10/21/2009

【面白い日本語】 割譲(かつじょう)

わる」と「ゆずる」との漢字でできている「割譲」という漢語は不思議に好きになった。

My most recent favorite kanji compound is 割譲 (katsujou), meaning "to cede; to surrender possession of" as a verb and "cession" as a noun. (Exciting, right?!) The characters, taken individually, mean "to divide, proportion" (割) and "to turnover, hand over" (譲). Thus, "to divide and turnover (to someone)." And like its English equivalent, this word is often used in regards to land.

Again, I find this linguistic mechanic to be pretty interesting. It's also interesting because, when I look at it, it looks "hard," but once it's broken down like this, it makes perfect sense. Learners of language mustn't get caught up in thinking that things are hard!

4 comments

bikenglish said...

すこし体調が良くなりました、コメントします。「割譲」は、普段目にすることがない言葉ですね。自分は最近、昭和初期の日本のことを書いた書物を読んだりしているので、「当時、ドイツが占領していた中国領地の一部が日本に割譲された」みたいな文章(この文章の内容は適当です)を良く見かけるし、また、アメリカの近代史なんかでも出てくる言葉でないかと思います。

ちょっと前から気になっている、ジョンさんのブログの説明部分。書き出しが「全治全力」となっていますが、全知全能の方がいいのではないでしょうか。

明治維新以後、たくさんの英文を先人が、当時の言葉を駆使して、若しくは新たな言葉を作って訳しているのですが、聖書関係では、「全知全能の神」という言葉が良く使われています。

「全知全能」を逆引きしたところ、omnipotentと出てきました。ジョンさんがこの言葉の意味で使っているのなら、「全知全能」の方がいいと思いますよ。

Jonathan said...

体調が少しよくなりましたか。よかったですね。

まずは、ブログ説明(というより、でたらめコーナー)の例の部分を「全知全能」に直しました。指摘ありがとうございました。僕はなぜ全知全力にしたのか自分でもわかりません。確かに、言いたかったのはomnipotenceでした。(Omniscienceも含まれているようですね。)

「割譲」は多分見ることがあまりない言葉ですね・・・。(英語のcede; cessionも同じです。)

Anonymous said...

はじめまして
イグアナについて検索しててここに迷い込みました。
「全知全能……」のブログ説明にしびれました。
日本人なのに、「割譲」という言葉が分からず辞書引いちゃいました。
ジョナサンさんは日本語うまいですね~
スイマセン、バカ丸出しのコメントで。

Jonathan said...

はじめまして。コメントありがとうございます。
割譲って本当に珍しい言葉のようですね!
もう、知らなくてもいいほどかも・・・。
日本語がうまいなんてことじゃないですが、
いずれうまくなるように頑張りたいです。
(最近は日本語の勉強さえ怠っているんですが。)