4/30/2008

Kanji of the day: 鼎


かなえ

別の文字を電子辞書で調べている時に、この字を初めて見かけた。この字の在り来たりでない形が面白いと思ってブログに載せることにした。「鼎」は「食物を煮るのに用いた金属の器」という意味だそうだ。Google Imagesに写真もあり。

I came across this character while searching for another one in my electronic dictionary. I thought that its unusual shape is pretty interesting. The character, generally pronounced "kanae," it seems, apparently refers to three- or four-legged kettles. (Images at Google Images)

前に特集された漢字/previously featured:

4/28/2008

ガス自殺の増加の一言

最近、日本では硫化水素による自殺が増加しているとインターネットで読んだ。なぜだろうか。その自殺方法が流行しているのは、方法がかなり簡単かも知れない。硫化水素を使用するとそのガスが建物の周りの部屋にも漏れて他人を病気にする恐れがあるそうだ。なので、どうしても自殺したいのなら、せめて関係のない人にひどい影響を与えないようにしてほしい。

警察が硫化水素による自殺方法を説明するウェブサイトをブロックしようとしているとも読んだが、その努力を認めながらそれがあまり効果的な行動ではあるまいと思う。

4/25/2008

「さける」と「よける」と、どう違う?

YAMASAで少し勉強した『「さける」と「よける」はどう違う?』という問題を改めて復習しようと思ってネットで調べた。その結果、日本語Q&Aページが見つかった。

○彼は最近私をさけている。
×彼は最近私をよけている。
○薬と一緒にお茶を飲むのはさけたほうがいい。
×薬と一緒にお茶を飲むのはよけたほうがいい。


なるほど!

4/24/2008

ダウンタウン



今日は父親の仕事でヒューストンのダウンタウンまで行ってきたので、写真を撮ってアップしておいた。ビルの形はだんだん良くなる状態を示す棒グラフに似てるじゃない?〈笑〉

4/23/2008

Anki again—with a link dump

So I'm trying out Anki, the spaced repetition software, again. I tried it for a while before, but found myself unable to keep up with the mountain of work that I made for myself by entering too many words too quickly without keeping up with it everyday. So now I'm going at it again at a bit more relaxed pace—but not too relaxed—and testing everyday or two. I'm very enamored with the fact that you can use it entirely online through the Anki website as well. (The offline client is better for editing and formatting, though.) We'll see how it goes. I'm seeing some improvements already, I can say. It's good software. (As I said before, Anki is a bit RAM-heavy, though.)

While I'm announcing this, like I did before, I might as well post a few links to various Japanese tools that I use often and find useful. It's not a comprehensive list, though.

WWWJDIC is the old standby that everyone knows. However, I've been using the Firefox extension Rikaichan (which uses the same dictionary, EDICT) for a long time now and rarely actually visit WWWJDIC anymore. If you use Firefox and are learning Japanese, Rikaichan is a must-have. If you are not using Firefox and learning Japanese, you must begin using Firefox and use Rikaichan. It's that good. (Search the web for instructions on how to get it to work in Firefox 3, if that's what you're using.)

英辞郎 at Space ALC. The best collection of example sentences I've seen, searchable in Japanese or in English. (Unlike WWWJDIC, it doesn't sense conjugations, though. Tsk.)

goo辞典. The 国語・新語辞書 dictionaries are must-haves. You really must get used to looking at Japanese-Japanese dictionaries as soon as possible if you're learning Japanese. Many times, you'll get a much better picture of things than you would with an English dictionary. But they have an English dictionary too, because there are of course times when the English dictionary just makes a lot more sense.

読売新聞's audio podcast and video podcast. FNN too, to a lesser extent. Japanese news is still very difficult for me, so I'm trying to practice listening to it and watching it more. I need to ramp up the time I'm spending on it, though. I also use 毎日新聞's national news RSS feed, because there are links to the Japanese articles on each article. Nice.

シットコムで笑え! is a site that is intended for Japanese folks learning English, but happens to be a great site for English speakers looking to strengthen their Japanese as well. Using Friends as its conversational basis, it offers up lines from the show with natural Japanese translations and even offers some useful commentary as well. I'm pretty fond of it.

Of course, I'm open to other suggestions as well ...

