8/16/2010

あつすぎる

太陽の暖かさが好きな僕だってヒューストンの酷暑に負けそう。おかげで、惰気満々。今、アパートに中にいるのが嫌になり、パティオに座って久保田利伸を聴いているけど、外に出たとたん、すぐに汗だくになってしまった。だけど、流れゆく夏の雲を見ていると、気持ちが良くなるね。でも、やっぱり外には長くはいられなさそう。

川柳「 お日様よ 控えめにせよ 酷暑だぞ  」

6 comments

Anonymous said...

川柳いいね。

「惰気満々」・・辞書調べてしまった。
惰性の「惰」だし、文脈から想像はついたけど・・・

「ダルッ」(だるい)ってことですね。

でもさ、湿気はどうなの?
ヒューストンも、日本のように湿気あるの?

Jonathan said...

そう、「ダルッ」ってことだと思います。「惰」はこの間、勉強した漢字で、その勉強で「惰気」という言葉を身につけたので、文章にむりやりに入れてしまったんです。

湿気は多いですよ。多いからこそ大変なんです。もう疲れました。夏バテかな・・・

KITAMURA PANTS said...

こんにちは!
楽しそうなブログですね!
僕は、Jonathanとは逆に英語を学びたいです。教えてください^^

tahhy said...

川柳に笑った!hahahahahaha great man!!

「岡崎も、暑いの同じだ 我慢せよ」

bikenglish said...

日本もとても暑いです。お盆を過ぎたら、ちょっとは気温が下がるかな、と期待していましたが、今日もほんとに暑かった。

Jonathan said...

【KPさんへ】はじめまして。どうぞごゆっくり!

【Tahhyさんへ】なかなかうまいじゃない!

【Bikenglishさんへ】早く来い、秋よ!って感じですね。お盆祭りがなつかしいです~