5/30/2007

短いメッセージ

勉強はもちろん、ラジオ放送の準備でも忙しくてしょうがないです。残念なことに、今週金曜日は私とヨウさんの最後の『しゃべり場わいわい』放送なんです。

後で、コメントに返事しますので、待ってもらえると有難いんです。よろしく!

5/27/2007

Trustship

I just saw a UFJ commercial that used the not-quite-a-word "trustship." In nice big letters, too. That amuses me. It's like something that George W. Bush would say. (Sure, technically, it's a word, but practically speaking, it's not a word.)

さっき、UFJのCMで「trustship」という英語のような言葉が出てきたが、それは英語の言葉ではない。言われたら、英語が話せる方はわかると思うのだが。しかし、有名な企業がそういった言葉を使ってしまったのに私はちょっとびっくりした。もしかしたら、多くの日本人に「trustship」が信用に関する言葉が何となくわかるので、実際に言葉かどうかあまり気にせずにCMを作ったかも知れないと私は考えている。

どうであろうと、英語を勉強している方にぜひ使わないようにご注意する。

矢代久美子 本因坊

女性の囲碁棋士がNHKテレビ囲碁トーナメントに出るのを初めて見ているところなのだ。矢代久美子という女性。面白いことに、矢代さんは本因坊だそうだ!で、武宮陽光という男性棋士と一緒にトーナメントの前に放送される『囲碁の時間』という短い番組に毎週出るので、僕は彼女のことをある程度知っているわけだ。矢代さんの実際の勝負が始まったばかりなのだが、見るのは面白いに相違ないと期待している。

Whoa, there's a woman playing in the NHK televised go tournament. Seeing that is a pleasant first for me. And she ain't just anybody—no, sir. She's a bloody Honinbō! And she's recently been appearing in "Igo no Jikan" (Go Time"), the educational segment that airs before the actual NHK tournament match. Watching her play an actual game should prove interesting.

5/26/2007

Saturday begins

I'm in a wee bit of a mood at the moment. For one, what is that occasional sound outside? It sounds like someone slamming a sneaker on the ground, but times fifty. That mess woke me up this morning at 6:30 (not that I really mind, I suppose). Just now, a new sound: a very loud screeching cat. Interesting.

Anywho, once I eat some breakfast and, perhaps, go somewhere, I'll feel better. I hate wasting weekends just sitting around the house.

5/25/2007

Jon performs the classics

So when I went to karaoke several days ago, I performed when what might be called an American classic:


I sucked. Just for the record.

5/24/2007

「日本のことを一番知らないのは日本人だ」

この間、携帯電話メールである日本人の知り合いに面白い質問をされた。「日本のことを一番知らないのは日本人だってよく言われる。どう思う??」と。私はこう答えた。

大勢の人は自国に興味をあまり持たないと思う。自分が生まれ、育っている日常文化だし、学校で十二年以上つまらなく勉強させられるから、そんなに面白くなく感じてしまうかもしれない。しかし、何か気に入る外国を見つけたら普段その国の文化をはじめ、色々な特徴を調べたりするのではないかと思う。それで、たくさんの人は詳しく知っているのは自国ではなく、外国のように私は思うが、大部分だとは言えない。

短歌「自国より 国のほう を詳しく 知っている人 多いでしょ」

5/21/2007

夢を目指し、貧しい村から台北まで

このビデオで感動した。あるお金のない村で育った中国人の男性は家族とその村の子供たちのために一所懸命日本語を勉強して北京に働きに行った。彼は台北のような都会を見たことがなかったので、村とずいぶん異なる生活に慣れなければならなかったのだ。日本で日本語を勉強するのは貴重な経験なのではないかと私は感じられた。

The following video is a pretty touching story about a young from a dirt-poor village in China who studied Japanese and moved to Peking and to make money for his family and for his village. It makes me appreciate that I'm able to be here in the first place.



