7/20/2010

『日本人の知らない日本語』 ドラマ版の第1回

ドラマ『日本人の知らない日本語』の第一回を昨日、見てみた。気に入らないね。

設定は原作の漫画と同じで、日本語学校で勉強している外国人の難しい質問に、日本語教師が答えていくという簡単な設定なんだけど、ドラマの先生は原作の本の主人公のなぎこ先生ではなく、こんな人物だ。


げっ?表情から性格がだいたいわかるだろう?ふむ~なんか好きじゃないんだな、僕は。しかし、先生の他に、原作の学生のキャラクターがドラマに出ているのがいいところだと思う。(とくに超まじめなジャック。)だけど、そういっても、ドラマのユーモアは原作の本ほどできてないと僕は思う。

もちろん、このドラマを見てみたいと思った一番の理由は、面白い日本語を紹介されたいと思ったからだ。まあ、ドラマの中で、難しい言葉の説明があるけど、第1回だったせいか単語の数がかなり少ない。「これぐらいの単語のために、こんなくだらないドラマなんかあまり見たくない」とまで思うぐらい。

ちなみに、第1回の一番面白いところは下のシーンだったと思う。





それがジャックだよ。

一応、第2回を見てみようと思っている。いいドラマとは言い切れないけど、このふうに外国人の視点から日本語習得や日本生活を描写するのがいいことじゃないかと思う。(今回は日本語が不自由のせいでバイトで困っていた学生の話があった。そういうのあるよね。)

5 comments

Brian said...

Thanks for Posting this!
I didn't know they made the book into a drama, till saw this!

Brian said...

And, a link to the homepage of the drama in discussion:

http://www.ytv.co.jp/nihongo/index.html

bikenglish said...

あまり面白くなかったようですね。初回から見ようと思っていましたが、忘れていて、見逃しました。

話は変わりますが、「うぬぼれ刑事」が結構面白かったです。

ささもち said...

あまり気に入らなかったみたいだね。

確かに原作本の日本語の先生とは雰囲気が違うよね。ドラマの制作費を確保するために、こういうキャラの先生にしたんじゃないかなと勝手に私は思ってます♪

ドラマのレポート、楽しみに待ってます!

HELEN said...

can i watch it on internet? can you send me the link?