人の冷たさに疲れたとか、都会の生活が忙しすぎるとか、いろいろな訳で、「田舎の農家生活に挑戦しよう」と都会を出ていく若い人が徐々に多くなっているという現象を語る記事だ。

就職できない理由の一つとしては非正規雇用者が多くなっているからだそうだ。ハケンで働いていればいつクビになるかわからなくて不安ばかりだという人もいる。

とにかく、面白い記事なので、おすすめします。

12/13/2011

継続は力なり

期末試験期間のピークがなんとか越えられて、
今週でその期間が終了する。

寿司屋のOishiiは今月18日~1月8日まで休業するらしくて
毎週金曜日のオアシスに行けなくなるのがちょっと寂しいんだ。

Oishiiといえば、最近、Oishiiの店長と初めてお話ができたよ。
「ほぼ毎日来てくれてるじゃないか」って(英語で)言われた。
そんなことないっすよー。週一回ぐらいって、と僕。〈笑〉

だけど、いくら寿司屋といえども日本語の通じないお店だ。
日本語の会話をする機会はもうめったになく、
会話力が低下する一方なんだ。悔しい。
いつもの心配事だけどね。(すみません。)

♪ 俺の日本語が心配だ、と
バーボンを飲んで ママに嘆く ♪
♪ 外の霧は心情と同じ
もやもやで 帰りたくない ♪

 ・・・のような演歌はないのだろうか。〈笑〉
(あるわけねぇ。)


でも、心配しているといっても、良いことがないわけでもないよ。

まず、この間、日本人の友達にメールの日本語を褒めてもらった。
「ジョンのメールって日本人っぽくて、ジョンだとわからなければ
日本人の書いたメールと本当に思うぐらいだよ」って。
お~~、これは喜ばしい!そう言われるとマジで嬉しい。ありがとう!

ギブアップはしない。


僕は語彙と漢字の勉強を今でも続けており、
知らない言葉・表現・漢字を身につけている。
新しい日本語はまだまだ山ほどあるんだから。
昔のような達成感はあまりなくなってしまったが、
勉強をし続けているだけでいいじゃないかと思う。
自学自習するのはやめない。

継続は力なり。
大変だけど、諦めずに勉強をし続けるほかはないんだね。

・・・あれ?短いポストを書こうと思っていたら、
ちょっと長いのになってしまって。くどいなぁ、僕は。(すみません。)

よーし、晩ご飯でも食べて、日本語を勉強しよっか!
燃えろ、ジョン! (←自分に声援するなって。)

あ、そういえば、何の関係はないが、
数年か前にこんなCMが日本で流れていたらしい。
気に入ったので、紹介します。(前にも紹介したっけ?)



いいCMだね。どこかに僕をこのように応援してくれている人がいるのだろうか。(あるわけねぇ。)

12/10/2011

勉強中なので、写真を



From Gamagori to Okazaki ② 
【電車内で撮った、蒲郡と岡崎の間の景色です。】
 
今晩は朝の期末試験の勉強をしている。
この試験が終わったらもう楽だ。

12/05/2011

竹島: THE 写真集

今年3月18日の、蒲郡市の竹島の写真がすべてアップロードされました。
お時間がありましたら、ご覧になってはいかがでしょうか
(島の写真といっても、ほとんどは海の写真ですが。)

You can find photos of Aichi's Takeshima Island at the link above.

11/26/2011

中国の英語学習者

先ほど、The Open Universityの『The Expansion of English in China』というドキュメンタリーをYouTubeで見終わったところだ。かなり面白かったので、おすすめします。

自分の将来のために英語をまじめに勉強している中国人が大勢いるらしく、インタビューされた方の話によれば中国でお金持ちになるには、まず英語を身につけなくてはならないのだ。英語力がそれほど重要だそうだ。それを聞いたら僕は、言語的な視点からみると、アメリカで生まれ育って良かったね、と改めて感心した。現代はやはり世界の共通語が英語なのだから。世の中の重要な鍵の一つといっても過言ではないように思えてくる。

それに、ドキュメンタリーに出てきた「ランゲージコーナー」の話も面白かった。ランゲージコーナーとは、公共の場所に英語学習者が多く集まり、一緒に英会話を練習するというのだ。これは名案で、気に入った。自分のYAMASAの頃を思い出すとともに、中国のその学習者の熱心に感嘆する僕がいる。

英語を勉強している皆さん、頑張ってください。

11/24/2011

漢字の勉強の得策

今晩、暗くした部屋で、大きなモニターの明かりに照らされた机を前にして、まじめな漢字の勉強に没頭した。その勉強の中で、下記の5つの漢字も勉強した。

丘 岡 陸 壟 崗

すべてに「おか」という読みがあるので、5つもを同時に勉強することにした。国語辞典を使うと使い分けもだいたい判るわけだ。ご覧の通り、習得したって使う場面の無さそうな字も混入しているものだが、それにもかかわらず、敢えて覚えておこう、と妙な強迫観念に駆られる僕がいる。

壌 譲 醸 嬢

この4つの漢字も練習した。構成が非常に似ているので、この字をも同時に勉強して身につけた。そのほうが覚えやすくて得策のように思うのだ。

【翌朝のupdate:】 英語を勉強していらっしゃる、マキさんの主婦英語日記の「里、野、画は、田んぼに関係する」も面白い。

11/20/2011

ガレージセール

今朝のテニスの後、僕は参加した3人を連れて、(僕にとって何年ぶりの)ガレージセールめぐりをした。僕に似合いそうな白いシャツを50セントで、そして90ドルからする(らしい)Bostonianの靴をなんと2ドル(!)で購入できた。

たまにガレージセールっていいもんだな。つまらない物もいっぱいあれば、時々面白い物もあるからね。

11/17/2011

授業中


ある授業の教授の説明がかなりくどいので、
授業中、こんなのを描くのが多くなっている。
(そうしないと自分の顔が右下のような顔になるんだ。)

One of my professor's lectures can be a bit long-winded,
so I've resorted to doodling to keep myself sane.

11/16/2011

ホアキンの新ブログ!

皆様にお伝えしたいニュースがある。

YAMASAのクラスメートだった、ホアキンが日本語のブログを書き始めた、ということだ。

僕は5年も前、日本語学校のYAMASAに入ったら一番下のレベルのクラスに入れられた。Mクラスの皆さんは日本語の勉強をするためにいろいろな国から来ていて、スペインのホアキン(別称:ネオ・The One)はその中の一人だった。ホアキンは本当に優しくて頭が良くて、そして日本語を熱心に勉強してくれるクラスメートだった。すぐに友達になった僕ら。

僕がYAMASAで勉強している間、多くの友達がYAMASAを出たり、新しい友達になった人も入ってきたりしていたのだが、共に戦い続けた仲間は、このホアキンだけだ。7学期にわたって、山の裾野のMクラスから頂点のAクラスまで一緒にいてくれた友だ。本当になつかしい頃だね。

このホアキンに、最近勉強していないので、また日本語の勉強を真面目にしようと思っている、と言われた僕は本当に嬉しい。さすがThe Oneだ。〈笑〉衰えていく日本語力をとかく嘆きがちな僕も、日本語の勉強をけっして諦めないっ!と改めて心の中で決心した。(きっと将来に繋ぐように思っているのだが、本当はどうかな。)

これからもよろしく、ネオ!

皆様、もし宜しければご覧になってはいかが?

11/13/2011

なつかしいノート+漢字

日本語の単語練習

昔、日本で書いたなつかしいノートだ。
復習すべきヤツも記されているなー。

最近、勉強している漢字の中で面白いのが多い。
酵」「畜」「濫」「酸」「爵」など、
たとえ読むことができるとしても書けはしない字を習得中。

どうでもよくて書けなくてもいい字も入っているとは思うのだが、
僕は一応、徹底的な日本語の勉強がしたい。

11/08/2011

竹島

蒲郡市の竹島


この間、Flickrにアップロードしたこの写真はけっこう好評されているので、ここにも載せようと思います。

写真に写ったのは愛知県蒲郡市の竹島という小島で、今年3月の日本旅行で撮ったものです。

旅行の前に「また竹島に行きたいなぁ」とよく想いながらヒューストン生活をしていたから、ようやく行けてとても嬉しかったです。

竹島には八百富(やおとみ)神社という神社しか何もなくて、海を眺めるのにいい場所なんですよ。海から吹いてくるそよ風にそっと吹かれながら海をみていると、こころの整理がつくんですから。

しまった・・・また行きたくなっちまった。

11/07/2011

ザッキーへ

ザッキーよ、さようなら。
また会いましょうね!
Be well, my friend!

葬式

最近、親友のお母さんが病気で亡くなった。
重病とわかって一ヵ月後の、かなり急な逝去である。
あんなに若くて元気だったのに。

親友の家族はもちろん大きなショックを受けたが、
みんな協力して立ち直ろうとしている。

僕は今、繁忙な時期の真っ最中で、
親友の傍にもっといてあげたいものだが、
できるだけ力になってあげようとしている。
ほかにできることはあまりないみたいだから。

葬式は昨日。
僕はvideographerという重役を務めさせてもらった。
少し大変な撮影だったが、僕なりに頑張ってビデオを撮った。
(葬式の途中で、電池が切れそうになったときはマジ怖かった・・・)

亡くした妻の死を悼むご主人の涙も
亡くしたお母さんの死を悼むお子さんの涙も
僕は見ていると感動せずにはいられなかった。

葬式の後、家族のお宅で、
疲れ果てたご主人は僕に礼を言って
家族水入らずのはずだった夕食に参加させてくれた。
この光栄に対して僕はほんの少し泣きそうに。

亡くなった、奥さん・・・
僕にいつも優しくしてくれて心から、謝謝。

11/02/2011

AiPodがない!!の巻

場所は大学のキャンパスの駐車場。
天気は晴れですがすがしい午後である。

僕は最後の授業が終わって帰ろうとしているが、
自分の車に辿りつくと気付いてしまう。

あれ・・・?
AiPodがないっ!
ベルトから落ちたみたい!
(AiPodとは僕のiPod Classic(5世)の愛称である。)

まずい。非常にまずいのだ。緊急状態だ。

僕がせっかく苦労して集めた厳選の歌集が
赤の他人の手に入ってしまうかもしれない。
嫌だね。
僕にとってその音楽がどれほど貴重なものか。
バックアップが3つもあるとはいえ、
魂たるもの(?!)を盗られてたまるか!
盗られるぐらいなら、AiPodが道路で落ちて
通る車にひかれて壊されたほうがマシだ!
(新しいヤツを買うお金がどこにもないのだがっ。)

などと、マニアックなことを心の中で叫びながら、
さっきまでいたオーディトリアム(講堂)へ走る僕。
地面を確認しながら走っていく。
どこにもなくて焦ってる心境だ。

おぉ、久しぶりのジョギングだね。
ちょっと気持ちいいね。

Wait . . . それどころではないんだ。

オーディトリアムに着く。
再び、まずい。

次の授業が始まっているのだ。

授業が終わるまで待つわけに行かないし、
一刻も早くAiPodのありかを確認したいので、
オーディトリアムに静かに入り込んでしまう僕。
少し遅れた学生が何気なく良い席を探す
ようなそぶりをして、あまり目立たないわけ。
うまいよ、ジョン助!  (なんのこっちゃ・・・)

通路をゆっくり歩きながら、僕が座っていた席の下を除いてみる。
途中で見つからなかったというのは、ここにもなければ・・・

と思っていたら・・・

・・・あったーー!!ありましたよ!
椅子の真下に置かれて僕が戻るのを待ってくれている!
おーーーーぉ!