Oziazuma seems to do very good work. I believe that I shall be keeping my eye on him.

Pac-Man's skull | パックマンの頭骨

Pac-Man's skull is easily the coolest and the freakiest random thing I've seen in a while.

ある芸術家が生み出したパックマンの頭骨の画像をたった今見た。かっこういいと思う一方でけったいような感じがする。

川柳「パックマン 食いまくりがち 無限な胃」

川柳の授業

今日の4時間目の授業で、川柳について説明していただいた。半年前に一回授業で俳句を作ったことがあり、かなり気に入ったが、その時以来は作っていない。明日の授業で作れる機会があるので、楽しみにしている。

でも、明日作れるといっても、今日ちょっと作ってみなかったというわけではない。

私: 「Cクラス 目に余るほど 今一つ」 (先生に「例だけだから」と慰めた。)
オウさん: 「Cクラス 変なやつが 俺だよね」
ジュエルさん: 「恋人は いらないよねー 邪魔だから」
テヒさん: 「恋人は 邪魔なんだけど ほしいよね」

まあ、川柳を作るのは結構楽しく、このブログに川柳を書こうと思っているのだが。

5/20/2007

中日ドラゴンズ試合

一昨日、スクールメートと先生と一緒に中日ドラゴンズの試合を見に、名古屋ドームに行ってきたが、試合の時間を間違え、1時間も遅れてしまったのだ。試合の後半だけ見られたが、結構面白い試合になった。最後に、ドラゴンズが勝って学校のみんなが喜んだ。僕がドラゴンズの試合を見るのは第2回だったのだが、今回の試合を前回の試合と比べると、今回のほうが楽しかったと思う。

それでは、これからは『サザエさん』。

5/16/2007

長文と試験の結果

朝の授業、教科書の長文を読んでいた。長文を読んでおき、学校に行ったが、詳しく読んだとは言えない。授業で細かいことまで見たり考えたりさせられ、僕にとってかなり難しかった。それに、有滝先生に第2段落を読むのを頼まれ、読んでみたら何となくうまく読めなく、集中力がある程度崩れてしまった。それは最近の問題なのだが。

今日、月曜日の試験の結果をもらった。筆記試験は九十一パーセントで、聴解試験は七十パーセント。この結果に満足した。どちらもクラスの平均以上なので、その聴解試験が難しかったのは僕の個人的な意見だけではないのがわかった。それに、聞き取りが弱点である僕は、聴解試験が来るたびにちょっと不安になるが、今回あまり不安にならずに思い切り試験を受けたことができた。僕は自分の聞き取り能力に自信を持つべきのように思う。この結果をきっかけにリスニング能力を高めようではないか!…と思っている。今度、また頑張るよ!

母親殺害:高3男子が自首…切断頭部持ち』というニュースは聞いたことがあるの?このようにうちの子に殺されるなんて…。

So I got my results from our first big test back. Ninety-one percent on the written and seventy percent on the listening comprehension. I'm pleased with this. Granted, the listening test score ain't great but since it's my weakest area, and my score is above the average (which I mention only because it indicates that I'm not as far behind everyone as I thought), I've got no problems. (Plus, passing itself is the only truly meaningful result anyway, as the system here is quite binary. In that sense, I barely scraped by, though. But scrape I did, baby! This "paying attention" thing is t3h h4xx0rz!)

Headline of the day: High school boy takes mom's severed head to police station, says he killed her. Wow, that a pretty messed up kid.

5/15/2007

中上級第1大試験

昨日、今学期の第1筆記・聴解試験を受けた。案の定、聴解試験はかなり難しかったが、筆記試験はそんなに難しく感じていなかった。いくつかの漢字問題に答えられなかったが、それ以外は安心だ。(漢字を復習するのを忘れてしまったわけで…!)