4/22/2008

ヒューストンの道路の話

Memorial Park (DSC01209)今日は僕の父の仕事を手伝いに行ってきた。父はカーテンやブラインドをかけたりする仕事をしているんだけど、今日はただ巻き尺で窓の大きさを測っただけだ。明日はかけたりするって。久しぶりに父とその仕事をしてなんか懐かしかった。僕は就職できるまで父の仕事を手伝うつもりだ。そんなに楽しくないけど、しょうがないな。僕の父だもん。

今日はヒューストンのメモリアルパーク(Memorial Park)を車で走ってるうちに、車内で道路の写真を適当に撮った。樹木の茂ったメモリアルパークはヒューストンの一番大きな公園かもしれないので、公園が好きな方はぜひいらしてみてください。

話がかなり打って変わるけど、帰りに面白いことを知った。BellaireとSouth Gessnerという二本の通りが交差する辺には、中国人が多い。なので、通りの名前が書いてある道路標識にはその名前が中国語でも書いているのに気付いた。もちろん中国語だから漢字ばかりだったというまでもないだろう。僕は来日する前に見たことがあったけど、英語しか話せなかった僕には意味が全くなかった。でも、今の僕には、かなり読めた。Bellaireは「百利大道」で、S. Gessnerは「吉訓路」(だと思う)。そうなんだ~。なるほど!

4/20/2008

どこだって遠い!

20080418-08ヒューストンは本間に広いよ。それでいいんじゃないかと思われるかもしれないけど、こんなに広いから、車を持ってない僕はどこか行きたくなるたびに少し困る。親は車を貸してくれるけど、あんまり借りられないようだ。で、電車も地下鉄もバスもないし。(ヒューストンにはバスがあるけど、僕が今住んでるのはヒューストンの校外で、もっとも近いバス停は歩いて行ったら30分位もかかる。できないことはないけど、不便じゃん。)

だから、ヒューストン生活で自動車所有の必要性がよくわかっている。でもさ、必ずしも車があったら気楽だってわけでもない。確かに車持ちの人は遠くまで走れるけど、ガソリン価格は近年急激に上がって、20年前の価格の4倍も上回ってて高いもんだ!(←この分はヤマサの面倒くさい日本語能力試験の訓練授業のおかがで作れたようが気がする。〈笑〉)

日本の都会は狭すぎると言ってもおかしくないほど狭いけど、近くにいろいろなお店とか面白いところなどがあるから、便利!そして好きだ。まー、この再びアメリカ生活が本当に始まると、必ず車を買いたい。買うしかないな。

So today, I'm just complaining about how everything here in the Houston area is so bloody far apart and how it's a pain to go anywhere without borrowing my parents' car, which is not something that I can do all the time. I miss how easy it was to get around locally in Okazaki—and pretty much everything that I needed was within a few minutes by bike. Even if I had a bike, it'd be a pain to get around here. In summary, grr. I'm looking forward to having a car again before too long.

4/19/2008

日本語でNBA

アメリカのNBAは日本語のウェブサイトを持ってるとは思わなかった。(聞かれる前に言っとくけど、僕はプロスポーツに興味を持ってなくてNBAのことを何にも知らん。)あれもいい勉強になれるかな。

The American NBA has a Japanese website. I find this mildly surprising. (Not that I have interest in the NBA or anything. I'm just sayin'.) It might be a bit useful for studying.

4/18/2008

シートベルトを締めよう!

後部座席シートベルトを着用しないと、事故で前席の人が巻き込まれて重傷を負う危険が、着用時の50倍以上に上ることが独立行政法人「自動車事故対策機構」の実験で分かった。後部座席の人が重傷を負う危険性も約10倍だった。


『斉藤さん』の最終話

やっと『斉藤さん』の最終話を見終わったところだ。岡崎で第十回を見たっきり帰国してアメリカで就職活動をしながら毎日を過ごしているけど、なぜか僕の好きなドラマの最終話を見てなかった。なので、昨夜ベッドに入ってパソコンで日本語の字幕がついたその最終話をついに見た。正直に言えば感動した。なぜなら、感激させる別れのシーンがあって僕の愛知にいる友達とその別れが思い出された。そのシーンを見ながらまるで僕が心で日本に辛い再告別をしたかのようだった。『斉藤さん』はおすすめである。

4/15/2008

Article: "The Japanese In Houston Today"

For those interested, here's a look at "The Japanese In Houston Today" by Fred R. Von Der Mehden.

天候良し?

なんかさー、4月なのに、ヒューストンの天候はまだ意外と涼しい。涼しいなんて、ヒューストンらしくない。一年中蒸し暑いこの都会が春にこんなに涼しいなんて普通はありえない話だけど、今は現に涼しい。何年ぶりかな。でも文句言ってるわけじゃないけどさ!だってこの天気って最高なんだよ。毎日ぽかぽかするし、雲もなく、なんかパラダイスみたいなヒューストンに帰ったかのようだよ。でもいつかは必ず快晴が崩れかけるに決まっているので、今の天気を最終日まで楽しもうってつもりだ。後程、改めて地獄の天候のヒューストンになるんだゾ、きっと!

