3/16/2008

蒲郡の山の頂上からの眺め | Gamagori's mountaintop view

最近は忙しい。日本在留はわずかな十日後に終了!授業は後5日しかなく、金曜日は終了式。

昨日は、料理の上手な友達とお好み焼きを作ったり、ドラマを見たりした。今日は知り合いと桜を見たり、蒲郡のとある山の頂上に車で登ってものすごい景色を眺めたりした。でも、その登山のせいで、とてもひどい車酔いをして、食事をする予定だったのに、食べずに帰ってベッドに入っちゃった。でも、眺めを見ると割に合ったかなと思う。



This video is from a trip that I took to the top of a mountain in Gamagori. The view from up there was absolutely one of the best that I've seen in a long time, though the video doesn't convey the beauty so well. I unfortunately ended up getting extremely carsick, though, from the ridiculous windy mountain road.

Only ten days left in Japan ... I need to get on that packing.

7 comments

Anonymous said...

音楽もすばらしいですね。日本語文章の訂正箇所もなし。
あと10日!!!早いですね。
アメリカに帰ったらきっとこの景色を思い出すでしょう。私は東京生まれ東京育ちでこういう景色は現実にはあまりみたことないのです。
 アメリカにいったとき、驚いたことは空がでかいこと。よく、西洋の絵画で雲から天使が降りてくるような絵がありますが、あんな空だと、あんな絵が描かれるのも当然だな、なんて思ったものでした。いまでもたまに思い出します。

bikenglish said...

音楽付き、っていうのがすごいですね。「千の風になって」のアレンジバージョンという気がしますが、当たっていますか。
車酔いのことをcarsickというんですね。勉強になりました。じゃー、船酔いはshipsick?日本語的感覚で言うと、ちょっとごろが悪い感じがしますね。

Jonathan said...

〔Anonymousさんへ〕訂正箇所ないですか。びっくりするわけですね!ヒューストンで生まれ育った僕も、そういう景色を見たことはあまりありません。だからこそ、すっごい!と思ったんです。帰国したらやっぱりアメリカの空を感じると予想しています。

〔Bikenglishさんへ〕実は、この曲は「千の風になって」ではなく、「ゼルダの伝説」というゲームシリーズの名曲ですよ。(僕らしいっすね。〈汗〉)題名は「ハイラル平原」です。
 言うとおり、車酔いは「carsick」ですよ。で、船酔いは「seasick」で、航空病・飛行機酔いは「airsick」といいます。(エアシックというカタカナ言葉はありますけどね?)

sanagi said...

ジョンさん
ヤンです~ジョンさんはアメリカに帰るの?
私はよく日本にいる事思ってるよ!!懐かしいなぁ~みんな

Jonathan said...

ヤンさん!久しぶりだね!元気かい?うん、いよいよ僕もアメリカに帰国しちゃうんだ。ヤンさんが居たときが思い出されて、本当に懐かしいよね。コメントありがとう!いつかまたしてほしいよ!

ところで、sanagiってかわいい名だよ!〈笑〉

bikenglish said...

ゲームオタクの息子に、この曲を聞かせたところ、「ハイラル平原」ではなくて「カカリコ村」ではないかとのこと。どっちにしろ私にはわかりませんが。
親バカの息子自慢を一つ。
ピアノが弾ける息子は、「ゼルダの伝説」の曲もたまに弾いたりしています。ちょっと前は、「サリアの歌」(確か、こんなタイトル)のピアノバージョンを編曲して作ったとかで、自分のブログにその譜面を載せていました。

Jonathan said...

息子さんが言ったとおりです。「カカリコ村」ですね。恥ずかしいなぁ!息子さんは「サリアの歌」などを弾けますか。すごいですね。僕はあるマリオの曲は少し弾けますけど、いまいちです。〈笑〉息子さんのブログはまだありますか。その曲を聞かせていただけると嬉しいですが。編曲して作れるなんてすごいですね!