僕にとっては聴解試験の一番大きい問題は集中力なのだ。CDの会話は(聴解練習として使われること以外)価値のない話だから、ラジカセから出る会話を聞かされたら聞くのがまるで無理のように感じる。つまり、会話に興味がなければ聞くのが大変になってしまうわけなのだ。僕はこだわりがあるようだね。乗り越えるために頑張るよ!

今、まだやっていない宿題をやっているが、ちょっと休憩中だ。ついに、僕はまた、よく勉強する習慣に戻ってきたようで、うれしいよ!でも、そういうわけで、勉強に戻らなければいけない。

5/14/2007

Upper-intermediate test one and lots of sensei

My listening and speaking tests went fairly satisfactorily. More precisely, like always, I don't know how I did on the listening test. I feel mildly confident but I have low expectations too, since that's my weakest area. But Aritaki-sensei told me at the end of the day that the class average was 10 points lower than she expected. (It sure won't be me to be in the highest percentile.) I feel quite confident about the written test, though. I screwed up a few kanji at the beginning (forgot to study those!) but I think things were pretty smooth after that.

After classes, I ran into Aritaki-sensei and I asked her a grammatical question concerning a certain example sentence on a worksheet that she gave us. It was on my mind over the weekend so I was happy to ask. It turned out to be quite the dilly of a pickle and it eventually took four sensei to arrive at a suitable answer. It was pretty amusing but good study for all involved.

After this, I ended up speaking a great number of sensei, including my first extended talk with Tsuzuki-san, a high-up at the school. Sensei were just coming out of the woodwork and it was nice to have some casual speaking practice. Unfortunately, during all this time, my walk-home partner was waiting for me the computer room. I must have kept her waiting for like forty-five minutes. (I apologized profusely but it wasn't a problem, it seems.)

And with that, I must sleep. For I am quite sleepy.

5/13/2007

OMG, must be a slow news day!

My day has involved a bunch of studying and three of loads of laundry. And Igo no Jikan, my weekly go program. (Boy, I've scarcely touched go recently.) That's it. But I've opened my window and have got a beautiful breeze blowing through here. Tomorrow's my first big test, and I wrote the other day, and I feel fairly ready for it. I will probably blow the listening comprehension part like usual, though. I hate listening to recordings.

Also, some very kind anonymous Japanese person has been visiting my blog recently offering all kinds of awesome advice for fixing up my Japanese posts, of which I'm sure you've noticed there are plenty these days (in part for this very reason). I don't know how long this will last, but I'm enjoying it. This is just the kind of tutelage that I find extremely beneficial.

静かな土曜

月曜日にテストがあるので、午後に2,3時間くらい勉強した。早く始めたかったのだが、いつもと同じようにコンピューターに夢中していて離れることができなかった。でも、李さんから電話があって学校で友達が勉強していると言って誘ってもらった。家よりも学校で勉強するのが役に立つように思っているので、勉強に学校に行った。

今晩、ガス代と電気代の支払いをした後、近くの湖の隣に座りに行ってきた。日の入り後だったので、町の夜景がとてもきれいだった。そこに座っていながら自分のことを考えかけたが、そうすると、6人の学生が近寄ってきて、その気分のいい雰囲気が崩れてしまった。そこで、家に帰ることにした。

明日の夜、大勢の友達は花火を見に蒲郡へ行ってくる予定だそうだが、僕は行かないと思う。行きたくはないわけではないが。今週の金曜日、また野球の見に行く予定なので、今週の食費や名古屋への電車代が払えるように、今のうちにできるだけお金を使わないようにしている。それに、月曜日のテストの準備はまだまだだ。それで、行かないと決めておいた。

5/12/2007

NEC Picty 820w driver issues

Ever since I reinstalled Windows, I haven't been able to get my printer working right. The printer is an NEC Picty 820w but I've always used an HP DeskJet driver with it, since this printer is essentially an HP DeskJet with the name Picty attached. But I apparently didn't make a note regarding which HP driver I was using before I reinstalled, and so I've been searching for the right driver since then, but I can't find any useful information online.