4/12/2008

日本語の面接。しかも、電話で! | A Japanese interview ... by phone, at that!

電話の話だったので「面接」より「インタビュー」のほうが妥当だというご訂正を伺った。やっぱり漢字をよく見れば理に適う。どうも。

今日は初めての日本語就職面接だった。しかも、電話で行われた。(怖いぞ!)面接官は人材派遣会社の日本人の方。最初の話は全部英語だったけど、僕の日本語力を計るために、突然に「I'd like to ask you some questions in Japanese. Is that all right? 大丈夫ですか。」と聞いた。日本語面接チャレンジ開始!おっす!

驚いたことに、面接官は3,4回も僕の日本語を褒めてくれた。それだけどころか、去年の能力試験二級の合格も教えたら、「是非一級を受けてくださいよ。あなたは一級に受かった人よりも日本語ができるので、絶対に合格できますよ!」って言ってくれた。(ショック!本当にできるかどうかは別の話だけど。)でも、僕の日本語がそんなに上手じゃないと僕自身は思っているので、「一般的にいったいどういう人が申し込むかな」を思わざるを得なかったんだ。

ああいう場面だったので敬語も使って話そうとしたけど、一回「僕」を言ってしまって「失礼いたしました。わたくしは・・・」と言い直したら、面接官がちょっと笑って「大丈夫ですよ!」と許してくれた。お優しい方でよかったなぁ。〈笑〉

とにかく、面接は大成功だと思う。(また月曜日にも面接があるけど、今日の経験のおかげで緊張はあまりしない。)

Look! English! Wow!

Today I had my first-ever job interview in Japanese—on the phone at that!—with a Japanese lady from a placement agency. The beginning of the call was entirely in English but, as expected, about a third of the way through, she wanted to ask me some questions in Japanese.

I was really surprised by just how much she complemented my Japanese. And when I told her that I'd passed the JLPT level two last year, she was quite insistent that I take level one because—and these are her words—I speak considerably better than many folks who have passed the JLPT level one. Well, wow. Makes me wonder just what kind of folks she normally deals with to be so impressed with my meager abilities. Still, good impressions are nice.

I, of course, made sure to speak in polite Japanese as well. When I made a mistake and used a casual word but then instantly corrected myself all formal-like, she laughed a bit and said that it was okay. It was kind of amusing.

So the interview seems to have been a rousing success. I have another phone interview on Monday that will likely involve Japanese, but I'm not as nervous as I was about it yesterday.

4/10/2008

また運転者になった

2年ぶりにまた車の運転をしている僕である。自分の車じゃなくて親の車を借りて運転しているんだ。僕は運転が得意だと思うけど、やっぱり2年ぶりだと緊張するわけだね。借りている車もちょっと新車だし。無事に出かけて来ているけど、まだ慣れていなくてダウンタウンまでに行くがまだまだだよ。そりゃ本番だ。〈笑〉

4/08/2008

写真をアップした


DSC01055
Originally uploaded by ジョン
さっきいつかの写真をFlickrにアップしたところだ。ヒューストンの写真もあれば日本の写真もある。最近、写真を撮る気が少し強くなってきてこれから撮ってアップしようと思っている。つまらないやつばっかりかもしれないけど。〈笑〉

右側にご覧になっているのは、親友の家の近くに親友の犬の散歩中に撮った写真で、照明がきれいじゃない?

4/06/2008

お礼の続き

先生のお礼をしているのなら、まだ残っているお礼はあります。

僕が帰国する前に、Bikenglishさんからお菓子と本4冊と素敵な手紙を送っていただきました。ありがとうございました!残念ですが、本は船便でアメリカまで送らなければならなかったので、今は書名を聞けないものですが、一冊は「Flowers for Algernon」でした。あれが読んだことのない本ですし、英語の本なのに日本語の翻訳もついていますし、役立ちそうな本ではないかと思います。「而立」という言葉も教えてくださってありがとうございました。(多くの日本語にも知られない言葉のようです!)