後ろから、その椅子に座っている女性に近づいて、
しゃがんで、「すいません、忘れ物しましたんで」と
静かに(英語で)言ってAiPodを取り戻した。

マイAiPod再ゲット(・・・か)。
マジで安心した。


それが今日のパニックの話であった。
もっと気をつけないといけないね。

親切な人がAiPodをそこに置いてくれたかもしれない。
ならば、 thank you very muchです。本当に助かりました。

11/01/2011

やっと涼しい日々がヒューストンを訪れてくれている。
よしっ、これからはちゃんとブログを書くような毎日に戻りたい。

10/18/2011

おかざき

電車から岡崎を眺めた (Gazing at Okazaki from the Train) 

3月の岡崎の写真です。
蒲郡へと電車に乗っていた時に撮った。
恋しいなー、こんな風景が。
自転車に乗ってあちこち回りたい。

今、ブログのREDESIGNを行ってみようと思う。
もう5年も同じデザインだし。お気に召すといいね。

10/07/2011

やっと涼しくなりそう

ヒューストンはやっと涼しくなろうとしている。

まだまだ「涼しい」とは言えないが、涼しくなる時があるようになった。そもそも、四季を知らないヒューストンは常夏の都会だと言われたりするのだが、今年は特別に猛烈に暑かった。毎日の猛暑からの解放はありがたい話だ。

ちなみに、今年の降水量が非常に少なく、火災も発生しているらしい。そろそろ一週間の止まない大雨の涼しい夜の雰囲気も久々に味わいたいな。

10/06/2011

ご無沙汰

ご無沙汰しております。もう10月になったね。
ヒューストンは少し涼しくなっているが、まだ暑い。

最近は珍しくあまり書く気にはなれなかったのだ。
これからはもっと頑張って更新しようと思っているので、
あらためて、よろしくお願いします。

9/16/2011

ら抜き

記事:ら抜き「来れる」、10歳代では7割以上が使用

「食べれる」「来れる」など、動詞の受身形の「ら」が抜いた言葉の使用率が増えつつあるらしい。言語も進化するものだね。(僕はといえば時々使ってしまっている。)

川柳聞いたかい? 日本語の「ら」は もう要ない

9/07/2011

Adult Adoption in Japan

Freakonomics posted a very interesting article entitled "Why Adult Adoption is Key to the Success of Japanese Family Firms" on their site the other day. You can read the article or you can listen to "The Church of Sciontology," their first hour-long podcast, in which the subject was originally touched upon.

It would be an interesting turn of events were I to be adopted in such a manner. I'm not sure that it suits me, though.

Also, wow, this is my first English post in some time, isn't it?

8/31/2011

日本のTOP 50

WikipediaにJapan's Top 50 Best Selling Artists of All-Time(日本史上もっとも売り上げのいい歌手)というリストが載っている。ほとんどの歌手は知っているが、知らない人も載っていて調べる必要があるようだね。B'zが首位で、そんなに人気があるとは知らなかった!(僕も好きだが。)

ちなみに、一昔、日本に興味を持つようになるキッカケの一つが、B'z・MISIA・広瀬香美のMDを昔の日本人の知り合いに貸してもらったからだ。今でも楽しく聴いているんだね。

余談だが、MDプレーヤーを持ったアメリカ人とは珍しいものだ。

8/29/2011

方言ではなかった

今学期の初日の朝の話です。

僕がラウンジで日本のドラマを観ていたら
2人のアジア系の若い女の子が入って
ラウンジの隅の椅子に座って喋り始めた。
僕は最初は何とも思っていなかったが、
2人が話しているのは日本語に聞こえて驚いた。

日本語を話すチャンス発見!
そして、UHのキャンパスが大きいので、
日本人の留学生もいるだろうとは思うが、
実際に会ったことはまだない。
新学期の初日にめぐり合うとは、ね。

機に乗じてさりげなく挨拶でもしようかなと思ったが、
もう少し耳を傾けて聞いていたら・・・
韓国語だった。

それが聞き取れないわけだ。
日本の方言かとも思い始めていた。

韓国語と日本語は思ったより音が似ている。
YAMASAで、韓国人のクラスメートに言われたね。
「日本語と韓国語には似たところが多いので、
欧米人と比べれば私たちのほうは
日本語の勉強が楽なわけだ」、と。

今はもっとわかるような気がするね。

このままで

新学期が始まって仕事と学業との両立と再び戦うことになったが、なんだか今学期は前より落ち着いている感じだ。クラスを5つも受けているのに?たぶん、全部が専攻(ビジネス)に関連するクラスだから、目標に向かっている!という実感がするわけだ。(それとも、単なる油断しすぎ?)

8/22/2011

また、新学期

像

今、大学のラウンジにいる。久しぶりに、な。
新学期の授業はあと一時間弱で始まるのだ。
よーし・・・今学期も目標に向かって頑張る。
来年末の待ち遠しい卒業へと、ベストを尽くしてみせる。

8/15/2011

HMNSが僕のファンに?

Butterfly | 蝶

ほぼ一年前に撮った、僕のこの写真がHouston Museum of Natural Science(ヒューストン自然科学博物館)の「お気に入り」に入り、ミュージアムの正式なフォト・グループに誘われた。そして、ミュージアムが僕の写真フィードに登録してくれた。いいないいな。ちょっとだけ認められたような気持ちだ。

8/14/2011

テニスのプライベートレッスン

テニス部のリーダーたる者から、悪いが俺はテニスに参加できない、というメールを受けた。残りの部員がコートに行くかどうかよく判らなくて、一応、今朝コートの様子を見に行ってみることにした。もし誰もいなくても、朝のいいドライブになるし。(なったなった。)

コートに着くと・・・誰もいない。部員だけではなく、コートを使っている人は一人もいない。空っぽのコートって初めて見た。

せっかく来ているので、あちこちに置き去りにされた数個のボールを拾い、ラケットでウォールにぶつけて練習することにした。しらばくして、ウォールの上を打ち飛ばしてしまったボールを、僕がコートの外で拾っていると、もう一人の部員が歩いて姿を現れてくれた。すぐに帰らないで練習していてよかった、と思ったその瞬間だ。

そういうわけで、2人っきりでテニスしよう、ということに。

そして、テニスがとてもお上手なその方から、ラケットの正しい持ち方や振り方を教えていただいた!まるでプライベートレッスンみたいで、ラッキーな展開!(欠席が多くて得した!なんて思ったり。)

せっかく教えていただいたことをすぐに実行してみる。そうすると、すぐにものすごい効果が出てビックリ!そんなキレイな球を打ったことがないんだ。速さもパワーも体のフォームも急にレベルアップ!って感じ。上達が「予想以上」と褒めていただいたくらいだ!おー燃えてるぞ!僕はもはや前の自分とは違う、新バージョンだ!

とはいえ、4戦の試合で全敗の僕だ。  _| ̄|○ トホホ

初心者が図に乗るな。〈笑〉

さすが先生だね。僕はなんと言っても、ただテニスの基本を身につけただけであることを思い知らされた。しかし、大事な基本を教えていただいたので、少しでも腕が上がったのでは、と思う。感謝してます!非常にいい勉強になった。(だが、やはりパワーの調節が難しいねー。頑張ります。)

次のテニスが楽しみ!

8/12/2011

振りかえれば奴がいる

ときどきあるよね。ドラマを観はじめてオープニングテーマがあまり気に入らないけど、そのドラマにハマり、いつの間にかテーマも不思議なほどに好きになってくるってことが。僕は最近、フジテレビの1993年の『振りかえれば奴がいる』というドラマを観ていて、CHAGE&ASKAの主題歌である『YAH YAH YAH』がそうなのだ。ドラマにハマればハマるほど歌も頭からなかなか離れなくなったりして。〈笑〉(CHAGE&ASKA自身がOPに出るのもびっくりした。ああいうの見たことなくてね。)

8/07/2011

新学期の接近

今日、またテニスや食事に行ってきた。帰ったらお風呂に入って、30分後上がり、昼寝して、そして4年半ぶりに「ルパン三世 カリオストロの城」を観た。初めて観たのは先輩たる友人・Mikawa Ossanと一緒だったね。懐かしい。やっぱりいい映画だねー。そして、今回は日本語だけで観ることができて、ちょっと嬉しかった。(ときどき、英語の字幕をのぞいたけど。まだまだだね。)

こうして週末がゆっくりと過ごせるのは今のうちだけど。2週間後、大学の新学期が始まり、また仕事と学業との両立と戦う毎日に戻るのだ。すごく忙しくなるが、将来のために頑張ろうと決心している。来年は夏の授業を受けて年末に卒業しようと思っているので、今年のは最後の夏休みとなるわけだ。いいじゃん。なので、残りの夏休みを楽しみまくっちまおう。

必見! I Love Lucy

今日から100年前、アメリカのコメディアンのLucille Ballが生まれたらしい。Ballさんは1989年に亡くなったが、彼女の主演する「I Love Lucy」は永遠に世界の人々を笑わせてくれるだろう。僕は子供の頃、1950年代のこのテレビシリーズを母と一緒によく見ていたものだが、2011年という今も見たらもやっぱり笑いが止まらない。まさにtimeless comedyだ。

I Love Lucyは必見で、おすすめだ。興味のある方は”Lucy Does A TV Commercial”(LucyはCMをやる)というエピソードをご覧ください。これは中でも有名な話だから。(全部日本語だが。日本語の字幕がついているのはあるかな。)そして、ほかにもいろいろご覧になれるぞ。

8/02/2011

うな重に囲碁

今夜、10分離れた和食レストランに急に誘われた。”森一”というところだ。
僕が行ったことのないレストランなので誘いを受けることにした。
味噌汁やうな重を食べながら、お茶や日本酒を飲みながら、
携帯を弄ってルールを友達に説明しながら囲碁の対局をした。
寿司もおごってもらったし。
楽しかった。そして、おいしかった。
また行きたいな。

テニスありの日曜日

昨日の朝、びしょ濡れだったコートが元どおりになったので、
テニス部の部員が集まって、激暑の中でテニスをした。
テニスって本当にいい運動だね!そして、新部員もいた!
フレンドリーで仲良くできそうな人で、良かった。

僕の購入した新しいラケットはなかなか良い。
すぐ慣れて、少し腕が上がったかもしれない。
これを「新品効果だろう」と言われたが、まさに
潜在的な実力の封印がようやく解けたんじゃないか!〈笑〉

テニスの後、4人の部員がメキシコ料理のレストランに言った。
楽しい会話を交わしながらの楽しい昼食だった。

その後は2件のスポーツのストアで買い物。
僕は汗が目に入らないようなヘッドバンドを購入した。
(2軒目は、僕が前日に行った”大道”の向こうってことにビックリ。)

買い物が済んだら、アイスクリームを一緒に食べに行った。
隣には古本屋があるので、僕は日本語の本があるかどうか
確かめにお店に入った。もちろん少ないが、あったよ。
結局、安いから本を4冊も買っちゃった・・・。本当に読むつもり?!

