1/15/2010

あしたの、喜多善男 | Ashita no Kita Yoshio

This evening, I watched the final episode of Ashita no Kita Yoshio, a 2008 television drama about a man who decided to end his life in 11 days. It started out strong and stayed that way until the very end. The entire cast, the story, the music—it was all excellent. It's a definite favorite and is highly recommended. Japanese television needs more dramas like this. (Ohitorisama, on the other hand, despite some good elements, was average at the start and ended pretty abysmally.)

今晩、2008年の『あしたの、喜多善男』の最終回を観ました。11日後に自分の人生を閉じることにした男の最後の日々という話で、とても面白いドラマだと思います。キャストも話の展開も音楽も全部よかったですから、僕のおすすめですよ。日本テレビでこういうドラマがもっとあったらいいと思っていて、原案の諸説(自由死刑)も手に入れたくなりました。(その反面、去年末の『おひとりさま』は最初はまあまあ面白かったですけど、最悪な最終回で終わっちゃいました。)

3 comments

Brian said...

I don't watch TV much, but I'll have to check this one out! Seems, like it has a great cast.

Anonymous said...

この番組は知りませんでした。

あしたの・・・とくれば、やっぱ、
Tomorrow's Joe
http://en.wikipedia.org/wiki/Tomorrow's_Joe

を思い出します。


http://www.youtube.com/watch?v=BVPnJ-YSUEs


古い漫画・アニメ作品ですが、傑作です。


ああ、そういえば、この作品も最後に主人公が死んでしまいます。

Jonathan said...

Tomorrow's Joeですね。かなり面白そうです。古いアニメと漫画はなんか魅力的なもんだと思います。