7/10/2009

和田アキ子

職場から帰って、マンションのパティオで夕食をゆっくりとりながら『5年目のハイヒール』という、和田アキ子さんの自叙伝を読み終わった、という夕方をこの間過ごしました。

なぜ和田アキ子さんの自叙伝を読むことになったのかというと、それは岡崎生活の中の話です。

暇のある日、近所の、まだ入ったことのない古本屋まで歩いて行こうということになりました。お店の本棚の本を見たら、古本屋にしても本が価格が安いので、100円の1,2冊を買うことにしました。僕がまだ日本語がうまく読めない頃だったので、「いつかは読んでみせるぞ」と誓いながらお土産として買いました。

最近まで、その本は置かれっぱなしでしたが。

買う時、和田アキ子って誰だか全然知らずに、本実体のカバーデザイン(いいなぁ)や本の砕けたスタイル(読みやすいかもしれない)などで軽く判断して、つい買ってしまったんです。

買ったのはもう2年前(!)もですが、この本を読み始めたのは、実は、数ヶ月前です。

4月に、友達からもらった『らんま1/2』の最終話を読み終わったら、ちょっと寂しかったので、本棚の残りの漫画をもう一度読むことにしました。NARUTOの第1巻・落第忍者乱太郎・よつばと!などを全部。漫画をもあまり持っていないので、それらも読み終わったら――なんだか、また寂しい。

なにか読みたい。

というわけで、置かれっぱなしだった、和田さんの自叙伝を読むことになりました。(ほかにも読みたい日本語の本を持っているんですが。)

最初は、和田さんが誰か知らなかったんですが、読めば読むほど「こういう人だったんだ」と思いながら和田さんの話に夢中になっちゃって。

そして、『あの鐘を鳴らすのはあなた』などの名曲を初めて聴いて、いつの間にか彼女のファンに少しなったかもしれない僕です。

正直(そう)に、過去の出来事を語ったり、心の中の嬉しさ・悲しみ・怒りなどを率直に打ち明けたり、自分の欠陥や過ちをフランクに認めて謝ったり、手伝ってもらった人に礼を言ったりする和田さんは、面白い性格をしています。

記憶に残っていることを二つ教えましょう。

まず、芸能界の人々に認めてもらうのには、和田さんはけっこう苦労しました。ひどくからかわれたそうです。「背の高い女は売れない」と言われたり、ほかの女性歌手と列に並んだら「インパクトが強すぎるから、下がれ」とも言われたり。そして、大阪から上京したばかりというデビューの頃は、あんまり誰にも手伝ってもらわなくて大変だったそうです。つらくてつらくて、ギブアップして大阪に帰ることまで考えたんですが、諦めなくて頑張ったので、今の有名な「アッコさん」になれました。

次として・・・和田さんがレイ・チャールズさんを憧れているのを知っています?「愛さずにはいられない」という名曲を聴いたのがきっかけだそうです。で、人の前で歌う前に、必ず「レイちゃんに、礼!」とチャールズさんの写真に向かって言うほどらしいです。(実際にチャールズさんに会ったことが何回もあるから、ちょっとは親しくなれたみたいで。)

結局、和田さんの自伝を読んで、自分の人生のなりゆきをまた考え始めました。これから先は、いったい何処に向かっている―――とか。

芸能人の自叙伝を読むなんて和田さんのが初めてです。(最後でもあるかもしれません。)読む価値のある本で、自叙伝好きな人にはおすすめします。

ところで、今回読む、その2冊目の本は、吉本ばななさんの『うたかた/サンクチュアリ』です。読み終わったら、またこういう感想文を書こうと思っています。吉本さんのこの本ってもう少し難しいみたいです。とほほ。

【追記】ところで、YouTubeで、和田さんの過去を中心にするビデオを見つけました。興味のある方はご覧ください。映像が削除されたようです。残念!



