6/18/2009

高木ブーの寝台車

Tahhyさんから高木ブーさんのことを紹介された。
YouTubeで検索してみると・・・



You see, the joke here is that he is riding on a sleeping car on a train (shindaisha) and he is also a dead doctor (shinda isha). Feel dirty now? Bwah ha ha!

こんなのがつまらないかウケるかはわからないけど、
日本語を習得している僕にとってはやっぱりウケた。

(ジャパン・フェスティバルの記事はもうすぐ。
作るのに時間がかかるもんでね。)


高木ブーさんを見たことがあったんですよ!
来日する前に、あるモーニング娘。のPVに
高木ブーさんが出たのを今思い出した。
面白い。

8 comments

Tahhy said...

ha ha ha ha Funny!!!!!
anyway, He is verryy good Ukulele performer!! I'll send you next time!!

Jonathan said...

I just realized that I'd seen him in a Morning Musume video before I'd even left for Japan! (See my original post for the link.) Pretty funny.

Anonymous said...

ちょと投稿とは話がはずれるけど・・

http://www.japanprobe.com/?p=10970
これ、ジョンさんどう思います?

コメント欄みると、非常に憤慨している人もいるようですが、たぶん、多くの日本人は何をなぜ憤慨しているかわからないだろう、と思う。

Comment by Montsan
2009-06-23 14:38:26
Maybe, but I find his particular means of selling out far more concerning than the average “Look at me, I have no dignity!” Japanese tarento. At least when it comes to segments like this.

というコメントがありますが、日本人だと、要するに、他の日本人がやるお笑いと同じだと思うだろうし、子供連れで、子供と仲の良い、子供にとっても面白いお父さんという感じに受け取ると思う。


仮に、憤慨するとすれば、丁寧に説明しないとわからないと思う。

この場合、何に憤慨しているのか、私にもわかりにくい。

Anonymous said...

You've stopped writing in English again...Sharkbait

Anonymous said...

ちょっとテーマが重かったかな?
あまり気にしないでください。
ただ、こういうことはかえって気楽に語りあえた方がいい、と考えたまでです。


お役に立ちそうな投稿を見つけました。
JLPT1級聴解
http://gakuranman.com/jp/jlpt-1kyuu-listening/

ご存じだったかも知れませんね。

さらっとこの方の日本語の文章に目を通すと、自然でうまい文章だと思います。
すごいライバルがいるものですね。

bikenglish said...

最近、ブログ更新がないのでちょっとつまらないですね、「そろそろ」、でしょうか。

私の、山登りの写真はすでに見ていただけたでしょうか?コメント楽しみにしています。

Jonathan said...

【Anonymousさんへ】返事が遅くなってすみません。最近忙しくなったりしていたんです。

ビデオを見たんですが、僕は結局憤慨していません。アメリカで昔から黒人を馬鹿に侮りたい人は黒人をサルに例えるという歴史があるので、多くのアメリカの黒人はこういうのが受けないと思います。しかも、自らこういうのをするなんて考えられないという人がいうはずだと思います。ちょっと敏感ですが、米国の歴史からみると、そういう考え方がなぜあるのかわかります。僕は見始めたらちょっと違和感を感じましたが、見終わるとあまり何とも思いませんでした。ボビーさんは多分お子さんのために、そしてテレビカメラのために面白くしたかったので、あたまがいいサルと会話のふりをやっただけではないかと思います。

そして、「ライバル」のリンクをありがとうございます。

【Sharkbait】 Busted! My bad!

【Bikenglishさん】いや、忙しくなったんです。そして、ちょっと最近は憂うつもあるかな。とにかく、また更新します。写真も見せていただきますね。

Anonymous said...

回答ありがとうございます。

一般の日本人には、猿と黒人は結びつかないのです。あそこにいたのはチンパンジーですけど、猿と言えば、日本猿、で、その猿について、「お猿のお尻はまっかっかーお猿のお顔もまっかっかー」といわれるくらい、赤を連想するので、類人猿と黒人とは結びつきにくい。
(まっかっか=真っ赤っか。最後の「っか」は特に意味がない)

日本人が猿といっしょにいたり、猿まねをするのは問題なくて、黒人の方が猿と一緒にでる度に、問題にされると、「なんでだ?」という疑問がわき、その解説を聞いて、かえって変な固定観念が蔓延するのではないか、と心配するくらいです。

また、動物と話ができること自体は素敵なことで、ただ、ボビーが滑稽な行動をとるため、可笑しいけれども、彼はどちらかといえば、コメディアンですから、それも自然に受け取られている、と思います。