そこで、一日の部活が終わり、みんなが解散した。
本っ当に楽しい一日だった。
お疲れ様でした。


川柳本当は 新品効果 かもしれん!

テニスなしの土曜日

友達の話によるとヒューストンのある本屋に日本語の漫画があるらしい。という訳で、土曜日の午後、例の本屋に行ってみることにした。そうしたら・・・

英訳されたヤツだけで、日本語のは一切無い。

ふざけんなよ!楽しみにしていたのに! ╬ಠ益ಠ

って余計に幻滅した僕がいた。〈笑〉

でも、日本語のスラングを教える一冊の本を買ったから時間の無駄だとは言わない。(あれもローマ字だけだけど。)

本屋の近くに”大道”という日本食料品店があるので、久しぶりにそっちへも立ち寄ってみることにした。大道に行って5年ぶりかもしれないね。日本から帰って一度も行っていないような気がする。

店内に入るや、後ろから「Hey!」と咎めるような男性の声がした。少しびびって振り向くと、ヒューストン大学で一緒に日本語の授業を受けた知り合いが立っていて、僕はびっくりした。(彼も日本語に住んだことが数年間あって日本語が上手い。)大道でアルバイトをしているそうだ。

挨拶が済んだら、お店の中をゆっくりと歩き回り始めた。日本(語)の漫画や雑誌も、レンタルビデオもあることにびっくりした。漫画を2冊買おうとしたところ、なんてすっっごく高くて、買うのをレジでやめた。(土曜日の漫画購入が妙な天誅によって禁止されたようにしか思えない僕である。とほほ。)

大道にはさまざまな日本食品も揃っている。まるで日本にタイムスリップしたかのような気分になるほどだ。そして、小さい子供連れの日本人の家族もいて、日本語も自然に聞こえる!!(くだらねーことに感動しちゃったり。)〈笑〉

安いお茶を買って帰宅。

夜はOishiiに行って味噌汁を食べてお茶日本酒を飲んで、そしてカラオケ会へと出向いた!今回のカラオケは最初は心配だったが、だんだん盛り上がっちゃった。僕はB'zの『恋心』やMr.Childrenの『あんまり覚えてないや』に初めて挑戦してなかなかパフォーマンスができたじゃないかと思うよ。(Oishiiでちょっと練習しといて行ったから?)

7/31/2011

びしょびしょコート

今週は大変でいろいろあったが、なんとかクリアできた。

今朝、テニスコートが昨日の雨でびしょ濡れなので、
テニスが中止になってしまった。
新しいラケット買ったのに。
テニス場まで行っていた僕は笑って
いつもと違う道で帰宅することにした。
でも、朝のドライブができて良かったと思う。
本当に気持ちよかった。

家に帰って、
母に作ってもらったおいしい朝ごはんを食べながら
仲間由紀恵の主演する「アンタッチャブル」ってドラマを観た。
けっこう面白い。

今夜は、またカラオケ会があるんだ。楽しみだなー 。

7/25/2011

豪邸で、流しそうめん会

ヒューストンの日本人会の「流しそうめん会」に僕は誘われ、
昨日、参加させていただいた。

日本国総領事の豪邸(!)で行われたが、
残念ながら豪邸の写真は撮り損なった。
ごめんなさい。

流しそうめんはこんな感じ。


最後の所に、シシオドシがあるのが気に入った。


そして、豪邸の後ろは広くて綺麗。



他の物を食べて、お茶もワインも飲んだが、
そうめんは・・・食べなかったのだ。
せっかくなのに、ね。
また今度のチャンスで。

Brazos川

Rivergazing

今日、Brazos川で。
すごく暑かったが、ちょっと元気が出た。
これも自然の力といえるだろう。
(演歌も聴いていたが。)
暗澹とした気持ちは頑張って乗り越えよう。

7/22/2011

漢字の読みクイズ

月曜日、Skypeで日本人の友達からの漢字クイズを受けてみた。

今回は読みクイズで、以下の文を読まされた。間違えたところは赤、正しく読めても意味がよくわからなかったのは青。

階段に滑り止めテープをはる。
年長者の意見を殊勝に聞く。
炊きたてのおいしいご飯だ。
熱心に入会を勧誘された。
公園はみんなの憩いの場だ。
気孔は葉の裏に多い。
水道管が破裂して大変だ。
心の衝撃は大きかった、。
掌中のたまのようにかわいがる。
申し入れを許諾していただいた。
漏電に気をつけよう。
病魔と闘う友人を励ます。
母親が胎児に話しかけた。
緊密な連携が功をした。
お土産を提げて帰ってきた。
苗代を作るのに忙しい。
柱時計が緩やかに8時を打った。
大国もいつかは滅亡する。

最初は調子よかったけど、だんだん難しくなって、間違いだらけに・・・。今、見ていると「なんで読めなかっただろう?」と思う赤のヤツがけっこういるんだが。「掌中」とか「胎児」とか「提げる」とか。ちくしょ。「苗代」は確実に無理だったが。〈笑〉

点数は80ぐらいにする。


いい勉強になった。

7/18/2011

YouTubeでダウンタウンを

最近、『明日があるさ』という2001年の、ダウンタウンの浜田が主演するテレビドラマを見た。かなり面白いドラマだと思ったけど、最終回の結末があまりに急だと思っていたら、Wikipediaで映画もあったのを知った。なるほど。いつか観たいね。

今日は何もやる気がなくて、YouTubeでダウンタウンの映像を見てみた。20年以上前のもあって、23歳の2人の頑張っている姿を見ている、ちょっとなんか感心しちゃったね。しばらくすると、『ごっつええ感じ』のビデオまでたどり着いた。2007年に、友達のMikawa Ossanと見たことがあるなぁ。懐かしい。

7/12/2011

日本語の「生活情報紙」


4月の話だが、The Southern Journalという日本語の「米国南部の生活情報紙」の3月号を寿司屋で発見した。日本語の記事も日本語の広告も載っている「Japanese Community Paper」である。(英語のもあるが。)いいね、こういうのがここで入手できるってことが。ちょっと懐かしくもあるし。

7/05/2011

また、ChatPadを

2週間ぐらい前、見知らぬ相手とチャットできるChatPadというサイトを一年ぶりに使ってみた。日本語でチャットをする機会はあまりないが、けっこう楽しい勉強だ。ログインすると、とても優しい大阪の男性と長い話ができた。音楽をしている方で、なんてかっこいいね。楽しい会話だったので、お互いのブログのリンクまで交わした。

インターネットって面白いね。これもソーシャル・ネットワーキングの手段の一つといえるかな。

7/04/2011

中学校の国際交流の思い出話

2006年10月の晴れた日、僕はボランティアとして、岡崎のとある中学校での国際交流に参加させていただいた。(その日についてのポストは掘り出した。ほとんど英語だが。)

その時、(YAMASA以外の)日本の学校に初めて行っていた。そして、いくら日本に住んでいたとはいえ、日本人の子供とかかわるチャンスも経験もなかった。だから、当時の自分は、正直、けっこう緊張していたものだ。相手をしてくれた6人の中学生たちもそうだったかな。にしても、みんな、僕に優しくしてくれたよ。1,2時間ぐらい、英語と日本語の会話を楽しくし合ったね。(たしか、「ウィル・スミスに似ている!」と言われたっけ。いや、そりゃ違うさ。ウィル・スミスは僕に似ているってことなのさ。〈笑〉)

そうだった・・・あの日、遠い地方からお越しした数人の中学校の先生方も見物しに来ていたんだね。ますます緊張するわけじゃ・・・?

ってのを前置きにして、さっき、こんなものを久しぶりに押入れの中の箱から引き出した。



みんなが僕のために作ってくれた歓迎カードだ。あー懐かしい。いい子だったな。

あの6人はもう大学生になっただろうね。光陰矢の如き、というわけだね。みんな元気だといいね。

プール・パーティー

昨日、毎年恒例のプール・パーティーがElddonnemarの家で行われた。猛暑の中の水泳は気持ちいいもんだな。バーベキュー料理もしてもらったり、カラオケもちょっとしたりして楽しかった。しかし、野菜串揚げの先端の生ハバネロ・ペッパーを半分、口にしてのんだ僕は本当に馬鹿だった。何考えてた。不愉快な自虐だ。(今なら笑えるけど。)これから気をつけよう。

7/01/2011

1950年代の日本の映像

Japan Probeに、1950年代の日本旅行の映像が載っていた。
60年前の日本の紹介であり、京都も東京も名古屋も映っている。
観ていると、昔のあの日本にタイムスリップして見物したくなるね。
【注】旅行していたのはアメリカ人で、解説はすべて英語でござる。

6/30/2011

寿司屋での心の癒し方・・・の巻

【自画】寿司屋にて

今日の仕事帰りにまた、気に入った寿司屋に寄っちゃった。
とても居心地がよくて、自分のオアシスになっているお店だ。
一人で行くといつもこんな感じ。不思議に癒されるなぁ。〈笑〉

6/27/2011

6月末のカラオケ会

昨日、日本語会の今月のカラオケ会に参加した。前回会った人も日本から引越ししたばかりの人もいて、日本の音楽を一緒に歌いながらまた楽しい夜が過ごせた。歌いまくったなぁ。(そして、初めてサザンの「唐人物語」に紹介してもらった。いい歌だ。)今回も知り合いのお宅だったので、高級な、本物のカラオケボックスみたいだったよ。日本の最新曲はないけど、部屋が広いし、音質もいいな。じゃ、次回の練習をしておかないと、ね。

Satsuma

ヒューストンにSatsumaという小さな道がある。この間、車で通ったらSatsumaって、すごく日本語っぽくて人名とかじゃないかなと思った。なにか歴史があるかもしれないと、調べることにした。

そうしたらSatsumaというのは・・・なんとミカンだった。聞いたことないよ、そんなの。

それに、米国にはSatsumaという都市が4州にもあるらしくて、Satsumaという名は日本の薩摩国からだそうである。

6/24/2011

Toulambi族

現代の社会から隔絶して暮らす、パプアニューギニアのToulambi族は1976年に初めて白人と直面し、そして僕らの世界のありきたりと思われる技術にも初めて触れた。その時の動画は下に載っている。僕にとって、まさに必見の動画で、感銘に値する。



僕らは毎日、何とも思わず鏡やナイフを使っているのが、昔には無かったものだ。(無論あたりまえのことだが。)葉に包んだ鏡をおそるおそる見ては目を逸らすシーンや、録音された自分の歌声を初めて聞いて驚くシーンを見ていると言葉にできない思いがしてならない。「人間」「文明」をも、僕ら人間がお互いに解り合おうとする大事さをも考えさせる動画でなくて何だろう。伴って、そうしない人間の愚かさも。

6/21/2011

灼熱にもかかわらず公園散策を敢行!

