2/09/2009

お姉さんと初対面

今朝、一世一代の経験をした。それは、お姉さんに会ったということだ。もっとはっきり言えば、僕は生まれてお姉さんに初めて会った。

面白いだろ!自分のお姉さんに自己紹介するなんて妙な感じ。

詳細はともかく・・・僕らは親父が同じだけど、彼女には別のお父さんがいて、真の父親に会うのは最近のことだ。彼女が父方の親族を会いにヒューストンに来たので、今朝、二人っきりでアイホップで朝ごはんを食べながら2時間ぐらいゼロから話していた。どうも仲がとても良くなれそうでよかった!同じ州に住んでいるから、時々遊べそうだし。

そして、お姉さんも日本に住んだことがあるという!何という偶然か!両親が昔に米軍に勤めていて、彼女の幼い頃に沖縄の米軍基地に4年ぐらい住んでいたそうだ。で、日本生活がとても好きで、今でもいい思い出ばかりを持ってるって。僕が数年後に日本生活に再び挑戦している間に、きっと訪ねるわとも優しく言ってくれた。「だから大学を頑張って日本に引越しなさいね」と言われると「うん!」とキラキラ目を輝かせて返事する僕。〈笑〉お姉さんは大学の専攻はパソコンに関する専攻で、もう一つの共通点となった。

面白い話に、幼い頃から僕は妹が、お姉さんは兄がずっと欲しかったという話もあった。結局その逆なんだけど、文句がない。〈笑〉

予想以上に調子に乗っているみたいです。

7 comments

Anonymous said...

遺伝子が引き寄せたのか? 
共通点が多いのも遺伝子のなせる業か?おもしろい話ですね。

昔に→昔

文句がない→文句はない

日本に引っ越しなさいね
(これでもいいが)
→日本で頑張ってみなさいね。

tahhy said...

会えて良かったですね。 こういうのって嬉しいよね。 お姉さん・・・・・ ボクは十分ですけど・・(苦笑)

ささもち said...

偶然!
私も弟が一人いるんですよ~。

そして、私も昔からお兄さんがほしがってた…f(^.^;

昔はいろいろありましたが、今となっては弟がいることに感謝です。

お姉さんに会えて、良かったですね!

Anonymous said...

投稿の主題とは関係ありませんが、以前川柳をよく掲載されていたので・・・・

サラリーマン川柳・全国入選作品100句

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090209-OYT1T00595.htm

など興味あるかな、と思いました。

案外理解しづらいものもあるんじゃないでしょうか?
例えば、
「パパがいい!」 それがいつしか 「パパはいい」
My daugther used to say "I love Dad, but now she says, "Dad、I don't need you.."
ちょっとこれでは、ニュアンスが伝わらないですけど、「は」と「が」の違い、「いい」の多義性などおもしろいと思いました。

bikenglish said...

こういう出会いは経験ないんでどんな感じなのかよくわかりませんが、きっと不思議な感じなんでしょうね。

でも、良かったですね、気が合いそうな「お姉さん」で。

Jonathan said...

皆さん、コメントありがとう!僕は姉さんとメールの遣り取りを始めました。今でも少し不思議な感じです。

そしてAnonymousさん、川柳の記事のリンクを載せてくれてありがとうございます。いくつかの川柳が載って面白いです。「が」と「は」と多義性の説明もありがたいです。難しいですもんなぁ。

山本 said...