11/25/2014

長野の地震

先週末の長野の地震が発生した時、僕は自分の部屋にいた。いつものようにパソコンをいじっていたら、部屋が少し揺れ始めて、最初は地震ではなくてめまいじゃないかと思うくらいの微震だった。名古屋の小さな地震だと思っていたけど、本当は長野北部のかなり大きな地震だった、ということを知ったのは翌日だった。

11/21/2014

冬支度

親が、僕の厚い上着を送ってくれたし、そして、この間、ユニクロで手袋やタイツも買っておいたので、服装に関しては冬支度がばっちりだ。2ヶ月前に買った掛け布団も役に立っている。凍死せずに冬を生き残れそう。

11/19/2014

敬語

僕は最近、正しい敬語の使い方を教える本を読んでいる(というか、読んだり読まなかったりしている?)。◆ プライベートレッスンで、年配者の生徒さんは「若い人はだいたい敬語と無縁だから、よく使いこなせていない」と、言っていた。そう言われるとふと思い出した。同じ本を読んでいる20年代の女性の生徒もいたのだ。敬語は日本人にも簡単なものではないと時々言われるが、やっぱりその通りだとつくづく思えた。

11/16/2014

興正寺

興正寺 / Koushouji
今日の午後、八事の興正寺を初めて訪れた。興正寺に行こうと決めて行ったわけではなく、行ったことのない八事駅の周辺を歩きに行ってみようという、かなりアバウトなプランで行ってみたら、たまたま興正寺がそこにあった、ということだ。◆ 大仏のある、なかなか綺麗な境内を誇る興正寺。エスカレーターも設備されていて、ビックリ。3分の2ぐらいを見たと思うから、残りはまた今度見たいと思っている。

11/14/2014

夜が寒っ!

昨夜はかなり寒かったぜ。暖かい間に掛け布団を購入して正解だったな。もう温暖な天気とは「さらば」か…。両親が、僕がアメリカで使っていた厚いジャケットを送ってくれたので、来週の頭に届くだろう。届くまではやや薄いジャケットで我慢しよう。(昼はまだぎりぎり大丈夫だが。)

11/11/2014

天声人語

昨夜、朝日新聞の「天声人語」を紹介された。最近、僕は(漫画以外)読書不足だから毎日(平日だけどだが)読みたいと思った。あまり長くないのでかなり速く読めるし、なかなか難しい文書であるから。時間のある時は英訳にも挑戦したいと思っている。頑張らねばならん!▼今晩、ある女性の生徒が11月11日を「ポッキーデー」と呼んだ。数字がポッキーに見えるからだろう。ちょっと可愛い名だね。

11/08/2014

子供にもiPod

この前、5歳の生徒が教室までiPod Nanoを持ってきた。(余談だが、カナダの歌手Carly Rae Jepsenのヒットシングル「Call Me Maybe」を聴いていた。)我々は今、5歳の子供でもiPodを持ち歩く世界に住んでいる、ということに感心した。僕は世代はラジカセだったね。技術の進歩が速いものだ。

Wow

ちょっと気になるけど、日本の歌の歌詞に「Wow」という英単語が時々ある。日本人はそれを「うぉー」と発音するらしいが、アメリカ人はそれを「わう」と発音するので、前から少し微妙に思っているわけだ。(ちなみに、だいたいのアメリカ人は「うぉー」を「Whoa」と書く気がする。)… ま、どうでもいっか。

ラストスパート

あらま・・・。やや大変な一週間になっちまって、最近のいい調子が少し狂ってしまった。今週の、残りの授業を頑張ろう。

11/02/2014

秋まつり

今日、覚王山の秋まつりに行ってきた。あいにくの降雨だったが、それにもかかわらず祭りが開催された。僕は今回で2回目の覚王山の祭りだ。毎回、最後に演奏するmarimoのCDを記念に買った。

11/01/2014

ビールとお風呂

雨の土曜日。いつもと同じように出勤して、午後は授業の合間を縫って、吉野家で昼食をとったり何冊かの要らぬ漫画を買ったり。今、部屋でビールを飲んでゆっくりしていて、後でお風呂に入る。(順番が逆けど。)こういう夜も時々悪くない。

10/31/2014

ハロウィン

午後の授業の話である。「ハロウィンは何かをしますか」という僕の(だめもとで聞いてみた)問いに対して、推定50年代の男性の生徒さんは「ハロウィンって日本では最近来たものだから何だかそもそも全くわからん」と答えた。まぁ、そりゃそうだろうね。僕だって何もしないし。

外国人の店員

この辺のセブンイレブンによく行くのだが、最近ある光景に気づいた。

その光景とは、各店舗で外国人の店員が多数いる、ということである。それだけではなく、店内に外国人の店員しかおらず、日本人の店員が見当たらない時もある。(日本人の店員が、僕が見えない所にいる可能性もあるが。)セブン&アイ・ホールディングスが積極的に外国人を雇用しようとしているようで、まさに称賛に値する姿勢なのではないかと思う。

各店舗で買い物をする日本人が、その事についてどう思っているのかな、と時々考えることがある。なぜなら、日本語がいくら上手くてもネイティブではないので、たまにという程度でも聞き違いはあるはずだからだ。しかし、みんな真面目に働いているようだから、どうってことは別にないと思うし、もし不愉快に思う人がいるとしても別のコンビニに行けば良いだろう。

とにかく、レジで外国人同士の対面が少し不思議であるぞ。