昨日(日)はヒューストン市に隣接するシュガーランド市のある公園に行って、灼熱の中の長ーい散策をした。自然のあるトレールを歩いたから写真も撮りながらゆっくりと歩いた。暑いけど、あ~気持ちいい。トレールからちょっと離れたところに人家が時々あるが、ひとけのあまりない静かな場所だ。もちろん、イヤーフォンで聴いているのは日本の音楽だ。まるでココを離れて日本で散策しているかのような気分にもなった。懐かしい気分になっちまって。

写真を取り巻くって、周りに誰も居ないのを確認して聴いている曲の歌詞を時々口にして楽しく歩いていたら、トレールが急に道路の歩道で終わる。げっ。ループだとばかり思っていた。どうしよっ。

「左のほうへ道路沿いに歩いていけば、ちょっと遠いかもしれないけど、トレールの始まるところか公園の出入り口に辿り着きそう」と思って、道路の歩道を歩くことにした。つまり、「迷おう」もしくは「迷いそうになろう」としたわけだ。とはいえ、意図的な小さな迷いだ。岡崎に住んでいた頃、こういうのをし始めたんだ。知らない道を散歩して、日ごろ見かけないところを見物するというのは面白いと思うから。(どこで散歩するかには随分よるんだけどね。)だから、少しは迷ったって、だいたいどの方向を歩けば戻れるかさえ知っていればいいんだ。さ、上を向いて歩こー。

トレールの始まるところに辿り着くのは時間が予測以上にかかったけど、無事に着いて公園の入り口まで戻れた。よかったな。

ちなみに、トレールの途中で、下のムービーに映った場所も歩き通った。熱風に吹かれながら10分ぐらいここで休憩して、風景を眺めながらちょっと充電できた。


あれ?ゴミはそんなにあったっけ?気付いてなかった。

合計、2時間の散策だった。
帰ったらすぐシャワーを。
やっぱあっつ。

写真も載せさせてもらうね。



散歩のわりに冗長ですんません。

6/20/2011

そんなときにお辞儀を?

一週間ぐらい前に近くの公園でジョギングしていると、犬の散歩をしている男の人が前から近づいてきた。すれ違うところ、僕は声をかけて軽い挨拶しようとしたが、走っている自分は疲れていて声があまり出ないのだ。そこで、思わず走りながらの軽いお辞儀をしてすれ違った。すぐすれ違ったものだから、あの人はどんなリアクションをしたかわからないが、たぶんちょっと驚いたね。(しかも、アジア系の人ではなく、中年の白人だった。)反射的にやったものだからしょうがないが、ちょっと小恥ずかしかったな。ヒューストンではお辞儀はしないのだぞ。

6/15/2011

KanayamaでJapanese Meetupの会

今晩はJapanese Meetupという会のメンバーと、すごく久しぶりに夕食をとった。場所は、自分が行ったことのないKaneyamaという和食レストラン。参加した人が多いため、皆が2組に分かれて、僕は南米の国の男性とベトナムの女性と小さなテーブルで食べながら楽しい日本語の会話をした。(他の人も僕らのテーブルに来て会話してくれたりしたけど。)いい経験だったので、もっと近いうちにまた参加しようかな。(Kaneyamaにもまた行きたい。)

YAMASAの友達との国際電話

先週末、また2人のYAMASAの元クラスメートに電話した。近況を話し合ったりちょっと昔話もしたりできて楽しい電話だった。2人もアジアに住んでいて、お互いに声を聞くのもすごく久しぶりのことだから、いくら時間が経っても距離があっても僕らの友情の絆はまだ昔のままだなと痛感した僕だ。(センチメンタル過ぎる?)

次に電話する友達はもう決めてある。覚悟したまえ。

6/14/2011

2011年の初Galveston

快晴の昨日(日)の午後、数ヶ月ぶりにガルベストンに行った。

一時間弱ぐらい運転して、Seawallの隣に車をとめ、そこで本を読んだり音楽を聴いたり大勢のカモメや波を眺めたり、そして、まどろみもした。果てしない青空に暖かい潮風。気持ちよくて、6時間もそこにいた。

帰りに、見かけたガルベストンのすし屋へ寄った。ふむ~寿司はおいしかったけど、もたもたしたサービスは気に入らない。

6/12/2011

日本語の、短い夢

起床する寸前、短い夢を見た。

僕が日本らしくない日本の電車に乗ったシーンもあったけど、よく思い出せない。次のシーンは、僕の立ち止まる小学校の前。その玄関に入って校内へ上がって入ると、ぺこぺこしながら「新人の英語教師」と最寄りの人に声をかける。そうしたら、その人は別の部屋へ指差して「はい、あちらへ」とか言う。僕を待っていたみたいだ。

礼を言って部屋に入る僕は、理由もなく(暗いから?)指差された部屋を通りぬいて次の部屋に勝手に入る。通りぬいた部屋と違ってこの部屋が明るい、そしてちょっと長い。右へ歩くと通りぬいた部屋のとなりにもう一つの部屋があって、40人ぐらいの人がパイプ椅子に座って喋ったり静かに待ったりしているのを見る。

皆は、どうやら僕が皆の前で自己紹介をするのを待っているようだ。そして、なぜか、僕の立っている部屋と40人の部屋の間に、閉まったふすまがあって、それは和紙ではなくガラスのふすまだ。自己紹介をし始めるところにリアルワールドの僕は起きて夢が終わったのだ。

今、気付いた。自分がどちらかといえば、起きて夢を忘れるタイプだ。なので、僕は前に日本語の夢を見たことがあるかどうかというと、答えは「たぶん」だ。でも、この夢で分かった。時々、見ているね、日本語の夢を。いいね。

6/10/2011

静かな夜

今日の帰りが少し遅くなったが、両親が出かけていたので一人の静かな夜を楽しむことができた。暗くした部屋でお茶を飲みながら、音楽をヘッドフォンで聴いてパソコンを弄って過ごしたが、いくら快適で静かな夜だって、やはりパソコンを弄ってばかりの夜はちょっとアレなんだよね。(僕にとってやりがちなことだけど。)どこかに出かければよかったかもしれない。でも、もう疲れた・・・

じゃあ、もう寝る時間だ。今晩はもう白旗を掲げて睡魔に降伏することにしよう。

川柳
最近は 雨降らず、余も 枯れ兼ねん

6/09/2011

中国語の漢字の読みとの戦い

今天我去了休斯顿的壽司吧.
(今日、ヒューストンのすし屋に寄った。)

你好(ニーハオ)、皆さん。中国語の勉強はあまり進まないが、今晩はその勉強に時間をかけた。やはり英語も日本語も両方わかっているのが役に立ちそうだが、一番困っているのは中国語の漢字の読みだ。日本語のと全然違うのがほとんどなので、中国語の読みを身につけたら日本語の漢字の読み方を間違えたり、だんだん忘れたりしないかな、という悩みを抱いている。忘れはしないだろうと思うが、やはり気になる。とはいえ、敢行するつもりだ。

6/06/2011

送別会のバーベキューパーティー

昨日の夜、日本人の友達が催すバーベキューパーティーに行った。これはヒューストンを出て日本に帰国する友達のための送別会。

一昨日、長引きやがる鼻風邪と激しい戦いをしていたから、僕は参加できるかどうか危うかったが、昨日はけっこう体調が良くなったので、いい気分で参加させていただけた。

パーティーの場所は、友達の主催者が住んでいるアパートの室外の、グリルやテーブルのあるスポットだ。開始時間は午後7時だから、そんなに暑くはないわけだ。

知っている方は半分で、初対面の方も、もちろん半分いる。みんな優しくて、すぐに仲良くできる人ばかり。うまいバーベキューを食べたり、アルコールも飲みながら、いろいろなことを話して、一晩中、楽しい会話を堪能した。広島のお好み焼きの抜群の美味を知らされたり、いまいちな英会話先生になったり、面白い日本語(たとえば山ガール)などを教えてもらったりして、本当に楽しかった。

だが、わいわいしているうちに向こうの闇から突然、警察官二人が現れて「誰かから苦情の電話がありました。静かにしてください」とその中の一人が言い出す。あれ?気が付かないうちに、もう0時になってしまったんだ。そりゃ確かに僕らが悪いな。警察を呼んだ眠れないお前らの気持ちがわからんでもないぞ。

さてと、そろそろ解散だな。

・・・と思いきや、みんなが主催者の部屋に移動して、パーティーの続きをする。これは感心したなー。よーし、楽しい集いを続行!

というわけで、パーティーは朝4時まで続いた。(帰りはけっこう眠くなったなぁ。)昨日はかけがえのない思い出になった。皆さん、どうもありがとう。

(そして、Eちゃん、日本でがんばってね!)

ジャパニーズ・アートカー


載せ忘れてた。
この間、Sushi Jinを出たらこんな車が駐車場に止まってた。
ヒューストンにこんなジャパニーズ・アートカーがあったとはね。

6/05/2011

鼻風邪

僕は最近、鼻風邪をひいていて、昨日、その風邪が急に悪化してしまった。風呂に長く入って上がったら気分がよくなっていたが、しばらくすると眠れなくなるほど気分が悪くなり、機嫌も悪くなった。長引くこの鼻風邪がもう治ってほしいな。(今朝はかなりOKだけど。)

6/01/2011

Froseph



何か描きたいと思ったのだ。
で、久しぶりの絵です。

彼の名はFroseph。
AfroとJosephを一緒にした名である。

って、時間を無駄にしてゴメン!