最後に、このビデオに感動しました。



最後の最後として、和田さんの身長ですが、174センチってそんなに高くないでしょう?!どう考えても、少ししか背が高いと思えません。

8 comments

Anonymous said...

和田アキ子さんってのは、これはもう芸能界の重鎮です。これほど長い間常にテレビに出ている人も少ないのではないでしょうか?

レイチャールズは日本のコマーシャルにも出ていました。


サントリーホワイトCM レイ・チャールズ
http://www.youtube.com/watch?v=q9khvccxdtY


和田アキ子さんがNYでコンサートをしたときの模様のようです。

和田アキ子 「和田アキ子 イン ハーレム」を見て
テレビ | Comment : 0 | 2008.12.09.Tue @ 7:38 PM

http://egotopia.boo.jp/archives/200812091938.php

これは彼女の昔の番組
うわさのチャンネル 和田アキ子 他

http://www.youtube.com/watch?v=JhxRnAmEqqE&feature=related

ここに覆面を被ったアメリカのプロレスラーご存じですか?
Dick Beyer
http://en.wikipedia.org/wiki/Dick_Beyer

この番組で、アメリカのプロレスラーをボコボコに叩いていたので、「こわい」というイメージが定着しました。

一応日本語チェックしておきます。


自叙伝を読み終わった、という夕方をこの間過ごしました。
→読んで、その日の夕方を過ごしました。
あるいは、
この間職場から帰って・・・・読み終わった。
で切ってしまってもいいのではないでしょうか?


その本は置かれっぱなしでしたが。
→その本は(読まずに)置きっぱなしでしたが。

「積ん読」という言葉があります。
読まずに積んでおくだけ、という意味です。

2年前(!)もですが
→2年も前ですが


ちょっと寂しかったがあったので
→、
(読むものがなくて)ちょっとさびしかったので、

置かれっぱなしだった
→置きっぱなしだった
 放っておいた

和田さんは、面白い性格をしています。

和田さんの性格は素敵だな・魅力的だな、と思います。

くらいでどうでしょうか?

記憶に残っていることを二つ教えましょう。

(これでもいいですが)
記憶に残っていることを二つ。
と切ってしまっても良い。

諦めなくて

諦めずに


次として

次に


和田さんの過去を中心にするビデオを見つけました

和田さんの過去のエピソードを紹介したビデオを見つけました。


随分長い文章が書けるようになりましたね。すごい。
ちょっと手直ししましたけど、下手というわけではなく、これだけできればたいしたものだ、と思います。
日本語の本を沢山読むと、いろいろな表現を憶えて、作文するときも役にたつのではないでしょうか?
また、なんといっても文章から得る情報量というのはかなり多い。
そして、そこには、英語圏で知られている日本以外のものが沢山あります。
どうかこれからも日本語の本を沢山読んで下さい。

bikenglish said...

「和田アキ子」さんは、評価が分かれるタレントですね。つまり、タレントとしての彼女が好きな人とそうでもない人という意味で。わたしは、好きでないほうの部類です。

日本人の女性の中で、身長174センチは、やはり相当高いですよ、最近女性は昔に比べてスタイルが良くなったとはいえ。日本人女性平均身長は、多分、156センチぐらいじゃないでしょうか。

Jonathan said...

【Anonymousさんへ】いろいろ教えてくれてありがとうございます。Dick Beyerは全然知りませんけど。〈笑〉僕は和田さんの映像をあまり見たことがありませんから、「こわい」というイメージを与えることをする和田さんも見たことがないかもしれません。

日本語チェック:

「ちょっと寂しかったがあったので」は「ちょっと寂しいものがあったので」の打ち間違えです。でも、「もの」の使い方がいいかどうかわからなくて。

「面白い性格」にしたのは、いいか悪いかといわずにInterestingというややneutralな言葉を使いたかったからです。やはり変だったみたいですが。

「記憶に残っていることを二つ」ってこれがいいですね。このふうにもっと書きたいです。

「諦めなくて」って「諦めないで」にすればよかったですか。

では、今回もBかな。これからはもっとしっかりした文章が書けるように頑張ります。わざわざ添削してくれてありがとうございました。これからもお暇時間に、よろしくお願いします。

【Bikenglishさんへ】聞きたいんですが、好きでないのは、和田さんの歌が好きでないからですか。それとも、本人の性格が嫌いなんですか。

日本の自生の平均身長は156センチですか?すっごいですね。それにしたら確かに和田さんはかなり大きいわけでしょう。

Anonymous said...

