2/22/2009

あし

3時間後の試験の勉強を一休みし、らんまを読んで日本語の勉強している。さっき「あし」のそれぞれの漢字について調べた。その結果・・・

哺乳動物には「」、昆虫には「」を多く用い、ヒトの場合は足首からつま先までを「」、足首から骨盤までを「」と書き分けることもある。(大辞林


I see ...

5 comments

bikenglish said...

大辞林が書いているので正しいとは思いますが、普段あまり「どの「あし」が適当か」意識しませんね。

間違った使い方をしたくない、と思ったときは、「ひらがな」です。

Jonathan said...

「意識しません」というは、日本人は考えずにどの「あし」を使えばいいかわかっているからですか。それとも、多くの人はどの「あし」が正しいかどうか意に介しないで間違えても好きなのを使うからですか。

bikenglish said...

ジョンさん、お久しぶりです。

自分のコメントを読み返すと、ちょっと説明不足だったようです、すみません。

私が伝えたかったのは、たとえば、他人が(太ももの付近が痛いのに)「足が痛い」と書いていても、ちょっと首をひねる程度で、そんなに気にならない、という意味です。逆に、自分が仕事上で作る文書で使うときは、しっかり辞書等で確認しながら正しいものを使う、もし自信なく、また時間がなかったら、「ひらがな」を使う。という意味です。

また、別の言い方をすると、頭の中で(太もも付近だから)脚、(足先だから)足、というイメージが自分の中にない、(むしろ、「ひらがな」のあしが浮ぶ)、という意味です。(私だけかもしれませんが)

Jonathan said...

そう、ちょっと久しぶりですね。〈恥〉

ありがとう!この話を要するに「脚」は「leg」、「足」は「foot」を意味するようではないでしょうか。

bikenglish said...

「脚」は「leg」、「足」は「foot」→この理解でOKです。