ハリケーン・シーズン

明日はハリケーン・シーズンが始まるらしい。今年のハリケーンは例年より多くて、大きなのは3つ~6つほどあるとされている。2008年のハリケーン・アイクほどにならないといいね。あの時、ヒューストン大学のキャンパスもめちゃくちゃにされたね。

5/30/2011

4連休が続く!カラオケとテニス

4連休2日目(土)の夜は、知人のお宅でカラオケをした。大きなメディアルームに、お店のカラオケボックスにありそうなでかいカラオケ機も、音質のいいスピーカーもあって、広くて高級なカラオケボックスにいるかのような素敵な部屋だった。友達になりそうな人も集まっていて、一緒にわいわい歌いながら遅くまで楽しい夜を過ごした。ちなみに、僕の「津軽海峡・冬景色」のパフォーマンスはけっこう褒められたぞ。

3日目(日)の朝は3回目のテニスに行ってきた。普段はみんな毎週やらないと聞いているが、最近はなぜか毎週やっている。ま、僕にとって毎週やってもいいと思うけどなぁ。テニスの調子は先週より悪かったのがちょっと残念。ちくしょ。でも、休みの時間はみんなの写真をけっこう撮りまくった。その後は一緒にトルコ料理のお店で食事をした。(そこのパンはおいしいぜ。)みんな優しい人だから、このように仲良くできて嬉しく思う。来週もバーベキューパーティーだって。楽しみだな、それは。

早口の津軽弁


静岡県浜松市のある遊園地で、早口の津軽弁を喋るスタッフがいるらしい。すごいです。
(Japan Probeより)

5/29/2011

ジョギングした

4連休2日目。

今朝、一ヶ月ぶりのジョギングをしてきた。運動して体を動かすことはやはり気持ちいいね。これからも一生、運動をし続けたいものだが、一人じゃなかなか難しいのがだんだん分かってきた。家族や友達と一緒にやったほうが楽しいし、しやすい。いつか誰と付き合うことになったら運動好きな娘がいいと思うなぁ。支え合って楽しい健康維をしようってさ。

いつまでもぴちぴちでセクシーなままで長生きしようぜ、ベイビー。

5/26/2011

Peeping Life



Peeping Lifeというシリーズの一つです。ワロタ。

5/25/2011

我正在開始學中文。

我正在開始學中文。

昨日、僕は中国語を勉強し始めた。
中国語を学ぶきっかけは、といえば・・・
実はいろいろある。

台湾人・香港人・中国人の友達は少なくない。
中国人の親友がいて、よく漢字や日本語と中国語との
違いについて一緒に話す。彼女は手伝ってくれるらしい。
そして、他に中国語を学びたがる友達が2人、近くにいる。
それに、夏休みに入った頃だから時間がある。
せっかく身に付けた日本語も役立ちそうだね。
英語をも日本語をも通して勉強中です。

でも、ご心配なく!
日本語の勉強をこれからも全力で続ける意向だよ。休みもしない。
中国を勉強するといっても、ほとんどの言語習得エネルギーを
今までと同じように日本語に費やしたい。
中国語はもっとゆっくりと勉強しようと思っている。
この努力は将来につながるかもしれないと思うんだ。

中国語の勉強について時々書いていこうと思っている。
日本語を通して中国語を学ぶなんて面白そうな体験になりそうだ。
きっと日本語を新たな角度から考えられるようになると思う。
中国語で台湾と香港の友達とコミュニケートするのも楽しみだ。

5/24/2011

国際電話で友達をびっくりさせた

先週日曜日は台湾の友達の誕生日だった。YAMASAで一緒に勉強した友達で、最近あまり連絡しないので、びっくりさせようと思い、Skypeで国際電話をかけてみた。

最初は別の友達と間違えられたらしいが、確認するために「僕は誰だかわかるかい?」と問いかけると、彼女は一瞬黙って

お父様~~!」

と今にも泣きそうな声で答えてくれた。(このブログを比較的に最近読み始めた方は知らないだろうが、YAMASAで拙いこの僕はそう愛称されていたよ。)

残念ながら彼女はなんかの途中で長く話せなかったけど、久しぶりに彼女の元気な声が聞けて嬉しかった。

YAMASAのクラスメートの友達はみんな、とっくにヤマサを出て、バラバラになってしまったけど、あまり連絡できなくても友情の絆は未だにそのまま保たれているのではないかと実感した。(連絡も大事だけどね。)

5/23/2011

長年の絵日記



竹浪さんという年輩の方は60年間近く絵日記を描いていらっしゃるそうだ。2000ページを超えたこの日記には、昔の日本の日常生活だけではなく、第二次世界大戦後の日本の発展も描かれている。国宝ではなくて何だろう。出版されたら読みたいね。

このビデオを見て描きたくなった。そういえば、最近、ペンタブレットは全然使っていないんだ。じゃあ、夏休みだし、どうでもいい漫画をまた描こうと思う。

5/22/2011

テニス部の活動

今朝はまたテニスをしてきた。というか、誘いのメールの最初に「テニス部の皆々様」と書かれていたわけで、入部届けを提出せずに入部してしまった僕は「テニス部の活動をしてきた」とでも書くべきかな。〈笑〉

やる場所は同じだが、参加する人は先週と半分ぐらい違う。驚いたことに、一人は一年ぐらい前のカラオケ会で初めて会った人。偶然の再会にビックリした。

僕のテニスの調子はといえば、先週と比べれば少しは良くなったような気がする。空が曇っているおかげで、太陽にそんなに照らされずにテニスができたからかな。そして、今回もけっこう疲れたのに、筋肉痛はまだ無し。だが、明日になればどうなるだろうか。

Update: 「明日」という今日は大丈夫!いいね。

5/19/2011

一休さん


ちょっと昔の『一休さん』というアニメのOPテーマ。初めて見るね。

5/18/2011

成績が出て安心した

先学期の成績が予想以上によかったのを知り、やっと安心できた。僕の夏休みが本格的に始まったって感じだ。これから、学業による精神的な疲れが取れるようにゆっくりしたいなぁ。仕事もあるけど。

5/17/2011

錦天満宮前

錦天満宮 | Nishiki-tenmanguu
京都市の錦天満宮前で撮った写真。もう一度京都に行きたい!

5/16/2011

テニス

日本人の友達に誘われて、土曜日の青空の下で、久しぶりのテニスをした。日本人6人が集まって一緒にやった。(勝負ではなく、ただボールを楽しく打ち合うだけ。)僕は中学のときに体育の授業でちょっとやったことがあるけど、テニスとの縁はそれっきり。最初はまあまあサーブを打ったりできていたけど、だんだん疲れて自分もびっくりするようにど下手になってしまう始末・・・恥ずかしい。20年ぶりのテニスだから一時間半ぐらいやっていて、体の限界に達してしまったのだろうか。経験した覚えのない、体中のこの筋肉痛も運動不足の証拠である、な。

5/11/2011

無事に学期末を迎えた

Williams Tower

やったー!ようやく春学期の幕が下りた。夏休みだあああああ!
ってことでありながら、なぜか実感はしないんだ。
仕事のほうがよっぽど忙しくなっている頃だからかな。
チームの人数が増えて、トレーニング係の自分は毎日、頑張っている。
仕事に専念できるのが本当にありがたいことだ。

(Original post date approximated.
Blogger lost my original date.)

5/08/2011

DEPAPEPE


DEPAPEPEにハマりそう。ありがとう、Tahhyさん。

5/06/2011

コードギアス 反逆のルルーシュ

さっき、『コードギアス 反逆のルルーシュ』という、4年前の人気アニメの続編の最終回を観た。棄てられて日本に住んでいる欧州の王族の王子が、妹が幸せに暮らせるように、仮面をかぶって皇帝の父の統治に逆らう、というなんて面白い物語。僕は近年あまりアニメを観ていないけど、このアニメは毎回毎回、面白い展開が続いて、最後まで楽しく観られた。お勧めです。

5/04/2011

体調を崩した

最近は勤務時間も増えたし、大学の期末活動にも感けているから、ストレスがたまって体調まで崩した始末だ。今週さえクリアできれば大学は夏休みに入って、僕は仕事に集中できるわけ。嬉しいことだ。

4/27/2011

先生に相談を

今朝のEntrepreneurshipの授業は最後だった。授業が終わったら、長年に亘って企業家をしている先生にアドバイスを求めた。僕はこれから企業家の道を歩んでみるべきかどうか、日本に戻るかどうかなど、いろいろ考え中だからだ。(もちろん日本に戻りたいという気持ちでいっぱいなのだが、経済的にはどうかと思い煩っている。)日本で企業をするという手もないわけでもないが、外国人の僕にとってはなかなか難しい手では?

先生がしてくれたアドバイスの中で一番心に響いたのは、「どうしたいかは、もうちゃんとわかっていると思う」。そう言われた僕はちょっと考えて「そうかもしれませんね」と言い返した。僕の冗長な話を聞いた先生が出してくれた結論の一部で、簡単なことに聞こえるかもしれないけど、考えさせる一句だったよ。

ありがとうございました、先生。お世話になりました。

4/26/2011

裸の銃(ガン)を持つ男

最近、Yinamotoさんが『裸の銃(ガン)を持つ男』という2001年のアメリカの映画についてのブログを投稿した。日本語のボケとツッコミに関して参考になる投稿で、そして、もう一度その映画が観たくなったわけだ。このシリーズは日本にも有名かな。

4/25/2011

祝!九州 九州新幹線全線開CM180秒


気持ちを良くするCMだね。聞いたところによれば、この新幹線は3月12日に開通されたが、東日本大震災のため、このCMの放送が停止になっていたが、1ヶ月して再放送を望むような声が上げられ、再放送が実現したらしい。

あと少し

宿題と戦っている真っ最中。やる気はゼロ・パーセントに近い。
今学期はあと少しだけだから、今ベストを尽くさなければいけない。
最後の気合を入れて今学期をクリアしてみせる。

4/24/2011

Houstonで旅行?さ、電車に乗ろう!

先週の快晴の日曜日の朝だ。風もあって気持ち良さそう。

なぜか電車に乗ってどこかへ行きたくなるなぁ。

という訳で、僕はヒューストンのMETRORailという路面電車に乗ってダウンタウンまで行くことになった。(駅までは車で行って、その点でちょっと違和感を感じたが。)METRORailに乗って2回目。前回の乗車は5年以上前で、METRORailが完成したばかりの頃だ。(当時は車との事故が多かったものだが、もう大丈夫みたい。)

ヒューストンにこんな路面電車が存在するといっても、まだ未完成な状態で、電車が走る路線は『赤線』というたった一本しか存在しない。残りの数本の路線は数年後に完成するらしい。

もういいんだ、そんな話は。さっさと電車に乗ろう。

カメラを持って乗車する僕は、まるでヒューストンを飛び抜け、どこかの遠い地域で旅行でもしている観光客のような気持ちで行くことにした。見慣れている街なのに、初めて見るような新たな目で見直そう、と。


METRORailは5年以上もヒューストンで運行し続けてきたというのに、電車自体が予想したより綺麗。他に乗客者があまりいないので、静かな運行・・・のはずだが、電車の音がかなりうるさくて、それに滑らかな乗り心地でもない。

とはいえ、なんだか楽しい。窓から眺めているのは普通のヒューストンの町並みだが、なんだか楽しい。めったに行かない地区だし。

終点であるUHダウンタウン駅で電車から下車し、しばらくぶらぶらと歩き回る。目的地はないが、小さな公園を見つけたので、ベンチに腰を下ろす。ポッドキャストを聴いたり本を読んでいるうちに、うとうとし始める。

いつの間にか、ついにまどろんでいた。

気が付けばそろそろ帰宅する頃だ。最寄りの駅で次の電車に乗車するとびっくり!前の電車にはあまり誰もいなかったのに、今回は人がいっぱいいる。何故だろう。

そのまま出発の駅に戻り、車に乗って帰宅した。本当に旅行したかのように疲れた!

たまには自分の住んでいる街を観光客の気持ちで旅行するのはいいことだね。

4/19/2011

地震のバカヤロウ!