Just a little while ago, I decided to nip this problem in the bud and I got the idea to search a backup of my pre-reinstall Registry (created using ERUNT) for the word "DeskJet." I opened a Registry file ("software") file in my text editor and, though the file was mostly binary garbage, my idea worked, as I found "Deskjet 840c" in text within the contents. I changed my driver and that did the trick: my printer is working normally again.

I am pleased with this.

5/10/2007

先生との偶然の出会い

先生に偶然に出会ったことはあまりない。数ヶ月前、原田先生にスーパーで、杉浦先生に岡崎駅で、廣江先生に電化製品店で出会ったことがある。でも、このように並べて述べたら3回はそんなに少なくないだろう。あるCクラスの先生は僕の寮の辺りに住んでいらっしゃるそうなので、この辺の店での出会う可能性がやや高いかもしれないね。楽しみにしている。(笑)

Another day for you and me in paradise

Headline of the day: "Japanese toilet makers issue warning over flaming bidets" (from Mainichi).

We are officially into rainy season over here. It rained fairly hard for a short time during the afternoon. It's interesting to be entering the same sort of weather patterns that I entered into one year ago.

We'll be having our first real test of the term on Monday. (We had a conversation test last Monday, but conversation tests are kind of secondary over here. The writing and listening (ulp) tests are the big ones.) I'll be cramming this weekend. I feel fairly caught up on the material that I've been missing during my extended mental holiday, which brings me much in the way of relief.

先生を驚かせたり

今日、久しぶりに七時まで学校で勉強しぬいた。教科書の宿題はまだできていなかったので、元気になったのをきっかけにしてやっと完成させた。4階の教室で勉強していた時、近寄っていた足音を聞き、「五時なので、誰かが教室のカギを掛けに来た」と思い、教科書ややっていた宿題を片付けかけた。教室をでようとすると、ドアが開き始めた。そこで、この人をびっくりさせないように声を少し出すように決め、そうした。(僕が何も言わずに出てみたら、先生は叫んでしまうかもしれないと考えた。)

あいにく、先生をびっくりさせずに済まれなかった。先生がびっくりされたのは、僕は習慣通り、静かに電気をつけずに1人で勉強していたわけだ。そういったところで勉強したり読んだりするのがとても好きで気持ちがいいわけだ。だが、電気をつけずに勉強していたといっても、暗かったわけではない。消えつつあった太陽光で見ることができたのだ。

ともかく、1階の教室に行って、そこで勉強をまた始めた。また電気をつけずに勉強した。

有滝先生がお帰りになる前にその宿題を出したかったが、遅すぎてしまった。そういうわけで、あいにく月曜日のテストの前に宿題を見て頂けないかもしれない。僕にとって、それは問題ではないのだが。僕が大部遅く宿題を出してしまうし、先生もとても忙しいに相違ない。大切なのは僕がわかるべき日本語がわかっているかだ。まだ勉強するべきだが、よくわかっているように思う。(僕はただの学生に過ぎないのだから、理解が完全ではない。だからこそ、頑張ろうではないか!)

5/09/2007

まっいっか!

今日、久しぶりに遅くまで学校で勉強した。復習したり有滝先生に質問をぶつかったりしてとても気持ちよかった。前の元気が少しずつ戻っているような気がする。

有滝先生と言えば、今日の三時間目の授業で有滝先生が面白くて役に立つ日常会話に関する授業をしてくれた。僕にとっては、この授業がすばらしかった。というのは、今学期の教科書で勉強している文型はとても硬くて使える場面はあまりない。でも、「足んない」(発音化)や「そりゃ」(拗音化)や「いってみっか」(促音化)や「~もらっちゃえよ」(拗音化)などといった砕けた言い方を知るべきのではないだろうか。日常生活や会話をする上で、こういった知識を持たないわけにはいかないと思う。そういうわけで、覚えておこうではないか!