 「こわい」というイメージを与えることをする和田さんも見たことがないかもしれません

「こわい」イメージの和田さんをみたことがない。

彼女は芸能界のご意見番なのです。
それとキス魔でも有名で、酔っぱらうとキスを強要するそうです。といっても、笑い話に使われるわけですけど・・・


「面白い性格」にしたのは、いいか悪いかといわずにInterestingというややneutralな言葉を使いたかったからです。やはり変だったみたいですが。

「面白い性格」という言葉自体は全く問題ないと思いますが、多分文脈的に違和感を感じたのだと思います。

正直に、過去の出来事を語ったり、心の中の嬉しさ・悲しみ・怒りなどを率直に打ち明けたり、自分の欠陥や過ちをフランクに認めて謝ったり、手伝ってもらった人に礼を言ったり・・・・和田さんて素敵だな。

とするほうが自然のように思いました。

「面白い性格」を使うとすれば、

嫌がる若手の芸能人を自分のパーティに呼んだり、酔っぱらうとキスを強要したり、それを笑い話にされて、しかも、若手の人達に慕われるなんて・・・・和田さんて面白い性格だな。

なんてかんじかな。


 評価の仕方というのはわかりませんが、外国人としてはかなり評価が高いと思う。ネーティブと同じレベルか、というと、まだ、そこまではいかない。
 いずれにせよ、これだけ長い文章が書けるというのはすごい。

第二の勝元氏の出現が期待できそうですね。と言っても、性格はかなり違うみたいですけど。お二人とも「面白いそうな性格」ですけど。

Jonathan said...

これからも「日本語の道」を歩んでいきたいんですね。未習得のことはまだ山ほどありますので・・・

bikenglish said...

和田アキ子が嫌いな理由を説明するのはちょっと難しいですね。というのも、「好き嫌い」を説明するのが難しいと思いますが。

和田アキ子から連想されるイメージは「おとこまさり」「強引」「親分肌」「うるさい」「えらそう」「芸能界のことを何でも知っていそう」「しつこい」「嫌われるとねたまれる」とまぁ、ネガティブなものばかりです。(親分肌はポジティブかな?)

ということで、嫌いなんですが、歌の方も歌っている本人のことが好きでないので好きでないということです。

芸能人を好きだの嫌いだの言ったところで、自分の実生活とまったく関係ないのですが、強いて言えば、彼女が出ている番組はほとんど見ません。たぶん、私と同じような人は結構いると思いますよ。

bikenglish said...

日本人女性の身長のことを書くのを忘れていました。

さっきネットで調べたら、女性の平均身長は158センチと出ていました。ただ、最近の若い人はスタイルがいいので、20歳前後の人の平均身長は160センチぐらいはあるかもしれません。

Jonathan said...

意見を説明してくれてありがとうございます。僕が持っている、和田さんに対する印象はほとんど彼女の自叙伝と歌で受けていて、テレビに出ている和田さんは少ししか見たことがありません。(日本人の知り合いに、和田さんは芸能界のドンだ」と最近言われたほど有名なのに、なぜ見たこたないかな。)

調べたら米国の女性の平均身長は約162センチらしいです。そりゃ驚きました。男性の平均身長は176.3センチだそうで、186か187センチの僕はかなり背が高いみたいです。初めて聞いたかのような言い方ですが。