全くの同感 地震のバカヤロウ

東北の大地震が発生した次の朝、大阪の道を歩いていたらこのメッセージを発見。
まさにその通りだとしか思えない僕は立ち止まり、かしゃっとシャッターを切りました。

4/17/2011

振り返ろう!今年の日本旅行その1日目

宇宙を経由して来日をする旅行の話は少ししかしていないことに気付いていながら慌しい毎日を送っている。そろそろ旅行の話を少しずつしていこうと思っている。

ご存知の通り、僕は巨大地震の前の夜に東京に到着した。(飛行機の中は、左が空席で右が通路なので今まで一番快適な飛行機の経験だった。)

成田空港からはスカイライナーで。まずはヒューストンで初めて知り合った日本人の留学生のAIKOさんという友達との食事。ちょうど彼女がヒューストンから日本に引っ越す頃だから、友達との別れの切なさを抱きながら楽しい会話を交わしながらおいしい夕食をとった。ありがとう、AIKO!楽しかった。

次は泊まる場所へと。だが、道が分からない。去年と同じく山本家に泊まる予定だったが、駅からの道をよく覚えていない。しかも夜だ。去年、大きな道を歩いていったのは覚えているが、どうやって探せば?AIKOさんの携帯電話を拝借してMrs.山本(別称はM-Girl)に電話したところで、あの大きな道が「春日通」ということが明らかになり、「じゃ、なんとかするから」と僕は電話を切り、重いスーツケースを引きずりながら重いリュックを背負いながら、こんなちゃらんぽらんな思いで春日通を歩き出した。通りの名前さえわかっていればなんとかできるだろう。歩いていれば道を思い出すはずだ、と。もし迷ったとしても、涼しい夜の東京の道路を歩いていて、それで楽しいじゃないかと思っていたのだ。

その曖昧なナントカというのは結局、数台のタクシーの周りに集まって喋っている運転手のおじさんたちに声をかけて道を尋ねるという形になった。久しぶりの生日本語のチャレンジに、おじさん達に近づく僕はワクワクしている。声をかけてみた。

そうしたら、春日通が近いぞと方角を指差して教えてもらった。ありがとう、おじさん達。本当に助かった。春日通の大きな交差点を確かに覚えているし。

その後は無事に山本家に辿り着いた。もう、荷物が重くて疲れた。

長距離飛行後のシャワーをゆっくりと浴び、Mrs.山本ともう一人のYAMASAの元学生と会話をし、日本旅行の一日目が楽しく終わった。(とはいえ、午前1時に静かな台所でヒューストン大学のネット上の試験を受けなければならない。受けたのだが、ちょっと大変だな、それは。)

次の日は大阪へ向かう予定。
それに、次のは東北地方に地獄が訪れてしまうのだ・・・。

4/12/2011

2011年のヒューストンの日本祭

先週末、ヒューストンのハーマン公園で、今年の日本祭が行われた。

土曜日の午後の晴天の下で、参加した僕は例年通り複雑な気持ちを抱いて参加したが、湖のほとりの日陰に腰を下ろして木に寄りかかって読書したり、友人と会って一緒に喋りながら歩き回ったりしたことで気持ちがぐんと明るくなった。あ~風も気持ちいい。

災害救済の募金活動を行うボランティアも結構いた。日本よ、ヒューストンからの応援のエールが届くように願ってるよ。

4/08/2011

しゃべり場わいわい

さっき、FM岡崎のライブ中継を見ていたら、僕が司会を務めさせていただいた『しゃべり場わいわい』という番組の思い出が溢れてきた。なつかしいなぁ。今の番組表に目をやったら番組の名前が載っていなかった。もうなくなったかな。もう一度やってみたい。

3/30/2011

地震の発生時に僕は・・・

大地震の時の大阪市

This is where I was when the big earthquake hit.
I just wanted to make a note of that, for some reason.

大地震が起きたとき、僕は写真に写ったところにいました。
そんなとんでもないことが起きていても、当時は全然知りませんでした。

3/25/2011

言語を超える会話 国際的コミュニケーション

東日本は現在、巨大地震や津波や原子力発電所の問題によって非常に大変な時期を経験しています。しかし、50カ国以上から支援の申し出があることに私は感動しました。この世界に、助け合おうという国際的な協力の意思がもっとあったらいいなと心から思っています。

ここで、下のビデオを紹介したいと思います。私を含めて4人組のチームが作った大学の授業のプロジェクトです。テーマは「国際的なコミュニケーション」で、登場する四人の言語がそれぞれでも不思議に解り合って会話がどんどん進んでいくという設定です。かなり出来の悪いビデオです(すみません)が、ぜひご覧ください。英語の字幕も日本語の字幕も用意してあります。(ビデオの真下のCCボタンで変えられます。)


直接、YouTubeでもご覧になれます。


話されている言語は英語・トルコ語・日本語・ウルドゥー語(パキスタンの言葉らしい)の四つです。私たちの言いたいことが伝わっているかどうかよくわかりませんが、簡単に表すなら「言語や文化がいくら異なっても皆同じ人間である」です。人間はいつになったら偏見や貪欲を棄てて解るでしょうか。あの日が早く来るように願ってばかりいる私たちですが、非常に困難な時期に陥った日本が世界の人々からの支援や熱い励ましのエールをもらっていて、私たちも心が温まったわけですね。

最後に、皆様、そしてご家族やお友達もご無事でいらっしゃるように願っております。
にっぽんよ・・・がんばれ!!世界が応援していますよ!
東京を出発して日本を眺めていた (Staring Out)
東京を出発して日本を眺めていた | Staring Out At Japan After Leaving Tokyo

3/24/2011

眠れない夜

地震の前に、東京を出発 (Leaving Tokyo)突然に起きて二度と眠れない真夜中の2時。この前も同じことがあり、寝るまで金融についてのポッドキャストを聞くような対策を使っていた。これはきっと時差ぼけの影響に違いない。明日の午後の授業は辛そう。

ヒューストンに帰ってから、仕事にかまける毎日を送っていて、毎晩の帰りが遅い。自分が学業をそっちのけにするほどなので、気をつけなければならないと解っているものの、仕事のほうがずいぶん楽しくて面白いので、つい学業をそっちのけにする癖が出るわけだ。危ない。最近入った新しいチームメンバーもいたり、不動産に用いるいろいろなドキュメントを作ったりしていて忙しいなぁ。週末も仕事や宿題に時間を費やさなくてはいけなさそうだが、ワシントン州から韓国人の友人が遊びに来てくれるのが楽しみだ。

帰ってから全然ジョギングはしていない。(だからこそだるいわけ?)時間はまだ出来ていないんだ。明日はできるかもしれないけど。よーし、いこう。

じゃ、落ち着いたら、旅行についてゆっくり書いて写真を載せたいと思っているので、お楽しみに!

3/23/2011

京成上野駅に到着 (Arrival at Ueno Keisei Station)
My arrival at Keisei Ueno Station in Tokyo.
東京の京成上野駅に到着したところです。

3/22/2011

Representin' my homies on the Left Side

When I began to drive off to work, I found myself driving very deliberately on the left side of the roadway within my apartment complex, like it was the most natural thing in the world. Fortunately, I noticed and corrected this after just a few seconds. It was an amusing, and slightly unnerving, experience.

日本から帰って思ったこと

その① 日本の顧客サービスは比較的に優れていること。去年もアメリカに帰っていたら思ったことがあるのだが、昨日デトロイトの空港に着いて、空港内の店でお土産を買いに行った。すると、僕がレジの左側のカウンターのガラスの中を見ているのに対して、カウンターの後ろに立っている二人の店員さんは何もしていないのに声をかけない。ちょっと、無視してんの?「よし、決めたぞ」という姿勢のつもりで立ち上がってみよう。店員さんのほうを見て長い数秒を経るだけだ。結局、初めて話しかけたのはなんとこの僕。せめて僕の存在ぐらいを認めろよ、お前ら。

その② アメリカ人に電気をもっと大切に使ってほしいこと。これも前にも何回も思ったことがあり、そして日本人にも当てはまることではないかとは思うのだが、アメリカ人は電気を浪費するのが日本人よりかなり多いように思う。たとえば、今晩オフィスを出ようとしたら他に一人もいないのに、ほとんどのオフィスの電気はまだ付いている。もったいないじゃない!それに、すぐ戻るからと思って、テレビの電源を入れっぱなしにして家を出ていく人も僕の周りにいる。それで・・・「もし世界中の人々がまじめに協力して一丸として地球の資源を節約しようとしたら、減っていく一方の地球の資源にはどんなに困らずに済めるだろうか」と思わずにはいられない僕である。

その③ やはりヒューストンはHOMEだから、心底までリラックスできるものだよなあ。
出発!日本へと!
旅行の始まりであった朝。 | The morning of my trip.

3/21/2011

Exaggerated radiation dangers

I've been hearing that many foreign news outlets are inducing radiation panic throughout the world, leading to many foreigners to abandon Japan and sending many people around the world flocking to buy iodine pills (which ostensibly help reduce the effects of radiation).

Well, here's a bit of sensibility from the WHO via NHK World English:
The World Health Organization has said radiation levels outside the evacuation zone in Japan are not harmful for human health.

The Japanese government issued an advisory on Tuesday to evacuate from a 20-kilometer radius of the Fukushima Daiichi nuclear power plant. It also told people living within a 30-kilometer radius to stay indoors.

He said the amount of radiation being reported outside of the evacuation zone continued to be below the levels considered a public health risk.

He said the WHO finds no public health reason to avoid travel to Japan, except to the affected areas, or to recommend that foreign nationals leave the country.
I can understand the concern about the radiation, but let's not exacerbate the problem by panicking over misinformation and let's not forget about the areas and lives destroyed by the earthquake and tsunami. According to the BBC, at last count there were over 20,000 dead or missing and cities have been destroyed.

ただ今!ヒューストンにいるよ。

ヒューストンに帰っている。
今晩は自分のベッドで寝られる。
久しぶりの自分のベッドって最高。
気持ち良さそう・・・。

アパートに帰ったら両親に旅行の話をして、
母の作ってくれた晩ご飯を食べて(旨い)、
そしてカラオケの送別会に行ってきた。

明日は出勤するつもりなので、もう寝よう、と。

これからは時間がある時に旅行の写真や感想を
書こうと思っている。お楽しみに!

デトロイト空港にて

ただ今、デトロイト空港に到着し、日本の音楽をイヤホーンで聴きながらヒューストンへの便を待っているところだ。相変わらず複雑な気持ちを抱えて日本から出国した。(日本の音楽を聴いているとますます・・・。)

でも、ヒューストンに住んでいる日本人の友達が今週日本に帰る予定なので、今夜、数人の友達がSushi Jinで集まって送別会を催すことになり、そのときヒューストンに帰ったばかりの僕も参加する。カラオケをわいわいしよう、と。疲れているかなあ。

3/20/2011

成田空港にて

今、成田空港にいる。もうすぐ米国へと向かう飛行機に搭乗するところだ。無事に空港に到着できるかどうかかなり心配していたが、問題なく辿り着いている。本当に良かった。

夏の筈だった旅行を突然早めた僕なのだが、日本滞在中に日本がこんな酷い目に遭うとは夢にも思わなかった。幸いなことに、僕は大阪地方と岡崎地方を巡っていたから、無事で済めた。

地震や津波による影響が東京にまで及び、僕は予定通りに成田空港から帰国できるかどうかさっぱり解らず念のために上京を早めざるを得ないかなと焦ったり、泊めてくれる筈だった東京在住の友達が会社の命令によって出国したところで東京の泊まる所も急に無くなったりの不安感やストレスを抱えながらの数日間もあったが。なんて長い文だ。すまない。

でも、友達のおかげでなんとか成田空港に早く来ており、円滑に帰国できそうな状態の中。感謝、感謝!