Tahhyさんから岩崎宏美の「ゆりかごの唄/岩崎宏美 愛唱歌集」という素敵なCDを頂きました。このアルバムは日本の伝統的な歌に満ちていて、とてもきれいな曲がいっぱいです。日本語や日本文化を勉強している人として、こういう歌を知っているべきなのではないかと思います。ありがとう、Tahhyさん!(母も好きですよ。〈笑〉)

Anonymousさんにも感謝を表したいと思います。もう数ヶ月しなくてもいいのに日本語のいろいろなことを教えてくださっていて本当に助かっています。実際に会ったことがないのに、ご訂正などしていただいて非常に嬉しいです。これからも宜しくお願いします!(でも嫌になったら無理をなさらないでください!)

ヤマサの先生方に、「ありがとう!」

佐野先生の分を前に聞きましたが、一人の先生にだけコメントをするつもりではありませんでした。帰国する前に極めて忙しくて書く時間がなかなか取れなかったものです。しかし、この場を借りて担任先生の皆さんにお礼を申し上げ続けようと思っています!

小柳津先生



二年前に僕をゼロから日本語を教えてくださいましたね。2006年4月10日に会って日記に小柳津先生のお名前を初めて書きましたが、一番記憶に残っている授業は8日間後の実際電話会話挑戦の授業とか、平井堅の「大きな古時計」によって日本のポップスを紹介して頂いた授業とか、などなどです。なぜかその時以来、選択授業でさえも一緒に勉強できなくて残念だと思います。僕の帰国でその時のMクラスの学生はいなくなったのですが、小柳津先生のご指導を一生忘れられませんよ。僕が岡崎に行けるようになるまで、ヤマサにいらしてください。〈笑〉「あ・い・う・え・お」という第一歩から教えてくださってありがとうございました!

杉浦先生



こんにちは!土管に入って日本語まで移動したいジョンです。明るい担任の杉浦先生と2学期勉強できましたね。楽しかったです。それ以上、いい勉強になりました。中級の僕の日本語力を強めたり楽しい授業をしたりしてくださってありがとうございました!僕がでたらめをよく言っちゃったりして申し訳ありませんでした。会ったのはもっと早かったですが、2006年10月6日に杉浦先生に初めて授業していただいたようですよ。ちょうど一年半前ではないですか!〈笑〉

廣江先生



廣江先生はもうヤマサにいらっしゃらないのですが、半年一緒に勉強しました。廣江先生は人気者で、素晴らしい先生です。初日に会ってかなりの早口で話す先生が担任なのは少し恐れていましたが、もちろんそれはとてもいい勉強になりました。廣江先生がヤマサからいらっしゃらなくなる日はとても悲しかったですが、現在も頑張っているでしょう。いろいろありがとうございました!Kクラスを忘れないでください!

有滝先生



名前の珍しい有滝先生とCクラスで一緒に勉強しました。本当にすごい先生ですね。で、有滝先生から能楽や相撲のいろいろなことを初めて伺いましたね。みんなと名古屋の野球試合も見に行ったときも覚えていますよ。有滝先生の落ち着いた性格はとても面白くて好きです。2006年7月28日にこう書きました。「今日授業が終わってから、初めて有滝先生としゃべった。有滝先生は日本語の学生の問題がよくわかったと思う」、と。その通りですね。日本語を一生懸命教えてくださってありがとうございました!

彦坂先生



優しくて大人しい彦坂先生と第2学期勉強しました。当たり前ですが、僕が今でも覚えている出来事は先生が「僕に銃を向けた」時に決まっていますね。〈笑〉上手な説明をしていただきましたので、日本語には山ほどのあいまいなところが少し分かるようになりました。ヤマサからいらっしゃらなくなるのは残念ですが、これからも頑張ってください!ありがとうございました!

助手先生にも選択授業の先生にも大変感謝しています!ありがとうございました!ある先生に分けれの言葉を言えずに帰国してしまいましたが、言いたくなかったというわけではありませんでした!皆さんは懐かしいです・・・。

また会えるといいですね。僕はまた岡崎に行ったとき、必ずヤマサを訪れるつもりなので、また会いましょう!僕はこれから勉強を続けて何とか日本語力をアップしたいものです。やはり、アメリカの生活ではそう時間を簡単に取れそうにないと思いますが、何とかしてみせます!僕のこと、忘れないでくださいね!

