1/27/2010

まだまだ若いゾ!

新学期が始まり、また繁忙な時期に入っている、ジョンです。そして、先週、誕生日を迎えた、而立過ぎのジョンでもある。誕生日お祝いとして親友から、ヒューストンのたった一軒の回転寿司屋で寿司をおごってもらって、とても美味しかった!

もうこんな年だけど、「えっ?!あなたはそれより十年下と思ってたよ」と言われたり、一人の女性の同僚に「うそ!22歳くらいと思ってたわ!秘訣は何なのぅ?」と尋ねられたりしているよ!安心したなぁ。まだ枯れていない、という証拠だ!と勝手に思うことにした。〈笑〉

1/20/2010

生活のリズムがまた変わる

明日、新学期が始まるので、僕はまた仕事と大学との両立で忙しくなる。複雑な気持ちです・・・。今学期も中級日本語を受けるけど、先生が先学期と違う方みたいだ。だから、授業のやり方とかがどう変わるか、ちょっと楽しみ。面白いことがあったらここに載せるよ。とにかく、頑張るゾ。

話が変わるけど、職場で二人のインターンがチームに入ったから、指導係の僕はさらに手いっぱいなわけだ。円滑に進めばいいな!

1/15/2010

あしたの、喜多善男 | Ashita no Kita Yoshio

This evening, I watched the final episode of Ashita no Kita Yoshio, a 2008 television drama about a man who decided to end his life in 11 days. It started out strong and stayed that way until the very end. The entire cast, the story, the music—it was all excellent. It's a definite favorite and is highly recommended. Japanese television needs more dramas like this. (Ohitorisama, on the other hand, despite some good elements, was average at the start and ended pretty abysmally.)

今晩、2008年の『あしたの、喜多善男』の最終回を観ました。11日後に自分の人生を閉じることにした男の最後の日々という話で、とても面白いドラマだと思います。キャストも話の展開も音楽も全部よかったですから、僕のおすすめですよ。日本テレビでこういうドラマがもっとあったらいいと思っていて、原案の諸説(自由死刑)も手に入れたくなりました。(その反面、去年末の『おひとりさま』は最初はまあまあ面白かったですけど、最悪な最終回で終わっちゃいました。)

1/11/2010

ジョンから、『じょんから女節』 | Yoko Nagayama's "Jonkara Onnabushi"

A friend of mine introduced me to the coolest musical performance that I've seen in a while by an artist that I've clearly not been paying enough attention to. I present to you Yoko Nagayama's "Jonkara Onnabushi." I'm not really sure how to translate that yet, unfortunately—other than to mention that it's apparently named after a Bon dance—but it doesn't matter that much. Just look at the performance.

長山洋子の『じょんから女節』をこの間、友達に紹介してもらった。聴いてみたら唖然とするほど好きだった。なので、ブログに載せずにはいられなかった。ゆっくりご覧ください。



Yeah. Nagayama rocks it out. If you don't like that, then I don't know what to tell you.

なんとかっこいい!

『じょんから女節』ってどういう意味なのか知らないので、ネットで調べてみた。そしたら、じょんからという盆踊り唄があるという情報が目に入った。なるほど、そういうことだったのかな。(他にも説があるらしいけど。)面白い!

High five

I just discovered recently that a "high five" is called a ハイタッチ ("high touch") in Japanese. That might be the lamest Japanese that I've heard yet. Is it just me?

I guess haifaibu sounds too much like "high fiber"? Heh heh.

1/07/2010

I like 河

For some reason, I think that is one of my favorite kanji. (And not just because I lived in the 三河 region, either!) It can mean "river" or "Milky Way," though, which is pretty cool. It's also pretty aesthetically pleasing, I think.

(Updated this post, including adding my not-often-used kanji-callout style.)

1/05/2010

いろいろ

お正月休みが終わって今日から仕事がまた始まった。しかも、今日、一人のインターンがチームに入ったので、指導係の僕は一日中、複雑なトレーニングを行った。トレーニングって予想よりも疲れちゃうんだ。でも、けっこう頑張ってもらえそうだから、平気平気。

話が打って変わるけど、僕には、朝ごはんをちゃんと食べないで、昼ご飯を食べない癖がついている。だから、正午になったら、めまいがするほどお腹が空いてくるわけだ。ダメだなぁ。

話がまた打って変わるけど〈笑〉、最近、2005年の「あしたの、喜多善男」というドラマを見ている。11日後に自分を人生を閉じることにした男の最後の数日間の話で、マジで面白いよ。今、第5話まで見ているけど、残りの話が楽しみ。ドラマを見るのは日本語習得の一環!ファイトーーーー!

1/02/2010

大学の休み


先月のヒューストン大学の背景です。
今月中旬から、また通い始めてしまう。
今学期はもっとしっかり勉強したいと思っている。
Here's a photo from the University of Houston last month.
I'll be heading back here in a few weeks.

1/01/2010

2010年だ!あけましておめでとう

また新年が始まった。
もう2010年だね。
時間が経つのは早いものだ。
と、僕は言いながらも、
時には遅く感じることもある。

今年の大晦日は
親友2人と一緒に過ごした。
テレビゲームしたり、
映画を見に行ったり、
晩ご飯を食べたり、
電気が消された暗い部屋で
音楽を聴いたりした。
(気持ちいい、これ。)

またいずれ、愛する彼女という女性と一緒に新年を迎えることができたらいいなぁと思ったりもしたけれど。

皆さん、つまらないこのブログをいつも訪れたり、応援してくれていて、誠にありがとうございます。今後もよろしくお願いします!