それに、わざわざお時間を作って会ってくれた友達にも、当ブログに役立つ情報を載せたり僕の安否を確認したりしてくれた方にも感謝しているよ。皆様のおかげで、また充実した旅行ができたように思っている。一生忘れられない経験だよ。

旅行を2,3ヶ月ぐらい早めたせいで、次の来日は今から一年後以上になりそう。日本よ、また離れていなければいけないのだが、また遊びに行くから、どうも僕のことを忘れずに!

3/18/2011

Japanese engineering

From Harper's Weekly Review:
The earthquake, the strongest ever recorded in Japan, moved the country's main island by eight feet and shifted the Earth on its axis. Japan's stringent building codes, which require hydraulic shock absorbers and giant rubber pads at the foundations of skyscrapers, were credited with saving countless lives; in Sendai, a city of a million people near the epicenter, no buildings had collapsed during the earthquake.

3/17/2011

Update

After losing my schedule accommodations in Tokyo and hearing conflicting reports about whether I can get to Narita Airport and whether Narita is even in operation, I was somewhat stressed out about what I was going to do, but things have calmed down and I've gotten some information indicating that I can proceed to Tokyo as planned, though I'm allowing some extra time for dealing with an impaired transportation system. As long as things stay stable for the next three days, I can get back home without incident. I just want to relax for the rest of this trip.

3/15/2011

静岡の地震による揺れ

2231時に静岡県で6震度の地震があり、
岡崎では3震度だった。
ホテルが揺れた。
ちょっと・・・。

I experienced my first earthquake
on this trip a few minutes ago.
It shook the hotel I'm in.

3/14/2011

ホテルの温泉初体験

【日本時間 14日(月)日の出前】 昨日の話です。

僕が泊まっているホテルには人工温泉が設えられている。去年は入らなかったので今年こそ入ろうと決意した僕は、チェックインする時にフロントの女性に温泉の正しい入り方を尋ねた。(僕は岡崎の銭湯に入ったことがあるが、「温泉」という名がついたところの入り方が違うかどうかわからないし、4年前の体験で詳しいことは覚えていないんだ。)フロントの女性が親切に教えてくれた。別に難しくはないね。でも間違えたら恥ずかしいし、温泉を楽しもうとする周りの方に迷惑にかけるかもしれないので、ちゃんと教えてもらってから入ろうと思って。

1630時に温泉が利用できるようになり、1635時に浴衣を着た僕は温泉ののれんをくぐった。スリッパを箱に入れて進むと、次の部屋には流しと温泉に続くドアもある。温泉に除いてみたら、日本人のアラサーの男性が一人入っている。僕らは短い挨拶を交わした。

そして、僕は聞く。「あのー、温泉に入りたいんですけど、浴衣はどこにおけばいいんですか」、と。温泉の部屋の床が濡れているからな。

流しの部屋にロッカーがあり、そこに入れるんだって。本当だ。ロッカーに気づいていなかった。ちょっと恥ずかしい。じゃ、脱ごう。

僕は服を脱いで、温泉の部屋に入り込んだ。まずは体を洗うのが常識であるのを思い出して、洗うところの椅子に座った。日本人の男性も温泉から上がり向こうの洗うところで体を洗っている。僕がお湯が出るのを待っているに対して男性が「まだ水でしょう」と話しかけてくれる。お湯になるのには時間がちょっとかかるらしい。

それから、僕らは温泉に入ってからも続いた長い話をし始めた。彼は金山から出張中のMさん。簡単な自己紹介をしてから、どこの出身かや、ヒューストンに何があるかや、どうやって日本語をそんなに身につけたか、などという会話をした。もちろん、巨大地震の話もした。とても優しい人で楽しい会話ができた。その後、Mさんの同僚のYさんも温泉に入って僕は少しYさんとも会話をした。

が、温泉はまさに熱い。過熱して頭がくらくらしそうだから長くはいられない。15かぐらいのところで上がって部屋に戻った。窓がすでに開いてるから、ドアを開けると涼しい風に包まれて部屋に入った。自販機の冷えたお茶も買って、しばらく部屋のベッドの上で京都で買った『涼宮ハルヒの憂鬱』という本を読んでゆっくりした。

いつの間にか眠りに入った。

So, I finally entered the manmade onsen in my hotel yesterday. I was pretty concerned about doing it correctly, so I asked the lady at the front desk for the correct way to use it. After getting the explanation (which really just consisted of "put on the pajamas and slippers in your room and then go down and enter"), I went down right after it opened so that I could get in before it got crowded.

There was one Japanese guy in there and, after introducing ourselves, we ended up talking at length about where we were from, what's in Houston (NASA), how I came to speak Japanese, and of course, the earthquake. He's from Kanayama, south of Tokyo, and he was a pretty nice guy. His coworker entered the onsen a bit later and I chatted with him a bit too.

All in all, a great experience, but I had to get out of the water after about 15 minutes, as it was seriously warm. It did feel good, though, and I felt refreshed yet somehow exhausted when I got out. I bought some tea, returned to my room (the wind from my open window felt fantastic when I opened the door), and lay on my bed reading The Melancholy of Haruhi Suzumiya, the first of a popular series of novels and anime. (I've seen the anime and was impressed enough to decide to buy the books when I came back here.)

A hour and a half or so later, I conked out.

3/13/2011

戻ったぞ、岡崎へ

先程、ようやく岡崎にたどり着いた。去年の旅行は2年も経ってからの来日だったが、今回は9ヶ月ぶりだ。だからこそ旅行している実感があまりしないわけ?

少し暖かい晴天の岡崎駅前。ホテルにチェックインする前に時間があったので、道を歩くことにした。交差点の横断歩道で待っていたら隣のおばあさんに「暑くなってきましたね」と話しかけてみた。そしたら、おばあさんが笑顔を浮かべて「そうですね」と、僕をちょっと不思議げに見ながら返事してくれた。ごく短くてもいい会話だった。

羽根食堂だったところを見に行った。本当につぶれたんだ。もう一度、羽根食堂で食べたかったなあ。今は中華料理屋になっているが、僕は入ろうとせずに道を渡りFukatsuに入った。親友へのお土産を買ってから、SeiyuのSugakiyaで食べることにした。牛すき焼き丼はおしかったが、若い女性の店員はちょっと無愛想だった。今、ホテルに戻ってゆっくりしているが、もうすぐホテルの人口温泉に入ってみようと思っている。

出たら感想を書く。

I'm back in Okazaki again. Somehow, it doesn't feel so much like being on vacation. I guess, due to the fact that I lived here for two years, I can relax here. And that's what I'm doing today. I walked around a lot of Osaka and Kyoto for the past couple of days and, while it was great, I could use some downtime. I'll be entering the hotel's manmade onsen pretty soon. I'll let you know how that goes.

3/12/2011

無事です

よりによって日本の観測史上最強の地震が起こる頃に日本にやってきたようですね。僕は現在、大阪にいて無事です。皆様、そしてご家族やお友達のご無事を祈願しております。

My, what a time to be in Japan. The earthquake occurred in the northern part of the country and I'm since I'm in Osaka, in the south, I'm absolutely fine. I hope that you and your loved ones are as well.

3/11/2011

Made it to Tokyo | 東京に着いた


I've arrived in Tokyo safely and without incident. It's colder than expected, and I'm more tired than expected, but all's well. I have to take a test online in about an hour, unfortunately (at 1 a.m. local time), so I'll be getting to sleep late, but I'm heading to Osaka tomorrow, so I should be able to sleep in the shinkansen, I think. (The ride is two and a half hours.)

無事に東京に到着した。予想以上に寒い、僕が予想以上に疲れている。でも、戻れている。(実感はまだかな?)あと一時間(朝の1時!)に、インターネットでテストを受けなければならないので、寝るのが遅くなるが、明日は大阪に向かう予定で、2時間半もかかるから、新幹線の中で寝られるだろう。

Hopefully I'll be able to write more detailed posts later. (Also, I changed the blog back to "Jonathan's Japan Journal" again, just as I did for my trip last year. Whooooo!)

歯ブラシを忘れたみたい・・・

3/09/2011

And then, 来日!

突然なニュースですが、来週は大学の春休みなので、
明日の朝7時半に日本に向かう予定です。
(春休みよりちょっと早いです!)
1週間半の3度目の来日です。
実感は・・・まだしないのかな。

今回も三河地方をメインにしますが、
初めての大阪や京都市にも足が運べそうです。

それでは、行ってまいります!
一応、去年みたいに更新を続けたいです。

So, I'm going back to Japan again, a bit earlier than planned.
This will be my third time to the country and I'll be visiting
Osaka and Kyoto City for the first time as well.

Let the fun begin!

3/01/2011

仁 -JIN-

昨日、2009年のTBSの連続時代劇ドラマ『仁-JIN-』の最終回を見た。最初から最後まで素晴らしいドラマだった。

設定はウェブサイトに書いてあるが、一応僕からも・・・。手術に失敗して好きな人を植物状態にして「もう二度と手術したくない」と自信を失った医者、南方仁がタイムスリップし、幕末の日本に行かされる。昔のその日本にいる南方仁は、坂本竜馬など歴史的な人物に出会ったり、「医術の針を進めたら日本の未来はいったいどうなるんだ」と悩んだり、そして何よりも自分がどうすれば好きな人の運命を変えられるかという重い苦悩と戦う。

好きになれそうにないキャラクターがとても好きになったり、物事が自然に流れるし、音楽もすごい。『仁 -JIN-』は「必見おすすめ」ぜよ!(昔の日本語に触れるのも面白かったじゃき!)

2/23/2011

元気が出るにぎやかさ

午後からなぜか機嫌が悪かった。大学から帰って「今夜は家に居よう」と思っていたが、友人2人に寿司を食いに行かないかと誘われて、「まあ、このままだと一晩中暗い気持ちのままだな」と僕は思って行くことにした。正解だった。にぎやかな寿司屋で、3人で話し合いながらおいしい寿司を食べたりお酒を飲んで、元気になった。友人に感謝してるなあ。

ちなみに、下に写ったものは話題になった。そのわけはおわかり?