それでは、改めて・・・ありがとうございました!大変お世話になりました。

ヒューストンジャパンフェスティバル

DSC01124午後に母と一緒に、ハーマンパークで行われたヒューストンジャパンフェスティバルに行ってきた。残念なことに、かなり遅く行ったので、フェスティバルが閉まりかけだったけど、そのわりに充分楽しんだよ。

最初の面白いところはヒューストン囲碁クラブのブースだった。そこで一人の男がある客さんに囲碁を教えながら僕にそのクラブのことを教えてくれた。最近、囲碁を全然やってなくて、これがいいチャンスかもしれないね。

DSC01128a次に、The Houston Japanese Language Meetup Group(日本語にすると、「ヒューストン日本語会合グループ」となるかな?)の会長に会ってグループのことを教えてもらった。(日本語で。帰国してから、日本語の会話はやっとできた!なぜか不思議だけど、日本語の会話をするのはやっぱり気持ちいいもんだ。)そのグループの会合は一ヶ月ごとに(第二火曜)、カラオケ会は二ヶ月ごとに行われるそうだ。次の集まりは今度の火曜日だって。今のところ、行こうと思っている。(ちょっと気になっている点は、日本人の会員が少ないようってことだ。日本語力が強くなるには、できるだけ自然な日本語に囲まれていたいんだけど、誰だって仲良くしてくれる人がいればそれでいいんじゃないかとも思う。)

その後、そこのJapanese Gardenに入って、日本的な環境を5分ぐらい楽しんだ。ガーデンを出たら、池の隣に座って母と喋ったり鳥たちと見たりしてから家に帰った。複雑な気持ちを持って行ったんだけど、結局予想以上楽しんだと思う。(母がいてくれたからだろう。)

ところで、今日はバッテリーを買ってデジカメに入れて行ったので、写真をたくさん撮り捲くっちゃった。ご覧になるには、僕のFlickerのギャラリーにどうぞ。

University of Houston

Architecture building昨日、親友のElddonnemarは建築のプロジェクトと取っ組みにUniversity of Houston(ヒューストン大学)に行こうかなと言っていたから、僕も8月の復学の学資援助の手続きのために連れて行ってもらうことになった。2年ぶりだったけど、あんまり何も変わってない。金曜日だったからか、キャンパスを歩いている学生の人数が少なかった。コマツグミも見れた。悪いけど、雨が降り出してキャンパスの写真を撮り忘れちゃったんだけど、その代わりに建築ビル内の写真をアップするよ。(新しいバッテリーを買ってから、もっと写真が撮れるよ。)

ところで、今日と明日はヒューストンジャパンフェスティバルが、ヒューストンの大きなハーマンパークで行われる。今日母さんと行きたいけど、行けるかどうかまだ分からん。

4/04/2008

動物と人生計画

今日は親のマンションでのんびりした。このアパートのプールの隣においてある椅子に座って勉強しながら、リス大黒椋鳥擬(オオクロムクドリモドキ)モッキングバードも帰国してから初めて見た。(リンクされた写真は僕が数年前に撮ったものだけど。動物を見るのが好きだもん。)

のんびりばかりしていたんじゃなく、これからの人生計画をもっと深く考えて少し立てておいた。長期的に日本にせよアメリカにせよ、想を練っているけど、決めるのに時間がかかりそうだ。いいけど。時間はあるからさ。

ソーラン節 | Sōran bushi

このビデオでソーラン節のことを初めて知った。
I learned about the sōran bushi through this video.



川柳「 この踊り エヴァンゲリオン さえできる 」

4/01/2008

ガソリン価格の驚き

ガソリンは超高い!1ガロン当たり80セントのガソリン価格の頃を今でも覚えている僕は、3ドル44セントの価格にとても驚いた。しかも、上がる一方だとされている。電気自動車が普及すればいいだろうと思うけど、アメリカ人は日本人より電気自動車をあまり買いたがらないようだ。(アメリカ人は大きな自動車が大好きだからかな。)でも、僕はとりあえず車を持ってないから、今のところそんなの関係ねぇってことだね。〈笑〉わるい、わるい!

バッテリーを捨てた | Batteries—just toss 'em

アメリカは日本と違って、ゴミを分けずに捨ててもいいという国だ。僕は下の写真に写ってるバッテリーを捨てようとしたとき、違和感を持って少しの間ためらった。なぜなら、バッテリーを燃えるゴミやプラスチックゴミと一緒に捨てるのが久しぶりでまだ日本生活の意識を持っているわけだと思う。やっぱりアメリカは地球にあまり優しくないと思って捨てちゃったけど。


One thing that feels a bit odd about being back in America is how I don't have to separate the trash anymore. I actually took this photo when I realized that I actually experienced trepidation at throwing batteries away in a standard trash can. Batteries in the same trash can as paper towels and, later, plastics as well? I've become a barbarian! But, yeah, I considered how to throw away items pretty much every day, so it's slightly odd not to worry about it anymore.