4/21/2010

"Dexter" 第1シーズン

週末、親友と『Dexter』という成人向けのドラマの第1シーズンの最終回を見ました。日本では、『デクスター 〜警察官は殺人鬼』と、くどく名付けられていますが、主人公のDexterはまさに連続殺人犯です。

しかし、殺人鬼といっても、誰を殺めてもいいという訳ではなく、Dexterが殺す人物はみんな最悪の悪行をやらかす人に限られています。ちゃんと確認しておいてから、殺人を働きます。でも、悪い人だけを狙っても、殺人は殺人ですね。だから、Dexterがいい人だとは別に言い切りません。Dexterの行動の倫理性については、ご覧になってからご自分でお考えくださいね。ずいぶん暗そうな話だと思うかもしれませんが、笑い転げるところもたくさんありますよ。

主人公が殺人鬼なんて、とんでもない設定かもしれませんが、第1シーズンはものすごく面白かったですよ。ドラマの主人公としてDexterはいつもと違って非常に面白いし、番組自体が非常に上手に作られていますから、『Dexter』はことのほか好評されている人気ドラマです。(一番いいシーズンは1と2だけという説がありますが。)

とにかく、第1シーズンは僕からも、おすすめです。日本でも放映されているらしいですね。

2 comments

bikenglish said...

最初に思い浮かんだのは、最近死亡した藤田まことが主役を務めていた「必殺仕事人」シリーズです。悪行を働いて、善良な市民をいじめている悪代官などを仕事人たちが、表に出ないで裁きを加えるというものです。二番目に浮かんだのがデスノートです、こちらのほうが、Dexterに近いのかな、と思いますが。

最近、落ち着いてテレビを観ることが少なくなっているんですが、ジョンさんのおすすめなら、見てみようかと思います。

Jonathan said...

もし見たら感想を教えてください。

藤田まことが死亡しましたか。知りませんでした。僕はいつかの「はぐれ刑事純情派」の主題歌を持って楽しく聴いているので、藤田さんのことを少し知っています。いい曲ばかりです。残念なニュースです。