2/21/2011

勤務時間UP

会社の話だが、上司が管理する大きなプロジェクトの幕がようやく上がったので、僕の勤務時間が急激に増えたのだ。それが最近、忙しくなったわけだ。僕もかなり重要な役目を務めるから、ちょっと大変にはなるかもしれないが、この仕事がかなり好きだし、お金も稼げるから、別に文句はないが、勤務時間が増えたので、学業に対するやる気をしっかりと保つことがより重要なことになったみたいだ。それは、「学業が仕事の邪魔だっ!」と心の中で駄々をコネたりする時があるからだ。両方が大事なので、ちゃんと気をつけよう。

2/17/2011

山口百恵のララバイ

今日は1930時まで働いた。疲れたー。帰りにiPodの「和classics」というプレーリストの曲を聴いていたら、山口百恵の『子守唄(ララバイ)』が流れた。この曲と夜のフリーウェイの涼しい風で、心が癒された感じ。曲は、山口百恵の主演する『古都』という映画の主題歌だったそうだ。曲を聴いて予告編も見て、映画が観たくなったわけだ。

でも、今夜は宿題に専念しなくちゃ。

2/13/2011

2011 World Almanac

今、近所の本屋にいる。

宿題をしているべきだが、2011 World Almanacという本を読んでいて目が離せないんだ。World Almanacというのは、いわば「去年の一覧」兼「世界の紹介」のような本のシリーズであり、1868年から毎年、新版が出版されている。

前半はアメリカを中心にする。昨年のニュース・経済統計・雇用統計・犯罪率・科学的進歩・宇宙の情報・芸能界のニュースなどの、さまざまな情報が要約して書かれている。それに対して、後半は世界の各国の紹介や世界歴史をはじめ、全世界の情報も入っていて、とても面白い。(最後にはスポーツの記録や選手などの情報もあるが、僕には全く興味なし。)

1000ページにわたるこの本を、僕は購入しようと思っている。久しぶりのWorld Almanacの購入で、読むのが楽しみ。世界の知識を深めたいと思うからには、この本が不可欠かもしれない。

僕らの住むこの世界は素晴らしいなぁ。

2/10/2011

忙しい一週間

Escapism

ちょっと慌しい一週間です。いろいろあって。でも、元気だ。
今のヒューストンは氷点下に下がっているよ。冬はまだ終わらないなぁ。
ちなまに、この写真は12月のもの。いい天気だった・・・

2/01/2011

『母の道、娘の選択』予告編

以下のビデオは『母の道、娘の選択』というドキュメンタリーの予告編。

The video below is the trailer for a documentary named Mother's Way, Daughter's Choice, which I'm very much looking forward to seeing. It looks fascinating.



このドキュメンタリーが、たまげるほど観たい。再びの日本生活に挑戦したいと決断した僕は「日本にいるのがつらい!」と思う日本人の意見をとても参考にすべきだ。日本生活のどんなところが良いか悪いかに関する知識を深めたい。(僕は日本に住んだことがあるといって、2年間の留学生生活をしたところで全貌をつかめたわけではないように思う。少しはわかったつもりだが・・・。)

ここヒューストンにも「日本よりヒューストンに住み続けたいなあ」と言う日本人の友人がいて、彼らとこういうお話をちょっとぐらいしたことがある。面白くて、とても参考になった。このように、人の意見・経験を聞けば聞くほど、全体像が少しでも把握できるようになると思う。そして、僕のこれから歩むべき道を決められるではないかとも思うのだ。

だから、どうしてもこのドキュメンタリーが観たいわけだ。確かに、日本人の女性に関するのだが、基本的な事は僕のような者にも当てはまるのでは?

期待しているが、どうやって観られるかな。米国上映はなんとフロリダ州のみらしくて・・・。ヒューストンにも観たい人はけっこういると思うのだが。

1/26/2011

新学期が始まった

先週、大学の新学期が始まって、僕はまた忙しくなってきた。話したいことがいろいろあるだから、短めに書く。
  • 『となりのトトロ』を先々週末、初めて観た。面白い映画で、なぜ名作になったかよくわかった。
  • 僕が11月にジョギングを始めたのを前に書いたっけ?今、5キロを走れるようになったので、5Kレースに参加しようかなと考え中。
  • かなり前に話したYukinoという韓国人の経営していた寿司屋が数ヶ月前につぶれてから、よく行く安い寿司屋がなかったけど、最近、Oishiiというところが見つかって、とても気に入ったんだよ。
  • 近頃、とても温泉に入りたくなった。
  • 今夜、2009年の『JIN-仁-』というドラマの第一話を観たんだけど、すごく面白い話だね。これからの話も楽しみにしている。
ー終ー

1/14/2011

Study tip: use 'em as you learn 'em

This morning, I'm here today with a study tip for you.

I use Anki as my flashcard system for learning and reviewing vocabulary. I have many cards (over 15,000) in my vocabulary deck and sometimes it feels a bit tedious to get through the several-dozen cards that I have to do daily. When it does, I spice it up a bit.

I do this by creating an on-going, rambling narrative in my head (sometimes spoken, for weird speaking practice) using the words as they appear. I don't worry about how crazy the sentences might sound. In fact, it's a good idea to encourage the insane narratives that come about. It's okay if things don't make sense and it's more fun if they don't.

Here's an example that I wrote down as I studied at Chipotle a few afternoons ago. The actual terms that appeared in Anki are underlined and written in the order in which they appeared.

整理清純された部屋が好きという公務員がいるよ。「私は修士だから言うことを聞け」と言っていたが、そういって後ろめたくなったみたいだって。鼻水を、を使って拭いたらしい。

This paragraph, when translated, comes out to this: There's a public official that likes highly organized rooms. He was saying "I've got a Master's degree, so listen to me!" But he apparently feels guilty about that. I hear that he wiped his runny nose on his sleeve.

Now, becuase I've used those words in sentences and can remember this paragraph as a mnemonic, I'm just a bit more likely to remember these words when they appear in Anki and when they come up in conversations.

Here are more examples:


割り勘で払ったんだ。たらふく食べちゃったからな。

犬のを持って引っ張るな!

麻酔上機嫌だよ。映画の予告編を見ながら食べて満腹になるまで食っちまって。こうすると英知が自然につくんだって。

あ~、なんで俺がこの羽目になんなきゃなんねーんだよ、ったく。ちゃんと交渉ができなかったからな。だからこそ、またしても、こんなわけのわかんねーことさせられてんだな。 (This one went on beyond its target terms because it was all too fun.)

申し訳ございません。それは対象外でございます。

家がぼろぼろだわ!まっしぐらに新しいのを買いに行かない?あ~、暗雲垂れ込めた

Sometimes, it's tough to link things together and you get a sentence or two, but that's enough, whereas I'm concerned. Give it a try. It might spice up your studies a bit and make some of your vocabulary words a bit more memorable.

FNN Headline News

I picked up a very good link this afternoon: Fuji News Network's FNN Headline News (multimedia link). It's nonstop news (with video!), which I think could make for great listening practice.

テレビニュース番組で使われる日本語は、硬いし、普段耳にしない漢語が多くて解りにくいのだ。だから、FNN Headline Newsというビデオのニュースフィードを見て聴解練習をしようと思っている。そうすればもう少しわかるようになるのかな。(こういうのは日本でもっとすべきだったね。)

Got any pointers to more video feeds like this? If so, let me know!

1/12/2011

「自分のせいだ」

今日の毎日新聞に『阪神大震災:4歳児の遺族「成人の晴れ着、見たかった」』という記事が載っている。阪神大震災によって身近な家族を失った方の話で、とても心を揺さぶる話だ。「自分のせいだ」と自分をずっと責め続けている方の話が特に気の毒だ。

地震って本当に怖い。地震を予知できる日はいずれ来るだろうか。

1/07/2011

勉強が終わると、なつかしい思い出

現在の時刻は0100時前。
たった今、今日の漢字勉強を終えたところ。
勉強した漢字は「徹」「衡」「微」「懲」「懲」など・・・
今日はかなり難しい字が出てきたね。

このように遅くまで日本語を勉強していると
日本語を習得するための岡崎生活を思い出す。
何回、夜更かしして机の前で日本語を勉強したことか。
僕の部屋の窓は普段、開きっぱなしで、
岡崎のきれいな空気を入れるようにしていたものだ。
(今もそうだよ。空調の空気より外の空気を好むからだ。)

Anyway, おやすみなさい。

感謝

今日、帰ったら、なんと3枚の年賀状も届いていた。
総計、4枚を送っていただいた。ほんまに嬉しいよ。
今年のお正月はちっと物淋しかったので、
年賀状を送ってくれた友達に感謝している。
もちろん、メールをしてくれた方にも大感謝してるよ。

1/04/2011

昨日は楽しい一日を過ごせた。

好天だったから、また田舎までドライブした。
車の中で、漫画を読んだり日本語を勉強した。
そして、久しぶりに友人のMikawa Ossanに電話をかけた。
かなり長い間、お互いの近況や昔話をした。会いたいね。

その後、帰りの途中、
「普段しないことがしたい」と思って、質屋に寄った。
見て回っていたら、よさそうなパソコン用モニターを発見。
けっこう安いし、30日間以内に理由を問われず返品できるので、
奮発して購入した。質屋に寄って得した!
(モニターの調子はとてもいいよ。)

夜は、友達のBlueSkyInTXと囲碁の対局をした。
囲碁はもう数ヶ月ぐらいやっていないなあ。
最初から激しい対局だった。 
そして、僕は大きなミスをうっかりして、
一斉、石を10個以上とられて、必死になっていたが、
運良く、 残りの領域を守り切れて勝利をおさめた。
油断大敵!

1/02/2011

恒心

新年の風 (New Year's Wind)

明けましておめでとうございます。

「いい気持ちで新年を迎えたい」ということを僕は言っていたものの、最近、訳ありで、本当にいい気持ちで迎えられるかどうかが危うくなっていた。だが、大晦日は親友二人と、テレビゲームとPCゲームを思う存分しながら話しまくって過ごして、予想以外の楽しい夜だった。特別なことをしなくても、親友のおかげで新年を笑いながら迎えることができた。よかった。

お正月の今日は涼しくて晴れていたので、公園に寄った。なんてすてきな風と日光。写真も撮って、上のはそのうちの一枚。

僕は元旦の抱負はいろいろあるが、その中の一つはもちろん、日本語をもっと鍛えることだ。日本語に興味があるといっても、米国生活をしていると日本語を使える場面がほとんどないものだから、長い間、こういう自学自習を続けるのは難しいことだ。いくら日本語勉強好きな僕でも、実際に日本語に触れることはめったにないんだ。だから、やる気があったりなかったりするリズムがあるわけだ。

でも、どうしても日本語力をキープしたい、という気持ちに変わりはない。だから、こんな波乱を突破するしかないよね。とか思ったり。

ほぼ毎日、語彙と漢字の勉強はしているが、会話力も聴解力も思っていたよりも弱まっていることに気付いた。いけない!外国語というのは、ありとあらゆる角度から勉強しないと包括的に習得できっこないものだ。そういったわけで、会話と聴解の練習ももっとしようと思っている。(ブログのポスト数もアップしたいんだよ。)

とにかく、今年も頑張るので、これからもよろしくお願いします!いつもありがとうございます。