So I'm feeling considerably better this week than I have for most of past month or so. I'm feeling more energetic and I'm putting that energy toward catching up on the studying that I've not been doing due to my lethargy. I feel that old power coming back and it feels good. For, for the first time in months, I stayed late at school today and just studied. And it felt good. I asked Aritaki-sensei to clarify some things and otherwise reviewed some unreviewed papers. Shoot, man, I actually feel like I'm getting back into my old groove again.

5/08/2007

「を通して」と「を通じて」

最近、「を通して」と「を通じて」という文法を習った。すごく似ているので、さっきインターネットでもう少し詳しく調べた。ある2003年に作られたページからいい情報を得たと思うから、紹介しようと思った。

勉強不安定

今朝の漢字テストがうまく受けられるように、昨日の夜と今朝第3課の漢字を復習したが、不注意のせいで勉強するべき漢字を間違えてしまった。僕が勉強した漢字の中で、半分くらいもテストに出なかった。今学期が始まったばかりの時に、有滝先生は今学期の勉強する漢字のプリントを配ったが、そのプリントを使うのをちょっと忘れてしまった。

今学期の勉強はこれまでにない危機となっているように思っている。今学期が始まった頃、平気だったが、1週間の病気で休んでから僕の勉強は不安定だ。今の困難が丸く治まるように頑張ろうではないか!

たまに、近所は冷たく感じてしまう

一年くらい前にこの寮に引越しして以来、「この近所の人々に会いたいなぁ」とずっと思っている一方で、まだ何かできるような努力はしていない。道での偶然な出会いを通して誰かに会えるいいなと思うが、そういった便利な出会いはなかなか起こらない。直接にある家族のドアまで行ってノックできるのは言うまでもないが、そうすると変な印象を与えてしまうかもしれないような感じがする。その上、この辺りの人は、数十人の外国人がこの辺に住んでいるのが嫌いだそうなので、してみたら厚意をしてもらえるか後悔に追いやられてしまうか気になる。

My face on Kotaku

I got an interesting e-mail from a schoolmate who stumbled upon a Kotaku post about Cerise Magazine. You see, I'm one the blokes on that cover. I posed for the cover a couple of weeks ago with a couple of classmates, but I hadn't actually seen the cover. (Hey, throw a DS in my hand and I'll do almost anything for you.)

スクールメートから面白いメールを送ってもらった。彼はKotakuというテレビゲームウェブサイトのあるページにCerise Magazineという女性ゲーマー向けのインターネット雑誌の情報が書いてあると教えてくれた。面白いことに、僕はその雑誌のカバーの画像のクラスメートの3人の1人だ。二週間くらい前、スクールメートに頼まれ、その画像のためにポーズをとった。まだ写真を見ていなかったので、かなりびっくりした。モデル履歴書を作り、それに載せるべきかもしれない。

5/06/2007

無茶

今、先週の『ナルト』を見ながら食べているところだ。さっき、「無茶」という言葉を初めて聞いた。「無」と「茶」を一緒につなげたら「無茶」という意味になるの?やはり、日本語は面白~いのではない?

Okay, see, there's this word, 無茶 (mucha), see. The characters themselves essentially mean "not; without" and "tea." But the word means "absurd; unreasonable; excessive; rash; absurdity; nonsense," according to my dictionary. So if there is no tea, it's unreasonable. Well.

(コメントのアリアで面白い話が始まったぞ!)
(Things have gotten interesting the comments section!)

長野へ三河おっさんと

I've not time for much at the moment, as I have some serious studying to do, but Mikawa Ossan and I arrived from Nagano safely this afternoon. (I think I forgot to post that I was going in the first place.) We stayed at what is now a mutual friend's house for three days and two nights (thus extending the original plan by a day at that). I had a number of chances to practice my Japanese as well, though it was very difficult for me to do so comfortably.

勉強しなければいけないので、時間は今あまりない。でも、僕と三河おっさんが安全に長野の旅行から戻ってきたと教えたかったから、ポストをする。(行くつもりを教えるのを忘れたのだが。)長野で友達の家で2泊3日した。日本人と日本語を練習する機会があったが、あまりうまくできなかったように感じてしまう。日本語が上手な他の外人の前で日本人と日本語を話してみたら緊張しすぎてしまって日本語能力がまるで消えたようだったと思う。

Image © 2007 Jonathan's Japan Journal


行く途中のランダムな写真をアップした。

Ninja Kaku and the Algorithm March

(The post title sounds like a Harry Potter flick title. I am amused.)

伝説の雷手を持つ忍者カクの新ビデオがアップロードされているよ。(「このバカなシリーズはなかなか終わらないなぁと思わないようになさってください!)今回のビデオはカクさんがスーパーマリオのようにパワースーツを着てカンフーをしていただけるかわからなくて撮られた。どうなるかな?

The infamous Ninja Kaku series now continues as a new video has been uploaded. (Oh, come on—I don't do this that bloody often.) In this video, in the style of Super Mario, Kaku dons a power suit to enhance to her abilities. (Hint: it ain't the hammer suit, I'll tell you that much!)





We have some very interesting folks 'round these parts.

お読みになっていらっしゃる皆さんは、アルゴリズム行進という歌をご存知ですか。実は、僕はこの歌について書いたことがあるのだが、そのビデオよりのいいビデオをさっき見つけたよ。どうぞ、ご覧になってください。(今日のタイプし方が変わりやすいね。)

So you might be familiar with the "Algorithm March" from the time that I posted about it before. Well, I have a video that's, objectively speaking, one thousand times better than that.



フィリピンの刑務所とのことだ。すごいよね。フィリピンの収容者の生活はけっこう面白そうだと思わない?

This is apparently a Filipino prison. Pretty interesting life they lead there, wouldn't you say.

The madness ends here. Thank you.

5/02/2007

金曜日みたいな水曜日

今日、『しゃべり場わいわい』の収録はうまくいったが、スクリプトが長すぎて収録をし終わったらもう29分間の話が収録してあったのに気づいた。番組は30分だけなのだからちょっと困っていた。上司がちょっとエディットしてみたが、まだ番組内容は27分半だったので、まだ困っているところだった。最後に、上司は番組の時間を少しのばすことにした。迷惑をかけてしまってごめんなさい!でも、ゲストのユニスさんのおかげで、かなりいい番組を作ったのではないかと思う。

今週は本当に辛かった。ラジオ放送の準備をするやら、今週の健康を大切に見守るやらで、今週もあまり勉強できなかった。それに、ゴールデンウィークの間、あまり勉強できなさそうので、ちょっと心配だ。でも、何とかなることに信じてみたらどうかなと思っている。

うれしいことに、久しぶりに佐野(さの)先生と勉強することになっている。それだけではなくて、毎週水曜日の二つの選択授業で2時間も一緒に勉強できるよ。僕にとっては、佐野先生は来日した僕の気に入った先生だから、うれしくてならないように感じる。初級の時以来、あいさつだけできるくらいに分かれていた。僕は先生に日本語の進歩を見せて差し上げたいのだから、頑張るしかない!

ところで、今朝時間がなかったので、朝ごはんを食べずに学校に行ってしまったが、あまり元気ではなくならずに済んだようなので、安心できた。佐野先生の授業で頭がやや痛くなってしまったのだが。

Extracurricular activities

I've gotten myself too wrapped up in extracurricular activities. When that happens and I get too separated from or too tired to do the things that I want to do and, in fact, that I need to do—in my case, study Japanese with any sort of energy and effectiveness—I begin to view the extracurricular activities causing the problem with increased contempt and hostility. Which is happening now, so I intend to cease at least some, if not all, of said activities as soon as possible in order to aid in my mental refreshment. Due to my illness last week and one large obligation this week, I'm almost a full week and a half behind in my studies. This does not sit well with me in the least.